※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これから始める人などのためのページ。よくある、同じような質問を減らすために作成しました。
基本的に対COM戦を対象にしています。どんどん加筆・修正してください。
ジャイロゼッターでより強くなりたい人も読むと為になる知識がたくさんあります。

詳しいことはシステム操作方法用語集よくある質問のページを参考にしてください。

ドライブモード

バトルモードへの影響は主に三つの要素で構成されています。

クリアタイム…早いほど初期バーストパワーが増える
残りEP量…多く残すほどバトルでの最大EPが上昇する
パワーアップアイテム…多く取得するほど各パラメータが上昇

クリアタイムに関しては「タイムをギリギリまで縮めて早期FBを狙うのでなければ重視しなくてよい」とだけ覚えれば十分です。
CPU戦では2~3ターンで敵がリミッター解除してくる事はまずありません。
慣れない内はEP温存やアイテム取得を優先しましょう。

基本はコースの壁にぶつからない事を心がけてください。ステアの切りすぎに要注意です。
接触によって減速するだけでなく、EPが大きく減少するためあらゆる面で不利になります。
ライバルカーは自マシンに合わせた速度に設定されているので接触ミスをしないだけで自然と追い抜けるようになっています。

コーナーでのドリフトにはカウンターをあてましょう。
ドリフトでステアリングを切った後、逆の方向にステアを切るとドリフトからの復帰が安定します。
また、方向を合わせたらブーストを使用する事で強制的にドリフトから脱け出せます。

ぶつからないで走破できるようになってきたら、バースト狙いでタイムを縮めるか殴り合いメインでEPを温存するか
自分の戦略に合わせて走り方を意識しましょう。前者ならスポーツやセダン、後者ならエコをメインに据えるのが適してます。


バトルモード

ここが本番、バトルでの結果が最終的な勝敗を決定します。
とはいえドライブモードでの行動により少なからず影響を受けますので
「バトルだけ考えればいい」というわけでもありません。
特にパワーアップアイテムの影響はバカにならず、与ダメ被ダメにそれなりの補正が掛かります。

超速変形~チーム対面

お互いのチームのマシンが超速変形し、ジャイロゼッターとなって登場します。
最初に表示されてるEPは味方マシンの合計とドライバーズIDの補正、加算後はドライブの残EPや相性ボーナス適用後になります。
クラクションで早送りもできますが、相手チームの面子、EP、バーストゲージを確認して
どんな作戦で行くのかじっくり考えるのも有効です。

コマンド入力画面

味方マシンの攻撃を選択する最も重要な場面です。残り時間を多く残して決定するほど
バーストゲージが多く溜まります。

ノーマルアタック(赤技・右レバー)…基本的に潰されない手堅い技
バーストアタック(青技・左レバー)…威力が高く追加効果もある強力な技、ただしカウンターに潰される
カウンターアタック(黄・両レバー)…バーストアタックが来た時のみ有効なハイリスク選択

慣れない内はカウンターを狙わず、赤技を中心に青技を混ぜるのが無難かと思われます。

そのターンでマッチする相手マシンが表示されているので、属性相性や相手のバースト効果も参考に
有効な手を熟慮しましょう。また、お互いのステータス変化もアイコンで確認できます。
SPカードは3体目の行動を決定するまでにトリガーを引けば発動してくれるので
1体目の入力時に読み込むまで待つ必要はありません。
なお、前のターン最後にバーストゲージが最大まで溜まっていた場合は
ファイナルバースト発動に入るため通常のコマンド選択はありません。

バトル画面

スキャンしていればSPカードが発動したあと、いよいよ戦闘開始です。
味方マシンの攻撃時に攻撃コマンドが表示されるので、指示に従い入力しましょう。
正しく、タイミングよく成功すればバーストゲージを多く溜められます。
青技とカウンターは両レバー同時一回で固定ですが
赤技は色々なパターンがあるので、何度か練習して覚えるのが大事です。
なお、最高のexcellentタイミングは少し早くてもOKですが少しでも遅れるとNGなので
早め入力重視がベターです。

