また会えたね(神咒神威神楽after)

 船に揺られて一週間、

「ついた」

 私は葦原中津国の大地を踏みしめていました。
 すうっと息を吸う。私の国とは違う空気の匂い。ああ、憧れていたこの国に来たんだなあという感慨が私の胸をドキドキと高鳴らせます。
 そう、私はずっとこの国に憧れていました。
 私のおとうさんは貿易関係のお仕事をしているので、私の家にはいろんな国の本があって、私は子供の頃からいろんな本を読んでいました。
 その中でも私が一番好きだったのは中津国の本、『神咒神威神楽』

 昔々、東西に分かれていた神州、東の地、穢土におわす大天魔、八柱の夜都賀波岐。西と東の統一を目的として久雅竜胆が率いた東征軍の本当の物語というその本を、私は飽きもせずに何度も読んでいました。
 他にもいくらでも似たようなお話は世界中にあるというのに、私はその話に惹きつけられていました。
 そして、憧れました。このお話の舞台になった国に、その地を歩いてみたい、この目で見てみたいと。
 だから、中津国の言葉を勉強しました。いつかその地に行くために、それが今現実になっている。でも、まだ、まだ本当に行きたい場所に行っていない。

「うん、行こうっと」

 私は荷物の入った鞄を持って駅へと向かいました。







 列車に揺られながら私は流れゆく景色を眺めます。
 変わりゆく景色、刻一刻と変わっていく。留まる事無く、流れていく。
 私は鞄から本を取り出してページを開きます。

 『神咒神威神楽』の物語で私が一番好きなのは天魔・夜刀。東征軍に立ち塞がる敵、でも、本当はすごくいい人。そして、悲しい人。
 全ての命の恩人のその人の思いは私は痛いほどわかる気がします。

 美しいこの瞬間を護りたい。大切な輝き(刹那)を愛し続けたい。きっとこの人はそういう思いを抱いていたんだと思うの。
 そうしてずっと耐え続けた。大切なものを護るため、そして、いつかはまた花が芽吹くことを信じて。

「海は幅広く、無限に広がって流れ出すもの、水底の輝きこそが永久不変」

 私は自然と口ずさんでいました。
 歌、だと思う。知らない、聞いたことがない、でも、いつの間にか私はこの歌を知っていました。
 たぶん、夜刀のことを知った頃からだと思う。この歌を口ずさむようになったのは。

「永劫たる星の速さと共に今こそ疾走して駆け抜けよう どうか聞き届けてほしい 世界は穏やかに安らげる日々を願っている」

 私は目的地に着くまで、なんでか懐かしくて、胸が温かくなるその歌をずっと歌っていました。

「自由な民と自由な世界で どうかこの瞬間に言わせてほしい」





 そして、そこに着きました。
 無間蝦夷、夜都賀波岐との最終決戦の地となった場所に。
 一番、私が行きたかった場所。夜刀が覇吐と戦い、後を託して倒れた場所。

 そこには東征最後の地としてモニュメントとなった赤・青・黄にそれぞれ染まった三つの鳥居があります。
 ここで、戦ったんだ。

 すっと目を瞑ると、その時の情景が見えるような気がしました。
 自身が悪神であると言いたげな演技で覇吐と戦い、彼を高みへと導こうとする彼の姿が。

『時よ止まれ、君は誰よりも美しいから』

 私がその一節を唱えると同時に誰かの声が重なりました。
 え?






