Dies irae 夏といえば海、ならば縁日もでしょ!第5話

初めましてこんばんわ!「Dies irae 夏といえば、海でしょ」を投稿した者です。
今が夏ということで、さらに思いついて投稿しました。
思いついたら、是非是非書いてください。

  • 全員『ヤヴォール!!!』 -- 名無しさん (2012-08-23 20:17:04)
  • 黄金の言葉に轟音で返す一同。興奮冷めやらぬままに、本日の催しはすべて終了。それぞれは思い思いの帰路に就く。疲れて宿に帰る者、興奮のままに夜の街に遊びに繰り出すもの、夜の街に大人の遊びを求めて突撃する者さまざまであった。 -- 名無しさん (2012-08-23 22:28:55)
  • …2人を除いて -- 名無しさん (2012-08-23 22:32:52)
  • マキナ「………兄弟」 蓮(女)「! マキナ……」 マキナ「すまん、待たせたな」 -- 名無しさん (2012-08-23 22:33:44)
  • 明星「ところで黄金よ」黄金「何かな?」明星「今宵の詫びも兼ねてそちらの催しに私の天使たちや部下たちも手伝わせたいのだが」黄金「ふむ。カールの所業による卿らの世界の者たちとの溝も埋める良い機会かもしれんなよかろう」明星「感謝する」 -- 名無しさん (2012-08-24 04:53:10)
  • その頃、漣が宿に戻ったのでナハトとベルゼバブも一緒について行った。 ベルゼバブ「………」 ボロボロの状態で温泉に浮かぶベルゼバブ、シュピーネの後にきっちりと締められたのであった。 -- 名無しさん (2012-08-25 00:17:16)
  • ナハト「がはははは! そんな姿じゃ流石にどうしようもねえか」 ヨハン「あの、こんな感じで良いですか」 ナハト「ん~、もうチョイ力入れてごしごしやってくれ。しかし、温泉ね。いいじゃねえのこういう文化?っつーのには触れる機会も無かったがなかなか乙なもんだ」 上機嫌でヨハンに背中を流してもらうナハト。 -- 名無しさん (2012-08-25 01:11:23)
  • ナハト「所でガキ」漣「ガキじゃないもん!漣だよ!」ナハト「あ~分かった分かった。漣、今隣の女湯にはアイツが入っているんだが覗かねぇのか?」漣「え?ええっ!?なんで!?」ナハト「温泉じゃあ女湯覗くのがお約束だと、あの変態が言ってた」ヨハン「それは違うと思います・・・」ナハト「それに前の宿主の知り合いも入っているからな。胸もデカいぞ?」漣「だ、ダメだって!いけないよ!」真っ赤になる漣 -- AST (2012-08-25 21:20:02)
  • ???「随分と俗な奴になったじゃねえか・・・あんだけ人間バカにしてたお前がよ」ナハト「・・・そ、その声は」???「それともガキを宿主にして頭がやわらかくなったのか?」ナハト「なぜ貴様がここに・・・ロト!」ライル「その名で呼んでいいのはあいつだけだ」掌をナハトの頭を押し付けて近くにある湯がたっぷり入った桶に沈める。ナハト「ガバゲベ(てめぇ!)」ライル「すっかり縮んじまって・・・こりゃいいや」 -- 名無しさん (2012-08-25 22:41:19)
  • 漣「おじさん、だれ?」ライル「おじさんじゃねえ!ライルだ・・・こいつの前の宿主だよ」 -- 名無しさん (2012-08-25 22:49:23)
  • 漣「え、えーと、あのごめんなさい!」 ライル「何だ急に?」 漣「ナハトはおじさんと一緒だったのにとっちゃって、それでそのごめんなさい」 ライル「おじさんはやめろ! 俺はそいつが離れて清々してる、むしろお前に同情してる位だよ。まあ、今の姿見る限り問題なさそうだけどな」 -- 名無しさん (2012-08-25 23:22:49)
  • 漣「うん!ナハトはちょっぴり乱暴なんだけど優しいんだよ!パパ達を助けてくれたし!でもナハトは違うって言うんだよ・・・そしたら、ツンデレ?なんだってお爺ちゃんが言ってた」ナハト「んなっ!?」ライル「ぶふっ!!」 -- 名無しさん (2012-08-26 12:01:57)
  • ライル「は、はははは。何だお前、人助けとはホントに丸くなっちまったな、ははははは」 ナハト「笑ってんじゃねえぞてめえ、コラあ」 大笑いするライルと声を荒げるナハト。 アスト「…うるさい」 その声は思いっきり女湯の方まで響いていた。 -- 名無しさん (2012-08-26 12:08:54)
  • ???「…確かに少し煩過ぎます。………永遠の王とは誰か。全能の神。神は栄光の王である。---」 -- 愛の伝道師? (2012-08-26 12:49:50)
  • 朗々と詠唱を始める少女、発動したら黙らせる程度では済まない技である。 -- 名無しさん (2012-08-26 13:40:42)
  • すると・・・漣「ライルおじさんのぞうさん。大きいね」???「ぶふぁ!!?」アスト「ふぅ・・・これは流石に・・・漣「ノウお兄ちゃんのも大きいね」・・ブハッ!?」 -- AST (2012-08-26 13:57:45)
  • ライル「ぞうさんって…これか。他人と比べるような機会が無いからわからんが、大きい方なのか?」 ノウ「俺に聞くなよ…」 司狼「ま、っまままあ、まあよう。ササ、ササ、サイズだけが男の価値じゃね、ねえねねねえし」 蓮「震えてんぞ司狼。でも確かに結構なモンだよな」 何故か漣の一言から男のアレ談義に突入する男性陣。女湯の方にも見事に聞こえていることには気づいていない。 -- 名無しさん (2012-08-26 14:24:18)
  • マレウス「ジュルリ」 -- 名無しさん (2012-08-26 14:42:59)
  • アスト「…卑猥な」 ???「…ドキドキ」 言葉とは裏腹に思いっきり男湯に意識を向ける二人。 -- 名無しさん (2012-08-26 16:00:39)
  • 玲愛「はあ……はあ……はあ……はあ(*´д`*)ハァハァ」香純「先輩、あの……鼻血が;」螢「しかも壁に耳を当てて興奮しないでください;」 -- 案山子さん (2012-08-26 16:42:13)
  • 漣「背中流してあげる~」ライル「悪いな」ノウ「ありがとう」司狼「俺達も流し合おうぜ?」蓮「変な意味っぽく言うのは止めろ」漣「あ、マキナおじちゃん!マンモス!」マキナ「・・・・・」司狼「あれを見てくれ、どう思う?」蓮「凄く・・・一撃必殺です」ノウ「うひぃ!くすぐったいよ」ライル「うぉっ!変な所触るなよ!」蓮「ひゃあ!」司狼「気持ちいいのはここか?ここかぁ?」蓮「んあっ!止め!」 -- AST (2012-08-26 17:13:51)
