テンプスタッフ株式会社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テンプスタッフ株式会社

  • 会社概要
会社名 テンプスタッフ株式会社
設立 1973年5月
資本金 995百万円
代表者 代表取締役会長兼社長 篠原欣子
売上高(連結)* 233,195百万円
従業員数(連結)* 5,061名
本社 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
従業員数および売上高は、テンプホールディングス(株)連結

沿革

1973年5月 - 現社長である篠原欣子(しのはら よしこ)により事務処理サービス業を目的として創業。
1986年7月 - 労働者派遣法施行に伴い一般労働者派遣事業許可取得。
2006年 - 東証1部に新規上場。
2008年4月 - ピープルスタッフ株式会社との共同持株会社設立、経営統合を発表。
2008年10月 - テンプホールディングスを設立。

エピソード

創業者の篠原がシドニーに留学後、オーストラリアで知った人材派遣のビジネスを参考にして、日本で創業。当時は英文タイプの人材派遣と英語教室をオフィスで行っていた。当時の日本では人材派遣に関するイメージや考えが無く、企業担当者に無視されたが、篠原は需要の高い英語関係の“スタッフ”(被派遣者をこう呼ぶ。以下同じ)の新規開拓のために、自ら商社や外国企業に対して新規営業を行った。
創業当時は従業員全てが女性だった。80年代から90年代、事業拡大のためにリクルート出身の社員を採用して営業の拡大を行った。リクルートの経営のノウハウを使ったのはスタッフサービスと同様である。当時は女性中心の会社で、時に営業重視の男性社員の考えと、スタッフ重視の女性スタッフの考えとで対立することもしばしば起きていたという。
企業理念では、スタッフと企業を大切にする事となっている。人材派遣業では売上が先行して登録スタッフや稼動スタッフのケアが不十分な場合があるが、テンプスタッフでは女性の登録スタッフをお嬢様と考え、丁寧なケアを行うことを理念としている。
個人情報保護法が作られる1998年8月、登録スタッフの個人情報と「容姿ランク」の重大なプライバシー情報が漏れる事件があった。その際に社長が泣きながら謝罪した事がテレビやメディアで報道された。
経営をよりスマートにするために、カテゴリーごとに分社化が進んでいる。代表的なものは、人材紹介(斡旋)・転職支援の「テンプスタッフ・キャリア」、営業・販売の「テンプスタッフマーケティング」、外資との合弁企業である「テンプスタッフケリー」、男性向け技術職の「テンブロス」、IT系の「テンプスタッフ・テクノロジー」などである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。