※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第1話「Knight」 << 第2話「kitten」 >> 第3話「KITCHEN」

第2話「kitten」

赤い服を着た人物たちに追われるシロの前に、先の第七王権者三輪一言に使えていたという、夜刀神狗郎と名乗る少年が現れる。
男たちから引き離し、窮地を救ってくれたかに思えたが、彼もまたシロの命を狙っていた。
亡きあるじの命のもと、悪しき王を討つと言って譲らない狗郎から逃れるため、シロはとっさにある作戦を思いつく。

GoRAメンバーコメント

  • 第二話は、シロクロネコのポジショニングの話です。(ブラック
  • ところで二話目は如何でしたでしょうか? 肌色が多かった回だと思います。誰かネコのコスプレをしてくれる人は現れないかと切実に思いますが、やった瞬間に逮捕だと思いますので誠に残念です(レッド
  • あと狗朗の残念さが皆さんにもちょっとづつ伝わってきたと思います。まだまだ彼はこんなモノではありません。まだまだどんどんとやって参ります!(レッド
  • 2話は、1話とは少々趣が変わっていたのではないでしょうか……! クロのキャラクターも開花してきました!(ピンク
  • 2話のラストシーンのクロのモノローグ(?)部分は、アフレコ現場で監督さんとその場にいたGoRAメンバーで急遽セリフを作ったものだったりします。大変シュールかつ、クロのキャラクターがよく出ている場面ではないかと思います!(ピンク
  • アドリブも今回結構多い気がします。「アキレス腱が……っ!」とか(笑)彼のアキレス腱に何があったのか、私も気になります。(ピンク
  • そして、2話からはエンディングが入りましたね! 肌色分が多めとなっておりますが、エロさよりも美しさが先に立っているかと思います! とてもおしゃれな全裸です。(ピンク
  • 第二話、いかがでしたでしょうか? 楽しんでいただけたのならば幸いです。個人的には大好きな草薙さんが書けたことと、あとクロの…………目を書いたところが気に入っております。(オレンジ
  • クロの作るごはんがマジでうまそうでしたね。深夜に見ていたみんなは大丈夫だったのか。耐えきれず近所の松屋にダッシュしたお友達はいないかな? 太るぞ!(オレンジ
  • 二話のヒキではメシを作ったので、三話ではメシを喰います。なんということだ、「K」はメシアニメだったのか。うーん、卵焼きと生卵でタマゴがかぶってしまったな。ちょっと焦りすぎた……。(オレンジ
  • 第2話でクロのキャラクターがだいぶ掘り下げられましたが、クロという人はまださらに…お、面白いです…。第3話ではシロの口からあのセリフが…! シロの周囲で起こっている事態も少しずつわかってきます。これからの展開も楽しみにしていただけたら嬉しいです(イエロー

キャラクターソング:狗朗編

  • 語ってくれ ジャガイモ 夢見た明日を笑ってくれ 豚肉 変えられない未来などないと♪(レッド
  • もし塩と胡椒がなかったら世界は色あせカレーは死ぬこの世にあなたがいて鍋を振るう、俺は中華のために♪(レッド
  • 包丁は舞う スパイスは踊る 俺は台所にただ一人 KITCHEN IS MY SPACE SO NOBODY CAN INVADE♪(レッド
  • などと「K」第二話の次回予告でクロは歌っています(レッド
  • タイトルは「レジェンド台所」、恥ずかしながら作詞させて頂きました。あまりのできばえに時折、口ずさんでいます(レッド
  • GoRA一同、キャラソンの作詞もさせて頂いております。格好良い曲(「レジェンド台所」は断じて格好いい!)から可愛い曲、面白い曲まで幅広く流れます。同じく僕らが台詞を書かせて頂いている次回予告も含めてぜひお楽しみ下さい(レッド
  • あ、ごめんなさい。実際に流れている部分とは多少違うところを引用しています。なお、これら素敵な曲をつけて頂いた(なんと鎌本のまである)キャラソンはこちらのBD、DVDに特典としてつくみたいです(レッドhttp://k-project.jpn.com/goods/

次回予告脚本

  • なお、一話の次回予告はみんな大好きオレンジ。二話目は僕、レッドが担当させて頂いてます。三話目も面白いですよ(笑)(レッド
  • 三話は色々な意味でボーイズの話になります。どうぞお楽しみに!(レッド
  • 次回、第3話は、いろんなキャラのいろんな一面が見られるかも……? ガァン! とか、ギリギリッ、とか……(ネタバレにならないようにご紹介しようとするとまともな日本語にならない……)ぜひお楽しみになさってください!(ピンク
  • あ、ピンクも言ってますが第3話には「ガァン!」もあります。津田健次郎さんがKナイトの生放送でもKRの初期の頃の回でも仰っていた「ガァン!(または(ドゥン!)」です。ご覧いただければ「ここか!」とわかるシーンではないかと思いますwどうぞお楽しみにw(イエロー