  • 玲愛「ブッ (o゚ェ゚)!!」香純「ちょ!?玲愛先輩!?」螢「鼻血を吹かないでくださいよ!!;」マレウス「もう我慢できない!!私、行くわ!!」 -- 案山子さん (2012-08-26 17:20:16)
  • アスト「卑猥です。それに同性愛など非生産的です」???「とりあえず鼻血を拭こうか」 -- AST (2012-08-26 17:26:16)
  • ナハト「さっきの仕返しだあ!」 ライル「うおっ!? お前どこ触ってやがる!?」 ノウ「はっ、はははは、変な所触んな」 -- 名無しさん (2012-08-26 17:31:48)
  • 玲愛「もうダメ………堪えられない(////;)」玲愛ダウン 一同『先輩!!;』 -- 名無しさん (2012-08-26 19:08:55)
  • とそこへ…… ガラガラガラ 蓮(女)「あれ、みんなどうした?」体にタオルを巻いた蓮(女)が入ってきた。 -- 名無しさん (2012-08-26 19:10:45)
  • 蓮(女)「…何やってんだ?」 一目すれば玲愛が鼻血出して倒れ、ルサルカ筆頭に皆が壁にはりつかんばかりに近づいて何人かは鼻血を垂らしている。 -- 名無しさん (2012-08-26 19:37:26)
  • マレウス「…………( ̄ー ̄)ニヤリ」蓮(女)を見て何かを思い付いた。 マレウス「ねえ蓮ちゃん♪」 蓮(女)「え?」 マレウス「女湯だっていうのに、タオルで隠すことはないんじゃない〜?」 -- 名無しさん (2012-08-26 19:42:50)
  • 司狼&マキナ「!?」 -- 案山子さん (2012-08-26 19:44:59)
  • 蓮(女)「え、ちょ…なんだその怪しい手つきは!?;」 -- 名無しさん (2012-08-26 19:47:48)
  • ルサルカ「なぁ~に。こっちを楽しませてくれてるお礼にあっちにもちょっとサービスしてあげようと思って」蓮(女)「サービス?」ルサルカ「こういうことよv」ルサルカが蓮(女)に飛び掛かった。 -- 名無しさん (2012-08-26 20:55:50)
  • 蓮(女)「キャアアアアアアアアアア!!!!?」司狼&マキナ「蓮(女)&兄弟!!」彼女の悲鳴に彼らは男湯と女湯を隔てる壁をぶち壊そうとするが、蓮「止めろこの馬鹿二人!!」 -- 案山子さん (2012-08-26 20:57:03)
  • 蓮は二人の足を思いっきり掴んで止めた。すると、二人の足元には都合よく石鹸があり、それを思いっきり踏んでうつ伏せ状態で宙に舞い、そしてそのまま・・・・・・司狼&マキナ「ぎゃああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!?」 -- 案山子さん (2012-08-26 20:58:31)
  • 床に頭を強打した。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:01:38)
  • そして、大事な部分も同時に強打していた。 -- 案山子さん (2012-08-26 21:02:58)
  • 咄嗟に男連中は皆一様に股間を押さえた。 -- 案山子さん (2012-08-26 21:03:24)
  • ヨハン「だ、大丈夫ですか~、司狼さん、マキナさん」 漣「大丈夫?」 青ざめた顔で二人を気遣う。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:05:22)
  • 『〜〜〜〜〜〜〜〜』肩を震わせている。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:07:48)
  • ガタガタ震える二人は、マジで芋虫のように悶えていた。 -- 案山子さん (2012-08-26 21:10:59)
  • 蓮「え、えっとあの………その………;」 -- 名無しさん (2012-08-26 21:12:28)
  • ライル「あんたらも普通の人間とは違うみたいだが、そういう弱点は変わらないんだな」 のんきに言うライルにプルプルしながら首を振る司狼とマキナ。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:13:41)
  • 蓮(女)「や、やめろバカ! タオルを引っ張んな!!;」 マレウス「良いではないか良いではないか〜」 -- 名無しさん (2012-08-26 21:16:45)
  • 救援に来るはずだったマキナと司狼の惨状をつゆ知らず、表情・言動ともにエロ親父化している魔女の毒牙が迫る。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:20:58)
  • マレウス「それ〜♪」 蓮(女)「ぎゃあああああああ!!!!(///□///;)」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-26 21:24:26)
  • 無駄に器用に動く魔女の手付きに、蓮(女)のタオルがはぎとられる…明らかにタオルはぎとり以外もしていたが。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:40:27)
  • エリー「まあまあ、女同士なんだからいいじゃな~い♪」 蓮(女)「耳元で喋るなあああああ!!!!(///□///;)」  面白がったエリーも加わる。 -- 名無しさん (2012-08-26 21:46:41)
  • マキナ「ぐっ……ぐぉ……し、死を……し、死の幕引きこそ……ゆ、唯一の救い」這い蹲りながらも、マキナは必死に右手を女風呂と隔てる壁へ手を伸ばす。……がなりグロッキーの状態で恐れ入る。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:04:57)
  • 蓮「待て、マキナあああ!? お前が壁に触れたら色々とまずい!?」 マキナ「…ぐぬぅ、例え…戦友の……頼みでも…兄弟…の危機…には……」 必死にマキナを押さえつける蓮。 -- 名無しさん (2012-08-26 22:10:16)