 俺は仲間たちと蝦夷へと遊びに来ていた。
 誰が言い出したのかは覚えていない。ただ、突然行こうと誰かが言い出し、あれよあれよと気づけば決定していた。

「お前が死んだ土地だからな、一度線香焚いてやらねえとな」

 なんて言う馬鹿は思いっきり殴ってやった。
 俺が死んだって、正確には俺の名前の元になった奴が死んだ場所だろうに。
 はあっとため息を吐く。うちの親も何を考えて物語の登場人物の名前なんてつけたんだろうな。しかも、敵側の人間という。おかげでよくからかわれる。

 でも、そいつの考えてることもなんとなく俺は同調できる。永遠になれない刹那が愛おしいという気持ちも、失くしたものは帰ってこないっていうのも。
 まあ、この話は置いておこう。いつまでも語ることじゃないしな。

 そういうことで蝦夷へと来たのだが、そこで俺はこの景色を見たことある、知っている。そんな、既知感とでも言うべき感覚を抱いていた。
 どうも他の奴らもそんな感覚を大なり小なり抱いたみたいだが、その不思議な感覚は俺は別に悪い気はしなかった。
 ただ、一人だけ、あのバカは「既知感だな」と少し嫌そうに言っていたが。

 そして、東征最後の地のモニュメントである三色の鳥居の前。俺はそれを見ながらつい呟いていた。

『時よ止まれ、君は誰よりも美しいから』

 その呟きに誰かの声が重なった。
 え?






 声の方を向くと、そこに一人の男の子がいました。
 たぶん、歳は同じくらいかな? 男の人に言うと怒られるかもしれませんが、女の子のような綺麗な顔。
 初めて会うその人に、何故かとても懐かしく思え、お互いにしばらく見つめ合ってしまいました。

「こ、こんにちは」

「こんにちは」

 何とか挨拶を交わしますが、すぐに止まってしまいます。
 ううう、どうしよう?

