Dies irae 始まるよ!コスプレメイド喫茶♪ 2話

  • 水銀「さてヴァルキュリア、今こそ君の魔名を活かすときだ」 -- 名無しさん (2012-08-23 22:24:08)
  • 彼女の魔名、それは戦乙女。北欧神話にて、神の戦争に参加させるべく死した英雄を神界へと導く女神のこと。 -- 名無しさん (2012-08-23 22:31:50)
  • 水銀「この修羅場(せんじょう)を君の光で照らしたまえ。といっても、見本がなければ難しいか。ならば……マルグリット。耳を貸してくれたまえ」 -- 案山子さん (2012-08-23 22:42:25)
  • マリィ「なに?」 -- 名無しさん (2012-08-23 22:55:31)
  • 近寄ってきたマリィの耳元へ口を寄せ何かを吹き込み、マリィ「?そんなんでいいの?」水銀「ああ、ただし言われた通りにやっておくれ。そうすれば、君が手本にして至高というのが分かるだろうから。ね」マリィ「うん。分かった」 -- 案山子さん (2012-08-23 22:58:10)
  • 一同(なんかろくでもない予感が……) -- 名無しさん (2012-08-23 22:59:19)
  • マリィ「御帰りなさいませ、ご主人様。先にお食事にしますかぁ?それとも、お背中流しましょうか?<背中に回り込み来ている上着を脱がせ(ついでに胸を押しつけながら)>…もしかして、私を頂きますか♡」 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:02:31)
  • 対象はもちろん藤井蓮である。 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:02:53)
  • 蓮「ごはあ!!!?」吐血 -- 名無しさん (2012-08-23 23:03:55)
  • 効果は覿面だった。 -- 案山子さん (2012-08-23 23:04:36)
  • 水銀「見たかね!?」 興奮し過ぎて、身体の穴という穴から出血する水銀。 一同『ひいっ!!?』 -- 名無しさん (2012-08-23 23:06:21)
  • マリィ「きゃああああ蓮!!!?;」 蓮「……すごく……一撃必殺です……」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:06:46)
  • 吐血して倒れた蓮は、天上たる至福を得たと言わんばかりの笑みを浮かべ、へへへっ、と笑っていた。 -- 案山子さん (2012-08-23 23:07:58)
  • 水銀「…マルグリットは希望するならVIPルームを使ってもいいと思うな。というわけで、ハイドリヒはザミエルに、ヴァルキュリアはトバルカインに。これでいい勝負だろう。」 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:08:29)
  • ザミエル「なん……だと……」 ベアトリス「………勝った」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:10:18)
)
  • マキナ「結局何が勝敗を決めるかわからないんだが」 水銀「あれを見て解らんとは何たる愚知蒙昧!!! 主人に少しでも心地よくなってもらおうと真心こめて誠心誠意誠実に奉仕しようという慈愛の心!!! これこそ至高! これこそ究極!! これが女神!!! 美しいぞマルグリットおおおおお!!!」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:11:31)
  • 黄金「<バキッメキッゴシャッゲシッ>つまり、基準としては出血量という事かね?」 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:13:18)
  • 水銀「……………げふ」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:14:28)
  • 水銀「…少し違うな、出血は喜びの表現の一種に過ぎん。そこで取り出したるはこの渇望カウンター。人がどのような感情を抱いているかを大雑把に読み取る装置だ、これでもっとも主人の快を引き出す奉仕が出来た者を勝者とする」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:16:46)
  • 黄金「ほう……」 戒「え〜………;」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:17:42)
  • ベア「あの~」水銀「何かな?」ベア「奉仕っていうと……アレですか」頬を赤らめて言うベアトリス。 -- 案山子さん (2012-08-23 23:19:23)
  • 水銀「君は頭に蟹味噌が詰まっているのか?ここは真面目になるべきではないかね?」 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:20:36)
  • ベア「そ、そうですね……あはは」ザミ「まったく……下らん」 -- 案山子さん (2012-08-23 23:22:58)