以後は、どちらかのEPが尽きるまでコマンド入力~バトルを繰り返します。


デッキ


どれを使えばいいの?というのは良くありそうな質問ですが、好きなものを使うのが一番です。
ただ、勝率を高めたいのであれば次のようにステップアップするといいでしょう

(カードなし)

クラクションを押せばレンタル機体は出てきますが、せっかくなら出てきたカードをとりあえず使ってみましょう。
マシンタイプによってドライブモードの操作感が異なるので使いにくいと感じたら別のタイプ入手を目指しましょう。

タイプ別相性チーム

全て別タイプのマシンでデッキを作るだけで
メインマシンに対応した能力のアップする「タイプ別相性ボーナス」を得られます。まずはこれを心がけてみましょう。
スポーツタイプ以外が2枚あるだけで(スタートボタンを押すとライバード出るので)作れます。
タイプが3種類以上お持ちの方は、ご自分でお気に入りのカードがある場合はそれを使ってもいいでしょう。

メーカー・カラー・タイプ等を考える

同じメーカーやカラーで揃えてもパワーアップします。これらはそれぞれ相性ボーナスとして有効になるため
タイプ別+同カラーやタイプ別+同一メーカーなど複数の相性ボーナスを得る事も可能です。
マシンカードが充実してきたらタイプ別の他に揃えられる部分がないか確認してみましょう。
詳しくはオススメマシン構成相性を参考にしてください。

属性・バースト効果・SPカードについて考える

マシンには属性ごとに耐性や弱点があります。
おおまかにスポーツは突、セダンは斬、ワゴンは打、エコは多くの特殊属性に耐性を持っています。
物理属性(斬・打・突)どれか一つだけに偏っていると耐性でダメージを減らされやすいため
できるだけ多くの、特殊属性を含んだ攻撃手段を用意できると戦術の幅が広がります。

バーストアタックの追加効果を有効に活用できれば、パラメータ以上の戦果を期待できます。
一例として「相手パワーダウン」「自分(味方)ボディアップ」はどのような組み合わせでも有効で
上書きされるとしてもその前に被ダメージ減少効果を得られるため便利です。
属性に絡んだ効果は狙うのが難しいですが、うまく連携できた時の効果は絶大になるでしょう。

SPカードはプレミアム以上ばかりのためなかなか排出しないかもしれませんが
過去弾のプレミアムのものは比較的安価なので、シングル購入などで手に入れるのもいいかもしれません。
シンプルに火力の上がるハイパーチャージャー、攻防一体のコマンドリライト・レッドなどが
入手しやすく使いやすいのでおすすめです。

SPカードの選択も含めて、ここが最も悩ましく、そして面白い部分と言えます。
自分なりのデッキ・戦術を編み出すために試行錯誤を重ねましょう。

それぞれのタイプの特徴


これらは各タイプの大まかな特徴です。マシンによっては例外もあるのでそれらは各自で確認してください。


エコ EP:低 スピード:低 パワー:低 ボディ:並 エコロジー:優 耐性:優


カードの四隅が緑色のカード

メリット
  • ドライブモードで余裕のある走行ができるため、初心者でも扱いやすい。
  • メインマシンとして選択すればエコロジー数値による大量のEP増加が期待できる。
 さらにタイプ別なら相性ボーナスでもEP上昇
  • 攻撃技ごとに威力が高めに設定されており、パワーの低さは気にならない
  • 特殊属性への耐性が豊富。さらに弱点属性がない(ごく一部例外あり)。
  • ファイナルバーストのゲージ速度がゆるやかなため安定して出せる。

デメリット
  • 最高速度がとても遅く、頑張っても1分前後でのゴールになる。
  • 斬撃、打撃、突きといった物理属性にはまったく耐性がない。(弱点というわけでもないが)
  • サブマシンの場合最も高いエコロジーがバトルに影響しない死にステータスになるため耐性を活かさないと厳しい。
  • ファイナルバーストでのゲージが高くて80%止まりのため他の車種には不利。ベストを尽くした上で相手のミスがなければ負ける。