  • 香澄純「うわあ……! 蓮(女)ってば肌白〜い」 螢「いいえ、白いだけじゃないわ」 蓮(女)「ひゃあん!?;」 螢「凄くスベスベしてる……なにこれ赤ちゃん肌ってヤツ!?」 アスト「髪の毛もサラサラしてる。一体どんなシャンプーをしているの?」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-26 22:14:36)
  • マレウス「うっわ足細! てゆうか体全体が細い!!」 蓮(女)「ひゃう!!;」 香澄純「嘘でしょ………お腹とか全然脂肪摘まめない!!」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:17:22)
  • マレウス「ウエストとか凄い細いんだけど!?」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:18:27)
  • 螢「脂肪があるのは胸くらいかしら」 香純「どれどれ………」 蓮(女)「ひゃあああああああ!?;」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:19:56)
  • 香純「…………ふむ、櫻井さんより大きいとみた!」 螢「なんですって!?」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:21:14)
  • 螢「そ、そんなはずは………!」 蓮(女)「やああああん!?(///□///;)」 螢「…………………orz」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:23:14)
  • ゲオルギウス「……あ、アセトアミノフェン アルガトロパン アレビアチン エビリファイ クラビット クラリシッド グルコバイ」マキナ同様に苦しみながらも、彼も股間の衝撃に耐えながら手を伸ばす……何気に詠唱を噛まずに言えるあたり流石だ。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:24:08)
  • アスト「首筋とか、良い匂いがする。これは………フローラル系?」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:27:01)
  • マキナ「____ぐふっ」力尽きるマキナ。蓮「マキナぁぁぁぁっ!!?」司狼「くっ・・アイツの一番は俺だ・・・一番に裸を見るのも俺だ・・・」蓮「結局、テメェはノゾキが目的かよ!」次の瞬間、司狼の頭に桶が直撃した。司狼「ハイヤーッ!!」どっかの太子が額の湯飲みが刺さった時のような悲鳴を上げて沈む司狼。エリー「ふぅ・・・」香純「あわわわ・・・」エリーは黒い覇道を放ちながらオーラを出しながら桶を投擲したのだった -- AST (2012-08-26 22:27:47)
  • エリー「よく白魚のようっていう例えがあるけど、本当に綺麗な指してるわね」 マレウス「足は細いだけじゃなくて、スラリと長いわね〜♪」 蓮(女)「ちょ、ま!!;」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:30:04)
  • 螢「髪の毛を手ぐししていても全然引っ掛からないわ」 香純「腕も細いわ、こんな華奢な身体で今まで戦ってたの!?」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:33:36)
  • マキナ「……わ、我が救済者に……し、祝福を!!」だが、マキナは力尽きながらも、それでも手だけは伸ばし続けていた。そして、ついに――マキナ「し……し、し……至高の光はおのずから!その上に照り輝いて降りるだろう!!」彼の手が壁に……触れた。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:39:10)
  • 男性陣『わあああああああああああああああああああ!!!!!?Σ(゜□゜;)』 -- 名無しさん (2012-08-26 22:40:57)
  • 男共は一斉に浴場に飛び込んだ。見たら最後、確実に消滅されるからだ。子供たちはそのままだが。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:50:17)
  • ガシャーン!! 女性陣「!?Σ(゜-゜)」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:52:20)
  • 硝子が砕ける音と共に、彼女たちと男どもを隔てていた壁は崩落した。そして、そこには手を伸ばしたまま倒れ伏すマキナと、司狼の姿があった。ほかの皆は忍者が使う細い竹の筒で潜りながら潜水していた。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:54:28)
  • 女性陣「!!!!!!!!!!!!!?」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:56:27)
  • 漣「ふえ?なんでみんな隠れてるの?」イザーク(し、しまった!?置いてきてしまった!?) -- 案山子さん (2012-08-26 22:58:57)
  • マレウス「な、なんなのよこれえええええええええ!!!?;」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:00:38)
  • 蓮(ま、まあ当然の反応だよな;)お風呂の中で何とか隠れながら蓮は頷く。ベイ(っていうか、離れろ!せめえんだよってあぼぼぼぼ!)黄金(息を吸っていろ。血祭りにされるぞ) -- 案山子さん (2012-08-26 23:02:29)
  • 司狼「う、う〜ん………」そこでタイミング悪く、司狼が先に目覚めた。 -- 名無しさん (2012-08-26 23:04:52)
  • そして、起きた先には、エリー「おはよう司狼♪そしてさようなら♪」司狼「……へ?」眼前には彼女のマグナムではなく、彼愛用のデザートイーグルが握られていた。ちなみに、彼の銃は人間に撃てば簡単に胴体は吹っ飛ぶ代物なので、要注意。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:07:17)