  • 水銀「ふふふ……( ̄ー ̄)ニヤリ」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:23:46)
  • 水銀「下らんという事は無いと思うよ。二人きりの状況下で相手が自分をどう思っているかも推測できるからね。まあ、あくまで大雑把にだが」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:25:49)
  • ザミ「……!?」 -- 案山子さん (2012-08-23 23:27:20)
  • 水銀「ところで、ザミエル。不用意過ぎるなぁ~( ̄ー ̄)」ザミエル「?」黄金「何が下らないのでしょうか、エレオノーレ様」 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:28:02)
  • ザミエル「!!!!!?Σ(゜□゜;)」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:31:25)
  • ふと、彼女が横を見ると、恭しく頭を下げる黄金がいた。 -- 案山子さん (2012-08-23 23:33:23)
  • ザミエル「はははははハイドリヒ卿おおおおおおおおお!!!?; いいいいいいかがなされたのですかああああああ!!!!!?Σ(///□///;)」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:35:11)
  • 全員(滅茶苦茶動揺してんな、おい) -- 案山子さん (2012-08-23 23:37:29)
  • 水銀「なにを言うザミエル、もう勝負は始まっているのだ」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:41:09)
  • ザミ「なんだと!?」 -- 案山子さん (2012-08-23 23:43:11)
  • 黄金「おや、どうなさいましたか。もしや、熱でもあるのでは…失礼します。」黄金の君は日常でやるような額同士の接触による体温計測をした。 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:47:37)
  • ザミ「!?△◎%&#$●◇!?」 -- 案山子さん (2012-08-23 23:52:15)
  • 黄金「ふむ、少し熱いですね」 -- 名無しさん (2012-08-23 23:55:09)
  • 黄金「では。」すると黄金は主人を持ち上げた。お姫様だっこという奴である。 -- 愛の伝道師? (2012-08-23 23:58:28)
  • 司狼「ヒュ~♪ヒュ~♪いよ色男、お似合いだぜ!」マキナ「……ザミエルのあのような羞恥心で満たされている顔もレアだが」リザ「ええ、なんていうかハイドリヒ卿のあの姿勢に佇まい」ベイ「なんであんなに完璧なんだ?」エリー「ソレの招待はこれだよ♪」皆の疑問にエリーが懐から一冊の本を取り出した。それには、全員「『これを一発であなたも立派な執事。完璧にして主人に尽くすあなたに主人はメロメロ。執事の心得、教えます』だと?」 -- 案山子さん (2012-08-24 00:01:40)
  • 蓮(女)「どうしたんですかこれ?」 -- 名無しさん (2012-08-24 00:04:45)
  • エリー「ああこれ?なんか一時私が担当してたお医者さんにね?『私を救ってくださったお詫びに』って渡してくれたの」マキナ「……どんな容姿の者だったんだ?」エリー「え~とね。褐色肌に白髪をしてて、目が鋭くて怖い感じがあるんだけど、なんか身のこなしが違うっていう、なんか不思議な人だったよ。まあ複雑骨折を僅か二日で完治させてるから、十分異常なんだけどね」 -- 案山子さん (2012-08-24 00:10:31)
  • 蓮「誰だよそれ…まさかあんたの変装とかじゃないよな?」 水銀「何もしておらんよ。何でもかんでも私のせいにしないでもらいたいね」 -- 名無しさん (2012-08-24 00:13:08)
  • アンナ「どれどれ……」ページをめくってみる。 -- 名無しさん (2012-08-24 00:15:20)
  • そこには、その白髪の男がモデルらしく、執事服を着ている姿があった。 -- 案山子さん (2012-08-24 00:17:43)
  • ベイ「ほう?」シュライバー「確かに本だから分かりにくいけど」マキナ「この身体、普通ではないな」蓮「鍛えているとかじゃなくてか?」司狼「ありゃ多分違ぇだろ。俺も一回見たことあるけどよ。普通の一般人にしてはこいつら寄りの匂いがしたぜ?」アンナ「まあそんなことよりも、色々書いてあるわね」 -- 案山子さん (2012-08-24 00:19:43)
  • ペラペラめくると、たくさんの記事と執事としての心構えなどがどっさり書き込まれていた。マキナ「ん?」ベイ「おい、どうした?」マキナ「………………」無言で本の「ある」部分を指した。 -- 案山子さん (2012-08-24 00:36:32)