ワゴン EP:優 スピード:並 パワー:優 ボディ:優 エコロジー:並 耐性:低


カードの四隅が赤色のカード

メリット
  • タイプばらばらメインマシンとして選択すれば組み合わせでチーム全体のボディを上げることができる。
  • ボディが高いのでドライブで壁・敵マシンにぶつかっても立ち直りが早い
  • EP、パワー、ボディといったバトルで実用的なステータスが高い。
  • 共通で打撃属性に対して耐性がある(例外あり)。ジャイロカウンターのほとんどは打撃属性含みのため強気にバーストアタックを撃てる。

デメリット
  • スピードもエコロジーも並々なのでバーストゲージや最大EPを伸ばすことができない=メインマシン適性が低い
  • 特殊属性の弱点がとても多く、ボディの高さのわりに受けるダメージが大きくなりやすい。


セダン EP:並 スピード:良 パワー:良 ボディ:良 エコロジー:並 耐性:並


カードの四隅が灰色のカード

メリット
  • タイプばらばらのメインマシンとして選択すれば組み合わせでチーム全体のパワーを上げることができる。
  • スピードもやや早いので良タイムを狙える。そのためバーストゲージの確保がしやすい。
  • EP、スピード、パワー、ボディが平均的にまとまっている、かといって器用貧乏でもない。
  • 共通で斬撃属性に大して耐性がある。
  • 第3弾のレアリティP以上のセダンはステータスがとても優秀。
  • 新1弾よりスポーツのみ対人の攻撃コマンドでのバースト増加量に下方修正が入ったため、クリアタイムが大差ないならセダンを使った方が有利になる余地が生まれた。

デメリット
  • FB狙いを突き詰めるとスポーツの速度には及ばないためやや中途半端
  • 現状で一番種類の少ないタイプでセダンが存在しないメーカーさえある。
  • 特殊属性に弱い車両もある
  • セダンのタイプ別ボーナスがパワー上昇なせいか、技威力が低く設定されているマシンはパワーが低いままだと貧弱すぎる。(サブマシンだとかなり弱い)
  • マシンごとにバトルでの役割・戦術が全く異なるため、「セダンだからこう使う」といったセオリーがない。
※筆記者の視点ではデメリットがあまり思いつきません。すいませんが随時追加をお願いします。


スポーツ EP:良 スピード:優 パワー:良 ボディ:低 エコロジー:低 耐性:並


カード四隅のデザインが、車のシートのカーボンクロス風のカード
赤いカーボンクロスのものは名車扱いになる。
※プロモーションカードのデザインもこれと同じだがそれらは元のカードのタイプに準ずる

メリット
  • タイプばらばらのメインマシンとして選択すれば組み合わせでスピードを上げることができる。
  • 共通で突属性に大して耐性がある。
  • ドライブの花形。最速タイムを狙うことができ、バトルで初期バーストゲージをたくさん確保できる。
 うまく立ち回ればファイナルバーストを3ターン目で使用可能。
  • スピードが最も高いので他タイプからほぼ先行を取れ、さらに高パワーで高ダメージも狙える。

デメリット
  • 人によってはドライブに慣れるまでが大変。
  • エコロジーが致命的に低いのに加え、最速タイムのためにエネルギーを使い果たしEP増加に貢献できない場合が多い。
  • ボディが低く、弱点属性もあるので敵からの攻撃は常に脅威。
  • 新1弾より対人戦でスポーツのみ攻撃コマンドでのバースト増加量に下方修正が入った。
ドライブでバーストを多く稼げない場合長期的に見て不利になるリスクがある。

はたらく車 EP:? スピード:? パワー:? ボディ:高 エコロジー:並 耐性:並


カードの四隅がオレンジ色のカード。

メリット
  • 車種ごとにドライブモードで独自のスキルがあり、使いこなす事でバトルを有利に進められる。
  • BAを使わなくてもメインマシンで参加してるだけで特殊効果を発動することができる。
  • ステータスに決まりはなく、それぞれ独自性がある。(ベースとなった車種の特徴を継いでいる)

