Dies irae ~Recordare~

初めまして?愛の伝道師?こと変態です。 誰か→のタイトル名変更してちょ 続け
以下注意事項に注意して読んでください。
  • 内容がチープ
  • 腐臭がするような
  • 物語の展開が定まっていない
また、感想がある方は、
  • 削除すべきか否か
  • リレー形式にすべきか否か
  • 我の作品の方が素晴らしいから書かせろ
の内容を書いていただけいると幸いです。



「あなたは愛という者についてどう考えるか?」
『愛?それはどういった類のものについてだ?』
「ああ、確かにこの世には様々な形の愛があるだろう。だが私が問うているのは”あなたの愛”。難しく考える必要はないよ」
『…よく考えてみれば難しいものだな。私の、”愛”か…』

2007年5月某日

エレオノーレ「---だから、貴様というやつはぁああああああ!!!」
大きな怒号が校舎一棟を丸々震撼させた。”奴”がこの学園に来てから幾らほどのに数が経過しただろうか。いや、実際にはゴールデンウィークの少し前だから、まだ一ヶ月も経っていないのか。にも拘らず何故こうも疲れるのだろうか?
ラインハルト「また、か。」
私の横に立つ長身金髪の男性はラインハルト・ハイドリヒ。2年生ながら、学園では屈指の能力を誇る、天才というやつだ。私も、自分で言うのもなんだが、優秀な方ではあるが…。そして、”奴”。ヘルメス・トリスメギストス。憎々しい限りだが学園最高の能力を持つ………らしい、が胡散臭いから嘘だろう。
ヘルメス「おや、ご両人。相思相愛の君たちが私の魔術研究に何か文句でもあるのかね?」
私はラインハルトを見て、ラインハルトは私を見て、少し熱が上がった気もするが、直後心を合わせたかのごとく二人で絶叫し、ヘルメスの顔面を拳骨を叩き込んだ。
エ&ラ「床を鏡にしてスカートを覗こうとしている馬鹿が何を言うか!!」
ヘルメス「ブギャァァアアアアアア!!」


ホームルーム

ヴァレリアン先生「…えーっと」
エレオノーレ「構いません先生。サクッと進めてください。」
生徒A「うわ―委員長、怖っ」
エレオノーレ「私語は慎め!」
ヴァレリアン「では、出席を。」
………
ヴァレリアン「さて、本日の予定ですが、今日は皆さんもご存じのようにシュピーネ校長が講和を開かれます。放課後はしっかり集まってください。」


昼休み

ヘルメス「ふぁーーーあ。」
大欠伸をしている馬鹿が俺の横にいる。一体なんでこんな奴に俺は学業で負けるのだろうか?
蓮「おい、いい加減にそのノートしまえよ。」
奴は寝ながら、何かよくわからないものを書いていた。ただのミミズ、ではなく魔法陣の様なものだった。
ヘルメス「煩いぞ、息子よ」
ゴスッ。
ヘルメス「痛い?!いきなり殴るかね普通?」
蓮「黙れ変態俺は息子じゃねぇ!!」
ヘルメス「同じようなものだろう?」
ゴスッゴスッ。
ヘルメス「酷いわ蓮君」
きらきらした目で俺を見つめながら半泣きになる変態。さながら少女漫画のようだ。
蓮「…」
呆れて何も言えない。そんな表情を読み取ってか、変態は俺に双眼鏡を差し出してきた。
蓮「?何だこれは」
ヘルメス「ちょっとしたお楽しみでも見てみないかね」
蓮「?」
…体育館裏…
シュライバー「や、やめてよ。ヴィルヘルム君。」
ヴィルヘルム「あ゜ぁ?なんでだよ。てめぇは黙って脱げばいいんだよ。」
シュライバー「そ、外でなんて…」
ヴィルヘルム「さっさとしねぇと、この写真、ばら撒くぜ?」
すると、シュライバーは無言で服を脱ぎだした。ブレザーは勿論、ワイシャツ、ズボン、下着まで脱ぎだして…
………
蓮「って、ちょっと待てやぁあああ?!」
屋上で双眼鏡を使いながら体育館の裏を見ていた俺とヘルメスは、もろに”現場”を見てしまった。
ヘルメス「どうしたね?」
なに涼しい顔してやがるんだコイツは?殴ろうか?
ヘルメス「物騒なことは考えないでほしいのだがね。お、おお?おおお!?」
駄目だこいつ。さっさと帰ろう。
俺は階段を降りながらふと、視界の端に何かが動いたのを捉えた。何だろう?という考えが一瞬頭をよぎったが、こんな人気のない屋上付近でこそこそしている時点で碌な連中じゃない。腹も減ったので俺は教室に戻ることにした。
………
マルグリット「うふふ、邪魔者はいなくなったわ。後はあなたにくっついて…」
ラインハルト「そこで何をしているのかね」
マルグリット「?!?!?!?!?!ななななななににににににににに」
ラインハルト「…見なかったことにするから、行くといい。」
足早に、逃げるように階下に下っていく女性を見送り、そして屋上に続く扉に目をやる。ああ、この感覚、間違いなく、奴はいるだろう。私は扉の前に立ち一息ついて…
ヘルメス「やぁ、ハイドリヒ君」
"-------------------っ!!
思い切り頭を扉にぶつけた。額に手を当てている私を面白く思ったのか、私の頭に手を置き、
ヘルメス「よしよーし」
むかついた私は、当然にアッパー。しかしそれをひらりとかわし、僅かに出来た隙に奴は潜り込んできた。くつくつと笑うヘルメスの声が私の脳髄に響き渡る。何とも言えない感覚が背筋を過る。
ヘルメス「どうしたのかな?ハイドリヒ君」
振り上げた手の肘を扉に押さえつけられていて腕が動かない。脚も同じように動かない。大した力が掛っている訳でもなく、これは一体…
ヘルメス「古武術というやつだよ。意外と何も知らないのだね」
いちいち癇に障るやつだ。
ラインハルト「ふっ、卿は随分と何かを知っているようだな?」
ヘルメス「ふふふ、ならば少しだけご教授いたしましょうか?」
ヘルメスの眼が光った気がした。
ヘルメス「では、まずあなたに聞きたいことがあります。あなたは愛という者についてどう考えるか?」
ラインハルト「愛?それはどういった類のものについてだ?」
ヘルメス「ああ、確かにこの世には様々な形の愛があるだろう。だが私が問うているのは”あなたの愛”。難しく考える必要はないよ」
ラインハルト「…よく考えてみれば難しいものだな。私の、”愛”か…」
ヘルメス「放課後、理科準備室で待っているよ…」
そう言って、ヘルメスは踵を返し、昼間にもかかわらず闇に包まれた階段を下って行った。


