※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フォレスター 2.0X

  • フォレスター 2.0XSについてはこちらを参照

メーカー タイプ Robot Design
スバル ワゴン 池田幸雄

ノーマル メタリック

カードNo. レアリティ ボディカラー EP スピード パワー ボディ エコロジー
MN01-37N ノーマル グリーン
(セージグリーン・メタリック)
2843 315 608 489 271
MN03-33N ノーマル シルバー
(アイスシルバー・メタリック)

相性

ボディカラー 斬撃 打撃 突き 爆発 ビーム 行動不能 技封じ
グリーン 弱- 弱-
シルバー

攻撃技

技種類 技名 属性 威力 クリティカル 特殊効果 操作
ノーマルアタック 俺のチェーンソー 斬撃 タイミングよく両レバー押し
バーストアタック 俺の生きざま 打撃 一時的にパワーアップ タイミングよく両レバー押し
カウンターアタック ジャイロカウンター 打撃 タイミングよく両レバー押し
ファイナルバースト アークティックスマッシュ

豆知識

  • フォレスター=Forest(英語で森を意味する)からのイメージに合った伐木作業者型ジャイロゼッター。次の新2弾では早くもグレード違いの2.0XSが登場
    • ヘルメットを被りチェーンソーを構え、髭を蓄えた屈強な体格をしており、名前には「森に住む者」、「森を育む者」といった意味合いが込められている。ゲーム中でもマイクマン関が『森を愛し、森と生きる男!その名はフォレスター!』と高らかにアナウンスしている。
  • 元々「ストリーガ」の名称での販売を考えられていたが、スペイン語で「魔女」を意味する同名が欧州ではそれにまつわる魔女狩り等の暗いイメージを想起させる恐れがあるとして現在の名称になった。
  • 実車の本車はインプレッサの特別仕様車であるインプレッサ グラベルEXの実質的な後継車である。高速道路から果ては林道までのあらゆる走行状況を考慮されている。当ゲームに登場しているのはフルモデルチェンジでよりSUVらしくなった3代目。
    • この2.0Xはベーシックモデルとなるグレードであり、他に充実装備のスタンダードモデル「2.0XS」、力強い走りと環境性能を併せ持ったターボモデル「2.0XT」の3グレードが用意されている。
  • 3DS版では登場済みだったが新1弾にてアーケードでも登場。しかし技名が3DS版とは全て異なっている。
  • ノーマルアタックは自慢のチェーンソーで敵を腹部から真横に切り裂く。バーストアタックは敵の周囲に向けて指で弾き飛ばした三つの種が急成長し、三本の大木となって敵を取り囲みそれらを一瞬で切り倒して倒れてきた三本の大木で敵を踏み潰し、最後は落ちてきた鳥の巣をキャッチして保護するところで〆。カウンターは背中から二本のアンカーを射出して掴んだところをロープを巻き取る勢いを利用して頭突き。
    • 強面な雰囲気とは裏腹にアナウンス通り、鳥の巣と卵を保護する優しい性格が伺える一方、『なぜ今生えたばかりの木に鳥の巣が?』など突っ込みどころも満載。またカウンターで使用する背中のアンカーは本来、高所での作業用の命綱として使っているものだろう。
  • チェーンソーとはチェーン状につないだ外歯を動力により回転させることで、道具を前後に引くことなく対象物を切ることができる自動式鋸。
    • 高い利便性を持つ反面重大な負傷のリスクを伴うため、使用に当たっては十分な安全対策と強靭な筋力が必要となり、日本国内では特別教育を受講せず労働として使用すると労働安全衛生法違反となる(現在では女性でも扱いやすいサイズのものも存在している)。
    • ホラー映画やゲームなどフィクションの世界では凶悪な武器としてのイメージが定着している。アクションゲーム等では敵に使われて即死級のダメージを負う凶悪アイテムであることが多いが、雑魚敵を一撃で倒せる効果がバグでラスボスにも適用されてしまうという有名なバグがあったりする。またホッケーマスクの某殺人鬼の得物のイメージが強いが、実は彼自身はチェーンソーを使用していない。
  • アニメ版では第41話にてマカベと部下2人が搭乗し、沙斗理の祖父の家を襲う。ゲーム中と違って普通に環境破壊していた。