  • ダアンッ!! 司狼「ぎゃあああああああ!!!?;」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:08:19)
  • 何故か死なず、そのまま壁へ吹き飛ばされたが、連射が続く。ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダアンッ!!ダダダダダダダダダダダダダアンッ!!!!!!何故か無限に打ち続けることが可能な彼の愛用。それはさながら、シュライバーの拳銃と同じである。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:10:37)
  • 司狼「ぎええええええええええええええ!!!!;」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:11:34)
  • アンナ「弾幕薄いよ!なにやってんの!」どこぞの艦長らしく言うアンナ。しかも、彼女が速攻で無くなる拳銃のシリンダーを無限に生成していた。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:14:37)
  • スプラッタな処刑が繰り広げられる横で、香純は漣に太陽のような笑顔で質問していた。香純「みんなが何処に居るのか知らないかな~?」あくまでも笑顔で、警戒されない様に -- AST (2012-08-26 23:15:46)
  • 漣「あっちで忍者ごっこしてるよ?」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:17:20)
  • 子供は素直である。大人なるという事は正直者から嘘吐きになる事なのかもしれない。だから大人は子供達に嘘はいけない事なのだと教えるのかもしれない -- AST (2012-08-26 23:19:24)
  • 全員(!?)黄金(急げベイ!!さっさと下を貫通しろ!!ではんくば、卿を供物にするぞ!!)ベイ(なんで俺なんすか!?っていうか、ツァラトゥストラが時を止めれば早いでしょうが!!)蓮(意識を裂けないから無理だっての!!) -- 案山子さん (2012-08-26 23:21:07)
  • お風呂の中では、目下ベイの杭下を掘りまくっていた。かなり深いため、お風呂もなくなってはいないのは、あの変態のお手製だからである。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:22:07)
  • 香純「そっか、ありがとうね♪」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:27:32)
  • ニコッ♪と微笑み、クルッと振り返り、無言のまま顎で浴場へ促し、右親指を立て逆さにする。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:30:25)
  • ベイ(っていうか、ハイドリヒ卿は別にボコられないからいいじゃないですか!!)黄金(ふむ、条件反射というものだ。今から出れば私とて叱咤は免れまい)水銀(私も出ればマルグリットに断頭台送りにされかねないため、出るに出れんよ。ほら、もう少し空間を広げてやるため、さっさと掘りたまえ。素潜りベイ君)亜空間と化しているお風呂の中で潜水する彼らであったが、全員(なんだ!?この悪寒は!?) -- 案山子さん (2012-08-26 23:31:14)
  • 湯船に入っているにも関わらず、背筋に寒気を感じた。 -- 名無しさん (2012-08-26 23:33:07)
  • そして、海底ほどまで深く掘りまくった男子諸君は上を見上げると、戦乙女が稲妻を纏っていた。笑みを浮かべながら。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:35:25)
  • 蓮(やべええええ!?) ヨハン(……) イザーク(ヨハン? …父上、ヨハンが水圧と呼吸困難で意識を失っています!?) -- 名無しさん (2012-08-26 23:39:44)
  • 黄金(なに!?) -- 14番目の黒円卓 (2012-08-26 23:41:04)
  • 戒(しかも仮にもここはお風呂、熱湯だ。ヨハンは僕らとは異なり、普通の一般人なんだ。もし仮にここで彼女の雷撃を食らったら!?)ベイ(ま、確実に死ぬだろうな……って、ハイドリヒ卿!?) -- 案山子さん (2012-08-27 00:06:15)
  • ベアトリス「天ちゅ・・・」黄金「よさんか。ヴァルキュリア」気を失ったヨハンを抱き上げながら特大の威圧感を発して雷撃を放とうとした戦乙女を黙らせる。 黄金「卿の怒りはもっともだが我を見失うな。この湯には常人も浸かっている。ここで雷撃を放てばどうなるか考えてもみたまえ」その指摘を受けたベアトリスはハッとなって稲妻を引っ込める。 -- 名無しさん (2012-08-27 02:41:07)
  • 一人だけ亜空間と化した風呂からヨハンを抱えて出てきたハイドリヒ。そのままヨハンを介護すべくバビロンを見る。黄金「バビロン、命令だ。ヨハンを介抱しろ」リザ「あ、はい」何気にハイドリヒ卿、全員の裸を見ても動じない辺り、流石だ。そして、そんな彼に女性陣は手を出そうとは思わなかった。 -- 案山子さん (2012-08-27 08:06:52)
  • ベイ(ハイドリヒ卿はセーフかよ!?;) -- 名無しさん (2012-08-27 08:37:37)
  • 水銀(ふむ、獣殿が無事なら私が出ても問題あるまい)蓮(いやお前でたら真っ先に滅尽滅相されるだろ!?) -- 案山子さん (2012-08-27 08:43:51)
  • ベイ(おいこらイザーク。てめえも出てけ)イザーク(……父様が無事でも私まで無事という保証がないだろ)ベイ(安心しろ。オレらよりかは安全だろ)蓮(まあイザークはな)水銀(害はないしな)イザーク(……まあ、ヨハンも気になる。私は浮上するが、クラフト。皆を転移させておけ。でなくば、ザミエルたちの集中砲火を風呂の真上から喰らうハメになるぞ) -- 案山子さん (2012-08-27 10:00:40)