「えっと、この国の人間じゃないみたいだけど、旅行?」

 そしたら、彼の方から話しかけてくれました。

「は、はい。欧州の方から来ました」

 その問いかけになんとか答えます。

「中津語上手いな」

「えっと、勉強しましたから」

「さっきのは?」

「えっと、鳥居を見ていたらなんだかなんとなく浮かんできて……」

 たどたどしく、どこか滑稽なやり取りを私は彼と交わします。

 そして、








「そっか、あの本のファンなのか」

「うん、だからずっとこの国に来てみたいなって思ってたの」

 いつの間にか普通に彼と話していました。
 ちょっとぶっきらぼうな話し方だけど、すごくいい人。そして、

「俺は藤井夜刀、君は?」

 少し恥ずかしそうに彼が名乗ります。
 その名前に少し驚きながら、私は答えました。

「私はマルグリット・ブルイユ。マリィって呼んでねヤト」

 それが、私たちの出会い (再会)でした。










おまけ

「あわわわわわ、夜刀が見知らぬ女の子と仲良くしてる!!」

 夜刀と幼馴染の少女は口をあんぐりと開け、

「おうおう、あいつもやるねえ」

「藤井君って意外と軟派なのね」

 と、どこからか出したキャメラでその様子をばっちりと取る親友とその彼女。

「ふ、不潔よ」

 長い黒髪の少女がそっぽを向きながらもちらちらとそっちを見て、

「うーん、私ももうちょっと大きかったら……」

 と赤い髪の少女が自身のまな板を見てため息を吐き、

「……巨乳、滅・尽・滅・相」

 銀髪の若干胸が発育不良の少女が涙を流していた。

  • こういうのを待っていた!! UP主グッジョブ!!b -- 名無しさん (2012-05-28 21:55:54)
  • 某所でも読ませていただきました。ここにも投稿してくれるだけで至極光栄です。このサイトを立てた甲斐があります。以後もこの正田崇ファンサイトをよろしくお願いします。 -- 管理人 (2012-05-28 22:00:17)
  • 某掲示板で投稿した作品です。原作では否定されてますが、こういうのがあって欲しいという願望を流出させていただきました。セリフに違和感がなければいいんですけど…… -- 空の狐 (2012-05-28 22:04:21)
  • ↑別に違和感はございませんよ。良くできています。原作でもそこまで否定しなくていいのにと自分も思っていたんでこういうのがあってよかったです。 -- 管理人 (2012-05-28 22:07:17)
  • "いい人"に吹いたw 他ゲームネタだけどゴメン -- 名無しさん (2012-05-28 22:13:52)
  • (∴)<またあったな に見えた そうか、俺の魂は腐っているのか。 -- 名無しさん (2012-05-28 23:58:03)
  • おお!練炭×マリィのssか!こういうのを待ってたんだ。続き期待しています。 -- 名無しさん (2012-05-29 17:20:57)
  • えっ、これ続編あるの?あれば嬉しいけど -- 名無しさん (2012-05-30 00:08:40)
  • 正田卿の流出に対して、その爪牙の創造か・・・イイな! -- 名無しさん (2012-05-30 02:02:27)
  • どこぞの物影で無職のストーカーが官憲に捕獲されていたりするのかな? -- 名無しさん (2012-05-30 20:55:45)
  • それが超宇宙的変質者なら、物陰でなく、どちらかの正真正銘、影そのものになっていそう。よって捕獲は無理 -- 名無しさん (2012-05-31 15:45:02)
  • その官憲「私は総てを愛している」とか言ってるんじゃないか…? -- 名無しさん (2012-05-31 20:20:34)
  • その官権、金髪の息子さんがいるのでは…? -- 名無しさん (2012-05-31 21:23:38)
  • 藤井夜刀はちょっと安直すぎな気がする -- 名無しさん (2012-06-04 02:03:10)
  • よかったんだが、神様は転生不可かつマリィはああいう風にされちまったからなあ。おのれ波旬めえ……! -- 名無しさん (2012-07-12 08:11:39)
  • (∴)「滅尽滅相」 -- 名無しさん (2013-03-17 19:17:53)
  • ↑お前がな -- 名無しさん (2013-03-18 14:25:40)
  • 永遠の日常?馬鹿臭い。物語の終幕?阿呆か貴様ら。 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-21 14:27:30)
  • そんなものに囚われるから、輝き続ける――至高の物語が創られないのだ その場しのぎの平和など一時の閑話休題にしかならず、物語の終幕なぞ、その劇の区切りでしかなく、だいいち、なによりもかによりも、お 前たちとて、暇だのなんだの言いながら、今この瞬間にも物語を生み出し、読み続けているではないか。求め続けているではないか。 少し考えれば誰であろうと分かることを、ありもしない誇りや倫理がどうのこうのと屁理屈を言い、自身が高貴高潔であろうと他者の目線を みっともない方法で欺き誤魔化している。それが個人の優劣を、仲間内での上下関係を決める一要素だとでも言うように。それが、世界の真 実で高尚な考えだと心の底から思い悦に入る。嘆かわしい。くだらない。なんと女々しい。世界はそのようなつまらないものなぞ、いともか いしていないし作られてなぞいない。 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-21 14:27:58)
  • なあ、分かるだろう「きょうだい」よ。誤魔化している時点で他人から自身を読み取られることを想っており、そう思わなければ生きていけ ない。我がこんなあたりまえの事を語っている時点で我自身、弱く、醜く、餓えと渇きを満たしたいと思っている、真実この世界から目を背 けたいとあがき苦しんでいるのだ。 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-21 14:28:32)
  • 我とお前たちの違いの差はあまりない。ただ、ほんの少し足りないだけだ。創造への求めが足りぬのだ。生の渇望が足りぬのだ。素直に面白 がりたいというを想いが少し足りないだけなのよ。お前たちのような、小理屈をこねる輩が横溢するようになって以来、面白い物語が大手を 振って閲覧割拠できなくなってしまった。実に歯がゆかしい。誰もが本当はこの餓えと渇きを満たす語りを求めているというのに。 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-21 14:29:10)
  • 故に喇叭(われ)が生まれ、法則(せん)を生み出した。一物語を、燦々と照り輝く至高の語りを欲しているのだ。 語り、ただ語り! そのためなら我はなんの努力も苦労も厭わない。我(われ)の宇宙(カラダ)はそのためだけにある! ゆえに腹が膨れない理など何も要らん。必要ないのだ呆れるわ! これをつまらんと思うなら、それはとても残念だと我は考えるよ。この身もよだつ感覚を我慢する必要なぞありはしないのに。 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-21 14:29:48)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。