  • 瞬間、エレオノーレ「もう無理…ぶふぁ!!」その本は大量の血で真っ赤に染まってしまった。これはこれで一つの聖遺物になるのではないかという位に夥しい量に血を吸った。 -- 愛の伝道師? (2012-08-24 03:35:58)
  • 黄金「おやおや、大丈夫ですか?お姫様」エレ「おおおおおおおおおおおお姫様あああああああああああ!!!!!?Σ(///□///;)」 -- 案山子さん (2012-08-24 07:45:57)
  • 全員(ええええええええええええ!?;) -- 名無しさん (2012-08-24 08:06:36)
  • アンナ「ちょちょちょっと!!大事な部分見えないじゃない!!」ベイ「あ~あ」シュライバー「べっちゃりだね~」マキナ「…………」蓮「けどlなんて書いてあったんだ?マキナ」司狼「あんたはそれが真っ赤に染まる前に見たんだろ?」 -- 案山子さん (2012-08-24 08:14:34)
  • マキナ「…………」なぜかだんまりになる。 -- 名無しさん (2012-08-24 08:42:22)
  • 蓮「マキナ?」司狼「おいムッツリ。教えろよ」ベイ「気になるだろうが余計に」シュライバー「マッキー教えてよ~」マキナ「…………;」アンア「マキナ卿?」エリー「えー……ごほん」咳払いをしてエリーが周囲の視線を集める。エリー「それはね、極意とも呼べるものがあったのよ」 -- 案山子さん (2012-08-24 17:43:47)
  • ベイ「極意だぁ?」エリー「簡単に言うとね……」悶絶しているザミエルに聞こえないように小声で、エリー(ツンな人ほど落とせる最強テクニックが満載なのよ。まあちゃんと執事のこともあるけど、ね) -- 案山子さん (2012-08-24 17:49:07)
  • 全員(ツンな人ほどおとせる……?) -- 名無しさん (2012-08-24 17:51:17)
  • 皆が一様に首を傾げるが、エリーは、エリー(ちっちっち、甘いわね。いい、執事ってのはそもそも何?はい白い蝋燭さん) -- 案山子さん (2012-08-24 18:09:29)
  • ベイ(あ? 俺? ………強いて言えば使用人じゃねえの?) -- 名無しさん (2012-08-24 18:13:40)
  • エリー(はい外れ。期待通り過ぎてお姉さん泣きそう……(笑) -- 案山子さん (2012-08-24 18:15:20)
  • ベイ(んだとゴルァ!?) -- 名無しさん (2012-08-24 18:17:29)
  • エリー(はいじゃあ次♪エントリーナンバー2番さんの鋼鉄ムッツリ鈍感さん) -- 案山子さん (2012-08-24 18:18:52)
  • マキナ(……主人に尽くす存在)エリー(ん~テンプレな回答ありがとう。まあそこの蝋燭さんよりマシだから良しだわ♪)ベイ(かつてどこかで) -- 案山子さん (2012-08-24 18:23:46)
  • 蓮(女)(落ち着け;) -- 名無しさん (2012-08-24 18:26:47)
  • ベイ(うるせえ! なめられっぱなしでいられっかあ!!) エリー(ホントにチンピラ思考ね君は) -- 名無しさん (2012-08-24 18:28:34)
  • エリーはいじゃあ気を取り直して、エントリーナンバ3番のロリの格好で誤魔化しているBBAのあなた)BBA(ものみな眠るさ夜中に) -- 案山子さん (2012-08-24 18:34:17)
  • 蓮(落ち着けアンナ!!;)アンナ(離してレン君!!私はあの邪悪な根源を潰す権限を得たのよ!!)蓮(血涙流しながらか!?) -- 案山子さん (2012-08-24 18:40:26)
  • エリー(あ~はいはい。そういうのはもういいからそろそろ答えて頂戴よ)そう言ってウインクした先には、シュライバーがいた。シュライバー(じゃあ答えようか?)ベイ(てめえに答えられるのかよ?) -- 案山子さん (2012-08-24 18:44:37)
  • シュライバー(なめないでくれる?( ̄ー ̄)ニヤリ) -- 名無しさん (2012-08-24 18:55:22)
  • ベイ(あん?) -- 案山子さん (2012-08-24 18:56:05)
  • シュライバー(つまり、ご主人様にご奉仕するのさ) -- 名無しさん (2012-08-24 19:29:31)
  • ベイ(あん?奉仕だあ?んなわけ)エリー(大正解♪流石はそこの脳味噌筋肉とお花畑で出来てる蝋燭さんとは出来が違うね♪)シュライバー(いや~この程度普通に分かるよ?ね、蝋燭さん)ベイ(……ぶっ殺す) -- 案山子さん (2012-08-24 19:49:49)
  • リザ(奉仕っていうと?) -- 名無しさん (2012-08-24 19:53:18)
  • シュライバー(簡単に言うとね、クラフトも言ってたけど、奉仕ってのは相手を喜ばすんだよ)ベイ(だから何なんだ言えよ殺すぞブサイク恋人よ枯れ落ちろ)蓮&マキナ(止めんか!!) -- 案山子さん (2012-08-24 20:00:18)
  • シュライバー(だからね……あ) 一同(え?) -- 名無しさん (2012-08-24 20:02:22)