  • 水銀(ふむ、後の追及はあるだろうが、それが最善だろうね。マキナとゲオルギウスは助けられんが、彼らには自分で後始末をつけてもらおう) -- 名無しさん (2012-08-27 10:32:28)
  • そう告げて徐に魔方陣を展開させ、風呂の中にいた蓮・ベイ・戒・そして水銀だけを転移させた。その後、イザークは浮上し、イザーク「ぶはっ!はぁ……はぁ……」 -- 案山子さん (2012-08-27 10:34:16)
  • 浮上したイザークに女性陣の視線が一斉に集まる。 イザーク「(…視線が痛い)父上、ヨハンの具合は」 女性陣をみないように地面だけを見て、ヨハンの事だけを気にかける。 -- 名無しさん (2012-08-27 10:37:48)
  • 黄金「ふむ……命に別状はないようだ。今バビロンが看病をしているが、ヨハンは皆と違い普通だ。故に、慎重に見なければな」香純&玲愛(私たち、普通なんですが;)玲愛はゾーネンキントという枠組みにいるが、素体は単なる一般人だ。ほかの彼女たちみたいにエイヴィヒカイトなどを有してはいない。 -- 案山子さん (2012-08-27 10:52:38)
  • イザーク「よかった……ヨハンが無事で」安堵のため息を零すイザーク。 -- 案山子さん (2012-08-27 11:09:28)
  • 所で諸君ら、忘れてはいないだろうか?ここは風呂で裸だという事を・・・・人体の黄金比と言われる黄金の裸体が普通に晒されていた -- AST (2012-08-27 11:12:16)
  • ザミ「!?△◎%&#$●◇!?」バタンッ!!リザ「ちょ!?エレオノーレ!?あなたどうしたのよ!?」黄金「ん?どうしたザミエル」倒れたザミエルに接近する黄金様。ちなみに、彼の人体が黄金比と称されるとおり、彼の逸物もまた黄金なのだ。 -- 案山子さん (2012-08-27 11:16:40)
  • 黄金の黄金が黄金状態で無かっただけまだ良かったのだが…いや、ザミエルにとっては黄金状態の方が良かったか? -- 愛の伝道師? (2012-08-27 11:38:25)
  • ザミエル「----------------」バターン!! -- 名無しさん (2012-08-27 11:43:24)
  • リザ「エレオノーレェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!!!!!?」ついに、ザミエルは失神した。だが、なぜかその表情は恍惚としており、鼻血も出していた。 -- 案山子さん (2012-08-27 11:44:40)
  • 黄金「むっ、どうしたザミエル? 湯当たりでもしたか?」 ザミエルが失神した原因にまるで気付かない黄金。 -- 名無しさん (2012-08-27 12:21:21)
  • ライル&ノウ「もう無理、ゴホッゲホォ」水銀に(意図的に)忘れられた二人。ナハト&ベルゼバブ「なんだ、でてきたのかwww」と笑うために漣の影から出てくる悪魔(ぬいぐるみ) -- 愛の伝道師? (2012-08-27 12:25:41)
  • ライル「くそ、あの蛇野郎」 ノウ「俺達だけ置いていきやがった…」 -- 名無しさん (2012-08-27 12:29:23)
  • 天使ちゃん(⌒ー⌒)「…ふふ」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 12:30:58)
  • 悪魔のような天使の笑顔で出迎えてくれました。 -- 名無しさん (2012-08-27 12:33:34)
  • ライル&ノウ「!!?Σ(゜□゜;)」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-27 12:51:52)
  • ……水銀「あ」蓮「どうしたんだ?」水銀「何かを忘れてきたような……気のせいか」ベイ「今は脱出できたことに安堵しようぜ」戒「そうだね」彼らは現在、別の銭湯でのんびりしていた。 -- 案山子さん (2012-08-27 13:03:35)
  • ちなみにいまだ気絶していたマキナはというと・・・・・ -- 名無しさん (2012-08-27 13:11:18)
  • 蓮(女)「マキナ! しっかりしろマキナ!!;」 蓮ちゃんが介抱していた。 -- 名無しさん (2012-08-27 13:12:22)
  • ただ、ここは風呂場で彼女はマレウスに剥がされた状態。すなわち……マキナ「……ぅ。こ、ここは……ッ!?」蓮(女)「ああ、マキナ!起きたか!」膝枕状態で起きたマキナは目の前の光景に絶句し、蓮(女)はそれに気づかず安堵していた。 -- 案山子さん (2012-08-27 13:15:37)
  • 赤いオイルが体の節々からあふれ出す!! -- 愛の伝道師? (2012-08-27 13:16:18)
  • 蓮(女)「ぎゃあああああああああ!!!!?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 13:17:42)
  • 香純「ちょっと!?マキナさん、血血血血、血が!?」螢「え!?」 -- 案山子さん (2012-08-27 13:20:23)
  • マキナ「・・・・・・・・・すごく・・・・・・・・・・一撃必殺です・・・・・・・・・」ガクッ  蓮(女)「マキナがまた死んだあああああああああ!!!!(;□;)」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-27 13:22:35)
  • アンナ「……なんか、この浴場血で染め上がってるわね;」 -- 案山子さん (2012-08-27 13:26:25)
  • エリー「…流石にこれ以上は必要ないかな;」 浴場のお湯と混ざっているとはいえ、マキナの出血量は尋常なレベルでは無かったので流石に女性陣もマキナへの制裁は控える事にした。 -- 名無しさん (2012-08-27 16:00:53)
  • 司狼「助かった…」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 16:06:19)
  • エリー「あら、あんたには何がどうしてこうなったのか教えてもらわなきゃならないのよ、みっちりとね」 凄絶に笑うエリーの後ろに般若が見えた、と後に司狼は述懐している。 -- 名無しさん (2012-08-27 16:10:30)