デメリット
  • ドライブモードに専用システムが拡張されるため、その特性を活かすにはより複雑な操作を要求される。
  • BAに追加効果がない。サブマシンでは特殊効果が発動しないため使うメリットがほぼない。
  • 攻撃技に特殊属性の入っているものが少なく、必ず打撃が入ってるのでワゴンの相手が苦手。
  • アルカディアにしかはたらく車がないので他メーカーと組ませる場合メーカーボーナスは諦めるしかない。
  • 一部車両は遅いためレースのスコアが上がらない(アイテム獲得増加やEP増量とトレードオフだが)

属性


それぞれの攻撃には必ず属性が存在し、マシンによって属性に耐性が存在したり、属性に弱点が存在したりする。
この属性の関係はダメージを与えていく上でとても重要なのでぜひwikiで各マシンのスペックを確認してほしい。

物理属性

物理属性とは 斬撃、打撃、突き の属性を差す。
相手の物理防御を下げるアナライザーを使った場合にダメージが上がる。
各属性には車種別に耐性を持っている。その項は上記を参照。

特殊属性

「特殊属性」とは上記の物理以外の属性。 炎、爆発、水、氷、風、雷、ビーム の属性を指す。
公式に用語が見当たらないのでここではこれらを「特殊属性」と呼称する。
これらはマシンによって耐性、弱点が設定されており、ダメージの増減に影響する。
耐性、弱点については各マシンのページを参照。覚えておいて損はない。

その他属性

「その他属性」は上記に当てはまらない属性。 行動不能、回復 を指す。
これらはダメージの増減に関わらないが追加効果として効果がある。
行動不能はカード表記には存在しないが、各マシンに耐性があることから存在するものと思われる。
回復は攻撃成功後、自チームのEPを回復する。

攻撃の単一属性、複数属性

攻撃属性には属性を一つのみもった「単一属性攻撃」、属性を二つ持った「複数属性攻撃」がある。
それぞれメリット、デメリットが存在する。

単一属性攻撃
メリット
  • その属性に耐性を持ったマシンでなければ並以上のダメージを与えることができる。
  • 弱点を突いた場合のダメージはとても高い
  • 物理単属性の場合、アナライザーでハイパーチャージャーを上回るパフォーマンスを発揮できる。

デメリット
  • 耐性を持ったマシンに攻撃した場合、ダメージはかなり減少する。
  • 弱点を突こうにも現在存在する単一属性のほとんどは物理属性で弱点を突けない。
 特殊属性だとしても弱点を突ける機会は稀である。

複数属性
メリット
  • 属性が二つあるので片方でも弱点があればダメージを増やすことができる。
 片方耐性、片方弱点でも相殺。
  • 二つの属性があることで弱点を突く機会がグンとあがる。
  • 物理+属性系の技は激減される事がまずないため安定したダメージレートを求めるのに最適。

デメリット
  • 片方でも耐性を持っているとダメージが減少する。両方だとさらに減少する。
  • また、弱点を突いてもダメージが伸びにくい(複合属性で効果抜群と表示されないことが多い理由がこれ)。
 ただし同様の理屈で耐性によるダメージ軽減をされにくい、という意味でもある。
  • 複数の特殊属性耐性を持ったエコカーを相手にするときは特に注意が必要。


バーストゲージ


バーストゲージはEPゲージの隣にあるタコメーターのようなもので表示されている。
このゲージが13まで充填されると1、2、3とレベルがあがっていき、
3段階目まで一杯になるとファイナルバーストが発動し、相手に大ダメージを与えることができる。
詳しいことはバーストゲージを参照。

バーストゲージが上昇するとき

  • ドライブモードでより速くゴールすることで初期バーストゲージをより多く確保できる
  • コマンド受付時に制限時間を多く残してすばやく技を選択した時。
  • 技使用時の攻撃コマンドをタイミングよく成功させた時。
  • 攻撃がクリティカルした場合。