特徴

  • 巡航速度229km/h 最高速度413km/h
  • スバルではレガシィ系以外では2体目のワゴンタイプ。
    • あちらはワゴンとしてはパワー・ボディが低めで明確な弱点が無いという変則的なセダンのようなワゴンだったのに対して、こちらはパワー・ボディが高い正統派なワゴンタイプ。
    • 技に関してももあちらが物理+特殊属性の混同型(or特殊属性のみ)だったのに対して、こちらは 物理属性のみ 。なので、アナライザーが擬似的なハイパーチャージャーとして機能する。
  • 他メーカーも含めるとエルグランドのような純物理アタッカーだがあちらよりも全体のステータスは及ばないがスピードはやや高め。(因みにターン開始、パワーアップ時のポーズがアングル等微妙に違うがエルグランドそっくりである)
  • カラーもこれまでekワゴンくらいしか無かった「グリーンのワゴンタイプ」(同弾にウイングロードにもグリーンが追加)
    • あちらも水属性の攻撃が得意でパワー・ボディがやや低いというワゴンとしてはレガシィ系とは別方向でやや変り種なマシンだが、こちらは高いパワー・ボディを持つ純物理アタッカー。
    • MR-Sビュート等、グリーンのマシンは素のパワーが低めで特殊属性寄りの変わったバースト効果を持つものが多く純粋なアタッカータイプのマシンは珍しい。
  • 同メーカー内でも、インプレッサ 2.0i-Sエクシーガ 2.0iと組ませればタイプ別で白紫緑のカラー別の相性が発生する。特にエクシーガは本機とは対照的に耐性に優れ特殊属性のみの攻撃が得意なので将来性が期待できる。
    • 新3弾ではシルバーの新色が追加されたが同メーカー内にはシルバーが他にエクシーガ 2.0iしかおらずゴールドも存在しないので他メーカー向けの予備機的な運用となるであろう。


  • バースト効果は一時的パワーアップ(大) -- 槍使いの人 (2013-07-14 12:53:53)
  • セリカといいフォレスターといい、スクエニはもう少しカラーを見直して欲しい -- 名無しさん (2013-07-14 20:08:07)
  • ロードスター「・・・」 スバルデッキで使うより緑要素で派遣した方が使いやすいそう -- 名無しさん (2013-07-15 17:20:29)
  • バーストアタックの技名と演出の馬鹿馬鹿しさは好き -- 名無しさん (2013-07-16 17:41:59)
  • カラーはこれでいいと思うぜ。ゲームバランス的にもこの方がいいだろうし -- 名無しさん (2013-07-17 01:25:23)
  • 青マーチの爆弾で効果抜群。大概のワゴンと同じく爆発には弱い様子。 -- 名無しさん (2013-07-23 08:12:26)
  • 実際にゲーム画面上で見ると確かにスモークグリーンですねぇ。少なくとも色名にレッドってはっきり書いてあるロードスターよりかは大分マシですが、カードイラストは画面で見るよりかなり暗い色合いでややこしいと言われても仕方ない… -- 名無しさん (2013-07-24 15:38:47)
  • 既にあがってるけど、ゲーム上は確かに薄く緑がかった銀って感じで納得。ただカードイラストはどう見てもただの銀にしか見えないw -- 名無しさん (2013-07-24 16:03:47)
  • 氷柱爆砕で黄色標示。氷も弱点の模様 -- 名無しさん (2013-07-25 13:03:27)
  • ちょっと今まで書いた分自己まとめ。アクロバティックショットⅠ(突爆)、電刃手裏剣(風光)、紅炎反射(炎光)いずれも白標示。突に対する耐性は無いみたいですが、マーチで爆発単独攻撃食らわせたときは間違いなく爆発弱点だったのでなんでアクロバティックが効果普通なのかは不明。物理が混じるとダメージ軽減されるんでしたっけ? -- 名無しさん (2013-08-03 18:25:54)
  • 元々ブルーが多いスバルに組み込みやすいグレード違いが出た一方で蠍さんに緑が追加されついにスバルグリーンが完成したのでこっちもより使いやすく -- 名無しさん (2013-09-15 11:53:48)
  • 最近では、本車の最新型(2013年式)が「進撃の巨人」の実写映画とコラボしており、峠を走るフォレスターを特殊メイクによる巨人役2体が周囲を破壊しながら追いかける映像がCMで放映されている。 -- 名無しさん (2014-01-26 23:16:45)
名前:
コメント:
|