  • 司狼「ひィ!?い、いやな。そ、そっちで蓮(女)が悲鳴を上げたもんだからよ。俺としちゃあそこのBBAにやましいことをされると察してだな」エリー「んで、壊したと」司狼「いやいや銃口を俺に向けんなよ(^_^;)俺は力尽きて死んだぜ?あと、お前の桶が直撃して」香純「続きを」いつの間にか女性陣が彼を囲っていた。急に彼は一物を隠したまま正座し、司狼「ん、んでよ……危ないって思ったら、そこのムッツリがやらかしたんだよ(^_^;)な?こ、これで俺じゃねえってのが分かんだろ?そこのムッツリ叩き起こせば全て解決だぜ?」 -- 案山子さん (2012-08-27 16:17:08)
  • 蓮(女)「死ぬかもしれないのに助けに来るなんて・・・そんなに俺の事心配してくれたのか・・・」司狼「あれーっ!!?反応違くね!?」 -- AST (2012-08-27 17:53:19)
  • アンナ「所詮噛ませ犬は噛ませ犬のままってわけね」ベア「クラフト流でいうと」螢「負け組みですね」 -- 案山子さん (2012-08-27 18:05:05)
  • 司狼「い、言うなあああああああああ!!!!(T□T)」 -- 名無しさん (2012-08-27 18:47:16)
  • ガチで泣く司狼。不能不能勃たない勃たないと言われ続けた挙句、最後はこの仕打ちだ。泣きたくなるのも当然だろう。 -- 案山子さん (2012-08-27 19:56:02)
  • 司狼「なんで!? ねえなんで!? なんで俺いっつもこんな扱いなわけ!!?」 -- 名無しさん (2012-08-27 19:58:00)
  • 螢「あら?言っていいの?」香純「真実って時に残酷なモノなのだよ?」アンナ「それでも」螢&香純&アンナ「知りたい?」 -- 案山子さん (2012-08-27 19:59:15)
  • 司狼「な、なんだよその言い回し!?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 20:04:46)
  • アンナ「私が言ってもいい?」妖艶な笑みを浮かべる彼女。だが、司狼の背筋が凍りついた。なんか……ヤバイと感じ取っていたからだ。エリー「あたしが言ってあげようか?慈悲で」 -- 案山子さん (2012-08-27 20:06:57)
  • 司狼「ちょ、あの!?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 20:10:49)
  • エリー「司狼、いい?一回しか言わないからよ~~~~~く聞いてね?」 -- 案山子さん (2012-08-27 20:51:46)
  • 司狼「!!!?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 20:52:32)
  • アンナ「はいはい耳を塞げないように創造創造っと♪」咄嗟に耳を封じようとする司狼の先を読んだアンナは、得意の影をしようして動きを封じた。 -- 案山子さん (2012-08-27 20:57:02)
  • 司狼「ぬお!?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 20:57:44)
  • 香純「ほら司狼動かないで」螢「動かないほうが身のためよ」さらに司狼の両腕を二人の怪力美女が抱き付く。香純「うりうり♪どうよ、幼馴染で巨乳で美女に抱きつかれた感想は?」司狼「誰が?どこに?美女が?いるんだ?あァ!?」 -- 案山子さん (2012-08-27 21:22:41)
  • 女性陣「……………ブチッ」 -- 名無しさん (2012-08-27 21:33:04)
  • 黄金「ヨハンとイザーク、そして漣君も出ていようか」漣「え?なんで?」黄金「付いてくるといい、アイスなどを食べさせてあげよう(エイメン)」何気に子供たちを安全圏に逃がすため連れて行く最中、彼は心で合掌してから出て行った刹那、司狼「ポピイイイイイイイイイイイイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!?」 -- 案山子さん (2012-08-27 21:42:17)
  • …アスト「(⌒ー⌒)」ノウ「;;;」&リル「(⌒ー⌒)」ライル「;;;;;;」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 21:51:50)
  • さて、今二人はマッパの状態で現在正座を強制的に強いられ、二人の少女たちの手には漆黒の棘が生えている鞭が握られていた。 -- 案山子さん (2012-08-27 21:53:29)
  • アスト「………なにか言うことはある?」 -- 名無しさん (2012-08-27 22:06:09)
  • ノウ「いや;」 -- 案山子さん (2012-08-27 22:13:34)
  • リル「言うことはある?」シュパン!鞭が唸る。 -- 案山子さん (2012-08-27 22:18:58)
  • ライル「リルサン、トテモキレイデス」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 22:25:27)
  • アスト&リル「他には?」シュパパパン!!鞭がビュンビュン!!唸る。 -- 案山子さん (2012-08-27 22:27:24)
  • ノウ「ショウジキ、メノヤリバニコマリマス」 -- 名無しさん (2012-08-27 23:04:15)
  • ライル「ウツクシスギテ、クラクラシテマス」 -- 案山子さん (2012-08-27 23:19:55)
  • アスト&リル「誠意が感じられない!!」 シュパパパパパン!!!鞭が一際激しく唸り、地面をえぐり取る。 ライル(あぶねえ…) ノウ(こんなんで死にたくねえよ…) -- 名無しさん (2012-08-29 11:25:31)
  • ライル「(こうなったら…)」ライルは立ち上がりリルを押し倒した。(一体どういう思考回路をしているのだろう?)リル「きゃっ」ライル「誠意が感じられないって言ってたろ。…これが俺なりの精意だ。」ライルのデスサイズに力が漲っていた。 -- 愛の伝道師? (2012-08-29 11:31:57)
  • ノウ「どうしてそうなんだよ!?」 声を張り上げて突っ込む。 -- 名無しさん (2012-08-29 11:40:20)