放課後

シュピーネ校長「えー、この校舎屋上の改築についてですが…」
エレオノーレ「?ハイドリヒ君は…?」
………
ヘルメス「始まったようだね」
ラインハルト「これから一体何を始めようと?」
ヘルメス「何ほんの少し映像鑑賞と行こうじゃないか。」

ここから、私の人生は少しづつ変化していくこととなる。
”未知の結末を知る”
奴が部屋を出る際に、私に残した言葉。この意味を私は身をもって”知らしめる”ことになる。



キャラ紹介(現時点)

ラインハルト・ハイドリヒ:2年A組(特進学級)。学園全体でも屈指の能力を誇る優秀な生徒。どこかが空虚な感じを醸し出す。エレオノーレとは家が隣同士の幼馴染。学級の中でも(性格的に)優秀な為、エレオノーレとともに学級長をしている。ヘルメスと交流していく上で自身の”愛”を理解していくことになる。本ストーリの主人公。

エレオノーレ・ヴィッテンブルグ:2年A組。学年全体では上位に食い込む秀才。ラインハルトとは家が隣同士の幼馴染。超が付くほどの生真面目で、些細なことで怒鳴ってくる。その度にからかってくるヘルメスに拳骨を入れるのはもはや習慣。どうやらヘルメスと最初に会ったときに言われたことが関係するらしいのだが、ラインハルトに聞かれると、赤面して逃げていくらしい。

ヘルメス・トリスメギストス:2年A組。学園全体で最高の能力を持つ…と口ずさんでいる。オカルト、魔術、性格診断、占い、と常人が興味を持ちそうなことを、非常識の領域で行っているため周囲からは変態と呼ばれる。行っている内容からか、不思議な雰囲気をまとっているが、意外と人との関係が多い。蓮の伯父に当たるのだが、親の結婚年齢、出産年齢のせいで同学年となっている。

藤井・蓮:2年A組。学園全体で開かれた女装コンテストで(不)名誉の優勝を飾った美少年。美少年、女男というと襲ってくる。事情を知らない新入1年生以外からは、”蓮キュン””れんたん”と呼ばれて親しまれている。周囲との関係を持つことに積極的に動かなく、又騒がれたくもないので無難な立ち位置に就くことが多い。ヘルメスの甥にあたる。両親から離れて一人暮らしをしていたところにヘルメスに転がりこまれた。

マルグリット・ブルイユ:3年B組(運動推薦)。長く伸びた金髪、豊かな胸。男子の視線をくぎ付けにしてやまない彼女の魅力は、断頭の一撃と呼ばれるチョップのせいで霞んでいる。一人孤立していたところを、ヘルメスの気まぐれで救われた。最近あやしい行動が増えている気がするが…

???・シュライバー:1年C組(普通)。いわゆる男の娘…?正体はよくわかっていないが、ヴィルヘルムと一緒にいる場面をよく見かける。

ヴィルヘルム・エーレンブルグ:1年C組。周囲を威嚇し続ける不良少年。シュライバーと一緒にいることが多い。不良になった原因が校舎にいるのか、校舎に入らず敷地内を徘徊していることが多い。

ヴァレリアン・トリファ:2年A組の担任をしている数学の教員。恐ろしく頭が回り物事の理解が早い。…事が仇となって問題児(?)の多い2年A組の担任に任命されてしまった。ストレスと切れすぎる頭のせいで養分が足りず常に痩せ細った容貌。学園のある先生とは懇意らしいのだが、足跡を消すのもうまいため誰にも気づかれていない。

シュピーネ:校長。それ以上でもそれ以下でもない。

選択肢 投票
削除 (6)
リレー (94)
俺が書く (1)
削除 (6)
削除 (6)
滅尽滅相 (42)
  • 一応続きあるけど、名前が”続け”なので気付きにくいね・・・誰かタイトル変えてくれ; -- 愛の伝道師? (2013-02-13 20:52:01)
  • 직관력이 있어 강한 에너지를 가지고 있는 사람은 이 영역에서 액세스하고  질문하고 거기에 있는 어떤 정보라도 입수할 수 있는 직관력이 있는 사람간이  다른 인간과 연결되면 인간끼리는 이런 식으로 서로 결부되어 있기 때문에 정보를 일상적으로 받게 된다  확실히 나타냄나라토로지 텍스트 -- 他化自在天喇叭 (2013-03-14 23:27:44)
名前:
コメント:
今日: -
昨日: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。