柏木


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

柏木 ( かしわぎ )


本名不詳。前半生不明。生年も出身地も定かでない。 ハルトシュラーの好敵手的存在。
人類史上屈指の天才と呼ばれる作家であり、さまざまな分野で活躍。
小説家、エッセイ作家、ノンフィクション作家、放送作家、詩人、作詞家、デザイナー、写真家、画家、
人形作家、彫刻家、脚本家、映像作家、作曲家 etc ……
「柏木夕」「柏木巡」「柏木茜」「柏木轍」など、確認できるだけで15を越える筆名を持ち、ジャンルによって使い分けている。
ノーベル文学賞、平和賞をはじめ数々の栄誉を受けたが、賞金については全て辞退。
また作品に対する報酬も受け取らないか、ほとんどを寄付に充ててしまったという。
創作に対する主義はハルトシュラーとは相容れず、“正しい解釈”を促すために自らの作品について語ることも辞さない。


  • 柏木の筆名→分野 対応表   ※2スレ目開始時点で判明していたもの
夕(ユウ) → 学者、小説家(歴史小説家?)
司(ツカサ) → 人形職人
巡(ジュン) → 音楽家(バイオリニスト)
茜(アカネ) 轍(ワダチ) 奏(カナデ) 旭(アサヒ) →不明


登場機会は少ないが、ハルトシュラーと対をなす存在として認知され、
同じく魔王と敵対する発子・クリーシェと行動を共にする姿も確認されている。
なんでもこなす彼らしく、トーナメントでは解説役として活躍。
戦闘能力は意外と高いらしく、上記トナメでも選手として参加したかったらしい旨を述べている
ハルトシュラーとは対立しつつもその技量を認め合う仲。
倉刀とは普通に接したり険悪だったりするが、やはり彼の技量を認め成長に期待している。

容姿はオールバックの髪型ぐらいしか知られておらず、他のキャラに比べ地味なためか
キャライラストの数は少ない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。