  • リル「ら、ライル!!?(///□///;)」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-29 11:48:26)
  • アスト「周りの目を気にもせずに襲いかかるとは…何という剛の者」 何かズレタ関心をするアスト、その視線はしきりにノウを見て何やら期待するような色合いを含んでいた。 -- 名無しさん (2012-08-29 11:55:24)
  • ノウ「!!?;」 -- 名無しさん (2012-08-29 15:26:00)
  • ノウ(物凄いみてる!? いくらなんでも人前で○○○出来るわけねえ、どうすればいいんだ?) その時彼の脳内にいくつかの選択肢が現れる。 ノウ(1.ハンサムなノウ・クライストは素晴らしい話術を発揮し問題無くこの場を納める。2.サタナイル辺りが乱入して助けてくれる。3.どうにもならない、エロ本展開である) -- 名無しさん (2012-08-29 15:57:09)
  • アスト「ノウ…………」 -- 名無しさん (2012-08-29 16:56:00)
  • ノウ「アス」ライル「!!!誰だ!!覗きか?!」???「…私に気付かなかったお前の落ち度だろう。」 -- 愛の伝道師? (2012-08-29 19:19:54)
  • その存在が姿を現す。そしてその存在とは・・・・・ -- AST (2012-08-29 21:36:21)
  • ライル「サタナイル!!」 -- 名無しさん (2012-08-29 22:45:34)
  • アスト&リル「マ、マスター!?(///□///;)」 ライル「てめぇ、また・・・」明星「先程、なぜか素肌をさらしたままの男たちに惨劇が起きる前に事態を収拾してきてくれと頼まれてな。詳しい話を聞こうにも「説明している時間はない。行けばわかる」との一点張りでな。こちらも首を傾げるしかなかったが・・・こういうことだったか」 -- 名無しさん (2012-08-29 22:54:52)
  • 明星「水銀が言っていたな、愛娘を嫁に出す父親の気持ちになれると。ああ、こういう気持ちだったのか・・・・」ライル・ノウ「「それ誤解!」」リル・アスト「あ゛?」ライル・ノウ「「すいませんでしたァァァァッ!!」」完全に嫁の尻に敷かれている二人であった。 -- AST (2012-08-30 01:41:18)
  • ……その頃銭湯にて。 水銀「…あちらは一件落着といったところかな」 蓮「何か言ったか?」 コーヒー牛乳を飲もうとしていた蓮が水銀の様子をいぶかしむ。 水銀「いや、瑣末事よ。ああ、私はフルーツ牛乳を頼むよ」 -- 名無しさん (2012-08-30 01:55:38)
  • ベイ「俺は牛乳でいいぜェ」戒「僕はコーヒー牛乳でお願いするよ」蓮「はいよっと」置いてあったそれぞれの飲み物を皆に渡すと、全員が親指で蓋を外抜くとポンッ!!と空気が抜ける良い音がし、そしてすかさず左手を腰に当て、全員『頂きます』男らしく言ってから一気に飲んだ。 -- 案山子さん (2012-08-30 02:46:39)
  • 黄金「おや、やはりここにいたか」 -- 名無しさん (2012-08-30 11:04:25)
  • 水銀「子供達はどうしたね?獣殿」 -- 愛の伝道師? (2012-08-30 21:11:06)
  • 黄金「なに、バビロンに頼んで先に帰らせた」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-30 22:08:35)
  • 蓮「時間も遅いしな、子供は寝る時間か」 水銀「私達はまだ眠るには早いし、このまま帰ってもマルグリット達の追及が待っているだろう」 ベイ「…どっかで時間つぶすか、この辺に朝までやってる居酒屋かバーの場所知ってるか?」 戒「未成年もいるのに、お酒はどうかと思いますが」 蓮「あ~だったらカラオケでも行きますか?」 -- 名無しさん (2012-08-31 00:21:01)
  • 水銀「私はマクドナ○ドを希望する。…生憎私が唄っても嬉しがるものが居そうにないのでねwww」 -- 愛の伝道師? (2012-08-31 15:49:19)
  • 全員『そりゃそうだ』水銀「…少しぐらい否定してくれても良いのではないかね?」 -- 名無しさん (2012-08-31 17:13:04)
  • ベイ「あいつは置いといてだ、俺は別にカラオケでも構わねえぜ」 戒「歌に自身は無いけど、僕も異論は無いかな」 黄金「私も問題ないぞ」 蓮「じゃあ、水銀はマ○ク。俺達はカラオケ行くか」 -- 名無しさん (2012-08-31 18:25:47)
  • 水銀「………ガーン。仕方ない、ビリヤードでトリックショットでも開発しようかな…(;_;)」 -- 愛の伝道師? (2012-08-31 22:43:54)
  • …その頃、銭湯をあとにした女性陣+α リザ「いろいろあったけど、いい湯だったわね」 -- 名無しさん (2012-08-31 22:50:06)
  • ルサルカ「宿の温泉は駄目になっちゃったから、その代りだったけど。銭湯もいいものね~♪」 上機嫌のルサルカ。 -- 名無しさん (2012-08-31 22:53:39)
  • 玲愛「藤井君たちはどこ行っちゃったのかしら」 -- 名無しさん (2012-08-31 22:55:09)
  • リザ「さっきの事もあるし、あっちも気まずいんでしょう。宿で待っていればそのうち帰ってくるわよ」 -- 名無しさん (2012-09-01 13:58:24)
  • 螢「そうかしら」 -- 名無しさん (2012-09-01 14:01:08)
  • 漣「・・・・・・」リザ「どうしたの?」漣「リザさんのオッパイ大きい~」そう言って彼女の胸に顔をうずめる漣。漣「柔らか~い♪」リザ「ふふ・・まだまだ甘えんぼさんなのね・・・」螢・ベア・玲愛・ルサルカ「・・・・・・・」無言で己の胸を見る一部の女性陣。イザーク(見ないぞ・・・絶対見ないぞ・・・)ヨハン(うう・・・恥ずかしいよ)金の双子は目を瞑ったり明後日の方向を見ながら女性陣の裸体を見ない様にしていた。その様子は弄り甲斐のありそうだ -- AST (2012-09-01 16:47:11)