バーストゲージが減少するとき

  • ドライブモードのタイムが遅ければ遅いほど初期バーストゲージが少なくなる。
  • バーストアタックを使用して相手にカウンターを取られた時。
  • 一部のBAの追加効果を受けた時。(スープラのアイシクルストーム、ギルティスのフリーズキャプチャーなど)
  • パトパンダーの特殊能力がターン最初に発動した時。
  • 一部のSPカードの効果を受けた時。

技を選択する際に制限時間ギリギリで選択すると
技を選択した際にバーストゲージの上昇を抑えることができる。
これを使うことでボスを相手にするときにFBを使うタイミングを1ターンぐらいは遅らせることができる。
制限時間を表すものは技を選択するときにマシンの下に並んでいるブロックで
これが減っていくことで制限時間が減っていることを表現している。
つまりこのブロックが少ないときに技を選択すればいい。

ボス


何度もプレイしているうちにボス乱入が発生する。
ボスはかなり手強いのでいくらかパターンなどを理解しないと討伐は難しい。
ボスを相手にすることを想定したチームを作り、対抗するのも討伐への近道。
2Pモードなら必ず出現し、パターンも1Pモードと大してかわらないので研究する場合に使うといい。
詳細はボス乱入を参照。


  • 旧車はワゴン+スポーツ適な枠 -- @ (2012-10-15 12:11:45)
  • 初心者はそもそもこんなページ見ないというジレンマ -- 名無しさん (2012-10-16 00:11:07)
  • これから友達が始める人などはこのページを教えてあげて~ -- 名無しさん (2012-10-16 18:42:56)
  • スポーツタイプは、一枚だけで、いいですよ。 --   ジャロ (2012-11-21 17:34:31)
  • いや、スポーツタイプ「以外」を用意するのだ。(全部タイプをそろえるのがよいのだと思っていた時期が私にもありました)種類はあわせちゃイカンのだ。 -- 名無しさん (2012-11-23 01:58:03)
  • ID挿入口に1円玉入れるのやめろ -- 名無しさん (2012-11-24 15:04:04)
  • キラカードだからといって強いわけではない。 -- @Yoshikirace (2012-11-29 19:35:26)
  • セダンのデメリットとしては第2弾時点で青技の威力が☆☆☆☆以上の機体がおらず属性耐性も低い物が多いため、スペック的にはバランスが良いように見えるものの実際に使ってみるとあまり強い感じがしない…といった所ではないでしょうか。 -- ハセヤマ (2012-12-10 02:14:14)
  • 連投すみませんが続きます。レースにおいてはスピードではスポーツに劣るし、かといってエコの様にエネルギーを残しながら走るのも難しい。バトルではスポーツやワゴンのように火力を出しづらいしワゴンほど堅くないから壁になりづらい。また、クリティカル率が低い物が多いためゲージ稼ぎもしづらい。つまり突出した能力がない、と言うのがセダン一番のデメリットではないでしょうか。 -- ハセヤマ (2012-12-10 02:18:49)
  • すみませんこれで最後です。まあ平均的な性能を持つ、がセダンの欠点でもあり一番の利点ではあるのですが… ちなみに第2弾時点で出ているセダンタイプのノーマルアタックはすべて威力☆☆なので、ノーマル・バーストのどちらを選んでも安定してダメージを与えられるのがかなりの強みだったりします。連投すみませんでした。 -- ハセヤマ (2012-12-10 02:22:33)
  • ID挿入口にカードもやめろ -- 名無しさん (2012-12-18 15:45:51)
  • この手のゲームを始めるのにwikiを見るのは必須要項だと思ってる現未プレイヤーが言って見る。 -- 名無しさん (2013-01-31 10:28:29)
  • セダンのデメリットは突出した点がないことでは? -- 名無しさん (2013-02-10 19:42:42)
  • はたらく車のヒッポーピーポーはオススメだね初心者さんがピーポー1枚で十分戦えてたいました -- 名無しさん (2013-04-16 23:43:55)
名前:
コメント:
|