キャスト・スタッフクレジット

CAST
伊佐那 社 浪川大輔
夜刀神 狗朗 小野大輔
ネコ 小松未可子
櫛名 アンナ 堀江由衣
草薙出雲 櫻井孝宏
八田美咲 福山潤
鎌本力夫 中村悠一
雪染菊理 佐藤聡美

赤城翔平 斎藤寛仁
坂東三郎太 柳田淳一
千歳 洋 清水一貫
女の子 佐藤奏美

シリーズ構成 宮沢龍生   脚本 鈴木鈴
絵コンテ 金澤洪充 鈴木信吾
演出 杉生祐一
作画監督
レイアウト・アニメーション 古田誠
キャラクター 鈴木祥子
作画監督補佐 大久保宏
制作管理 鈴木隆之


原画
中井準 古田誠 井元一彰 杉生祐一 藤田雄己 土岐由紀
第二原画
GoHands
森美幸 坂上悠之介 立花昌之 植木理奈 河田泉 髙木恵湖
川口和真 中田史織 針場裕子

動画検査
麻奥裕介 鏑木勉

動画
GoHands
薮田裕希 高田奈央子 芳我恵理子 岡田直樹 松浦美穂
武田駿 阪本麻衣 小畑康裕 花井柚都子 木村隆志 上田侑生子
ビデオ・アート
I&Sファクトリー
旭プロダクション

仕上げ
ドリーム・フォース
吉澤大輔 斉藤麻記 小松さくら 福島友子
ビデオアート
I&Sファクトリー
旭プロダクション
GoHands

色指定・検査 斉藤麻紀
特殊効果 天草紫

撮影
T2studio
撮影監修 福士享
撮影監督 大泉鉱
撮影監督補 森貴之
撮影スタッフ
富田喜允 川瀬輝之 太田健介 岡本雄介 高橋智弘 並木智
田澤二郎 梶原幸代 峰岸健太郎 江間常高 上田程之 朴昌善

3DCG
GoHands
長嶺義則 菊地貴紀
モニターグラフィック
南條楊輔 竹内里奈 三村和子
小物・衣装設定
岸田隆宏 土岐由紀 針場裕子 南條楊輔

美術設定
GoHands
鈴木信吾 森美幸 寺野勇樹 島田千裕

美術監督
野村正信
背景
美峰
鈴木路恵 市岡茉衣 針貫彩
TRAN KHOA DINH HOAI LY DUONG NGUYEN ANH
VO VUONG NGUYEN THUY NGUYEN HANH CAO TAI
NGUYEN TRUONG
背景3Dモデリング 三戸康史

エンディングテーマ「冷たい部屋、一人」
作詞 atsuko
作曲 atsuko KATSU
編曲 KATSU
歌 小松未可子(スターチャイルドレコード)

挿入歌「いつかのゼロから」
作詞 atsuko
作曲 atsuko KATSU
編曲 KATSU
歌 angela(スターチャイルドレコード)

音楽制作 ELM&Co 石田雄己
音楽制作協力 Stylism

音響監督 高橋秀雄 田中亮
音響効果 田中秀実
録音調整 太田泰明
録音スタジオ 整音スタジオ
音響制作 ドリーム・フォース
音響制作担当 北垣貴司
編集 丹彩子
ビデオ編集 田所さおり 折田祐介

オープニングアニメーション
絵コンテ 鈴木信吾 中井準
演出 工藤進
作画監督 鈴木信吾
グラフィックアート 竹内里奈
制作管理 菊地貴紀
原画
大久保宏 中井準 内田孝行 鈴木信吾 岸田隆宏 針場裕子
石森愛 立花昌之 河田泉
撮影監督 福士享
撮影監督 大泉鉱
撮影監督補 森貴之
撮影
T2studio
竹沢裕一 太田健介 高橋こうじ 志村豪

エンディングアニメーション
絵コンテ・演出・作画監督 鈴木信吾
制作管理 菊地貴紀
原画
鈴木信吾 古田誠 石森愛 針場裕子
撮影 大泉鉱

アニメーション制作 GoHands

ラインプロデューサー 長嶺義則
制作チーフ 鈴木隆之
設定管理 竹内里奈 三村和子
CGI管理 菊地貴紀
文芸担当 小山知子
制作事務 宮永恵理奈

番組宣伝 安藤ひと美 宮岡修武 加々本裕樹
宣伝 須藤孝太郎 Presentz 木場隆史
編成 池邊真佐哉 佐藤恒子
アシスタントプロデューサー 岡田愛
協力
遠藤哲哉 工藤祐士
日本工学院クリエイターズカレッジマンガ・アニメーション科

製作 k-project MBS