  • 一応、女性陣は浴衣を着ているが、体のラインがくっきりと浮き出ていた。その上、風呂上がりで赤みがかった肌は普段よりも色気を醸し出している。幼すぎる漣はともかく、双子の少年には刺激が強すぎた。 -- 名無しさん (2012-09-03 01:05:54)
  • ヨハン「あれ?」 イザーク「どうした、ヨハン?」 ヨハン「あそこにいるのメルクリウスさんじゃない」 イザーク「…ほんとだ」 一人でマクド○ルドにいたメルクリウス。ハンバーガーを食べつつ、携帯電話で何かを調べているようだった。 -- 名無しさん (2012-09-08 00:33:47)
  • イザーク「・」流石にヨハンをこの集団内に置いておくのはどうだろう?う~ん、ていうか私も嫌だな何となく。ともすれば普段は嫌がっているがメルクリウスの方がまだましなのかもしれない。何故か服装も普通だし。よしマクドナルドに(気付かれないように)いくとしよう。…という思考を僅か・の間に行ったイザークは直ちに行動に移した。 -- 愛の伝道師? (2012-09-08 12:31:14)
  • 水銀(ふ~む。この辺りには朝までビリヤードが出来る店は無いな。まあ、二時までやっているこの店に行ったあとは宿に戻るか。流石にマルグリット達も夢の中だろうし……いや、念のために漫画喫茶でも行くべきか) -- 名無しさん (2012-09-08 22:42:02)
  • イザーク「バレテないな?」ヨハン「多分…皆、からおけ、に入って行ったよ」イザーク「よし…<カラーン>」店員「いらっしゃいませー」イザーク「おい、カールクラフト」水銀「(悩むな~漫喫に行ってもマルグリット本ないだろうしな。うーんダーツとかどうかな~)」 -- 愛の伝道師? (2012-09-08 23:57:04)
  • 今夜の予定を考え込んでいた水銀はイザークの呼びかけに気づかない。 -- 名無しさん (2012-09-09 00:27:48)
  • イザーク「カールクラフト!」無視されたのかと思い、声を張り上げて袖を引く -- 名無しさん (2012-09-09 02:28:29)
  • 水銀「?なんだ…イザークか・・・・・・?!!!!」テーブルの下に隠れて周囲を窺うゴキ…水銀。どうやら、女性陣を警戒しているようだ。 -- 愛の伝道師? (2012-09-09 13:32:31)
  • イザーク「…そんなに怯えるな。私達しかいないよ」 水銀「いや、ビビってなどいないからね? 何か勘違いしているようだが真実はきちんと…」 イザーク「あっ、ザミエルだ」 水銀「!?」 ヨハン「消えた!?」 イザーク「…いや、天井に張り付いているだけだ」 -- 名無しさん (2012-09-09 14:22:00)
  • 天井に忍者をも凌駕する速度と隠れ技術でやり過ごす彼。……女性陣に会えば、あの男湯にいた彼(逃がした張本人)ということで、文字通りのBBQ(血祭り)にされるからだ。さながら、彼は蜘蛛のようだ。 -- 案山子さん (2012-09-11 00:32:40)
  • 水銀「キョロキョロ)…居ないではないか。イザーク、余り大人をからかうものではないな。いくら獣殿の息子といえどそれなりの躾が必要かな?」 イザーク「…その体勢でいくら凄もうと正直怖くないぞ。嘘をついたのは謝罪する、すまん」 水銀「…いささか敬意にかけるがまあよかろう」 -- 名無しさん (2012-09-11 01:22:27)
  • スタッ、と床に着地するG……ではなく、水銀。 -- 案山子さん (2012-09-11 12:13:16)


  • 編集を完了しました。 -- 管理人 (2012-08-23 16:42:05)
  • ↑ありがとうございます、お疲れ様です。 -- 名無しさん (2012-08-23 16:43:37)
  • 司狼も練炭好きなの解るが、たまにはエリーにサービスしようぜ。……そしてアストたんはまだか -- 名無しさん (2012-08-26 11:54:31)
  • 名無しさん (2012-08-29 11:25:31)と14番目の黒円卓 (2012-08-29 11:48:26)と名無しさん (2012-08-29 15:57:09)と名無しさん (2012-08-29 16:56:00)へ パラロスのキャラクターたちの口調や呼称が誤ってるのでこちらで直してよろしいでしょうか?おそらくパラロス未プレイのせいで起きてしまったことなんでしょうけど・・・キャラ壊れを考慮してもさすがにこういうキャラじゃないというのが多いので。治すのは口調や呼称などだけですので内容自体は変えないのでご安心を。 -- 管理人 (2012-08-29 19:11:29)
  • ↑とりあえず、パラロスのプレイ動画はここに・・・ http://www.nicovideo.jp/mylist/6076752 -- 管理人 (2012-08-29 19:13:54)
  • ノウガオトコマエデスネ -- 愛の伝道師? (2012-08-29 19:52:10)
  • マ○ク?マ○ド、だろう。 -- 愛の伝道師? (2012-08-31 22:47:37)
  • ↑マッ○ってことじゃない? -- 名無しさん (2012-09-01 01:07:50)
  • 歌の王子様が三人いる状態でカラオケか、ベイがぶっちぎりな気がする -- 名無しさん (2012-09-01 16:01:09)
  • カールが貧乏くじを引く気がしてきたのは気のせいか? -- DIOさん (2012-09-08 23:12:16)
  • 獣殿のカリスマが天元突破!! -- DIOさん (2012-09-14 07:28:45)
  • 俺は奥手のマキナが即、そういう行動に出ないと信じてる。 -- 名無しさん (2012-09-15 06:56:22)
  • 男が奥手でも女が奥手とは限らないよ? -- 愛の伝道師? (2012-09-15 19:12:42)
  • 据え膳食わねばなんとやらですね。わかります -- 名無しさん (2012-09-15 19:14:23)
  • 子連れ狼ならぬ子連れマッキー・・・・ -- AST (2012-09-15 22:24:27)
  • 誰か関連付けお願い致します。 -- 案山子さん (2012-10-07 14:09:33)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。