  • シュライバーが声を小さく上げたので、隅っこで固まっていた連中が振り返った。 -- 案山子さん (2012-08-24 20:04:34)
  • 黄金「どうなさいましたか? お嬢様」 -- 名無しさん (2012-08-24 20:12:38)
  • ザミ「いいいいいいいいいえななななななななな何でもああああああありませんんんんん!?Σ(///□///;)」 -- 案山子さん (2012-08-24 20:17:07)
  • ザミエル(か、顔が近い近い!!!!(///□///;)) -- 名無しさん (2012-08-24 20:20:10)
  • 眩しく神々しい光を纏いながら微笑む黄金に、ザミエルはもう本当の天国(ヴァルハラ)に逝けるほど充実していた。シュライバー(や、ヤバイよ!!ザミエルの魂が成仏しかけてる!!) -- 案山子さん (2012-08-24 20:23:33)
  • ベアトリス(くっ……さすがハイドリヒ卿; でも私も負けられない!!) -- 名無しさん (2012-08-24 20:30:40)
  • 水銀8ほう?ようやく闘争心に火が着いたかね?ならばこれを授けよう)ベア(?これは)水銀(それを見てきたまえ。さすれば、君は生まれ変わることができるだろうからね)ベア(分かりました、クラフト閣下!!見てきます!!) -- 案山子さん (2012-08-24 20:38:17
  • ベアトリス「戒ー!」 -- 名無しさん (2012-08-24 20:42:22)
  • 戒「あ、はいなんでしょう!?」ベアトリス「待っててね!私、生まれ変わるから!」戒「趣旨違くないかい!?」そう言いながらも、ベアトリスは宛がわれた部屋へ赴き、渡されたものを見た。 -- 案山子さん (2012-08-24 20:49:17)
  • ベアトリス「どう戒?」 -- 名無しさん (2012-08-24 20:50:19)
  • 数分後、ベアトリスは再び戒の前へ現れた。 -- 案山子さん (2012-08-25 02:33:48)
  • そこには、ロンスカを身に纏い、清楚系な彼女がいた。しかも黒髪のウイッグを被っており、まさしく大和撫子に変わっていた。 -- 案山子さん (2012-08-25 05:15:22)
  • 全員(なにを見た!?Σ(゜□゜;)) -- 案山子さん (2012-08-25 06:12:00)
  • 戒「ベアトリス!?;」 -- 名無しさん (2012-08-25 09:55:20)
  • ベア「えへへ……そんなに見つめないで、照れちゃうじゃない♪って、ごほん」思いっきり照れていた彼女は咳払いをし、ベア「ではご主人様、これから精一杯ご奉仕させて頂きます。不束者ですが、よろしくお願いします」その場で慣れない正座をし、ペコリと頭を下げた……今までの彼女はどこへ消えたのだろうか。 -- 案山子さん (2012-08-25 12:44:59)
  • 戒(何だこれは可愛いし綺麗だけど、こんなのベアトリスじゃない;彼女はもっと活発で明るくてでも空気読めない余計なひと言が多くて頭の回転遅くて…;) -- 名無しさん (2012-08-25 15:00:30)
  • まあ簡潔に表現すれば、今の彼は困惑しているのだ。 -- 案山子さん (2012-08-25 15:08:29)
  • ベアトリス「ご主人様?」 -- 名無しさん (2012-08-25 16:07:30)
  • 戒「へ!?あ、あのその……ぼ、僕のことかな?;」ベアトリス「はい♪」蒲公英のような混じり気ない屈託な笑みに、戒悶絶寸前。 -- 案山子さん (2012-08-25 16:09:33)
  • 戒(ええええええええええええ!!!?Σ(///□///;)) -- 名無しさん (2012-08-25 16:21:54)
  • 頭を抱えながら戒は彼女に背を向け、念仏を唱え始めたが、ベアトリス「どうしましたか?ご主人様」戒「ぶはっ!?」吐血。 -- 案山子さん (2012-08-25 16:23:27)
  • ベアトリス「ご主人様、大丈夫ですか?」 -- 名無しさん (2012-08-25 16:27:32)
  • だが、あくまでも彼女は大和撫子状態で接する。もはや別人と考えてもいいだろう。ベイ(なあおい、ありゃ~一体どんな経緯であんな風に壊れたんだぁ?)シュライバー(僕に分かるわけないじゃないか)エリー(ん~……何となく察しはつくけどさ、あそこまで変えるか)司狼(あのおバカキャラを殴り捨ててあれとは、恐れ入るぜ)蓮(中身全部ごっそり別の何かと入れ替わったとかか?)マキナ(妥当な考えだな) -- 案山子さん (2012-08-25 16:32:44)
  • 何気にひどい言われようである。 -- 名無しさん (2012-08-25 16:36:21)
  • 戸惑いまくる戒に、ベアトリスは微笑みを浮かべるだけで相手を癒し続けていた。これを壊れているといわず何という。水銀(効果は覿面のようだな)マキナ(……貴様、一体何を見せた)水銀(なに、別に難しいことはないよ。ただ、あの状態にさせるにはちょうどいい『教材』があったのでね。それを見せただけだよ)ベイ(『教材』だと?) -- 案山子さん (2012-08-25 16:38:44)
  • 水銀(見てみるかい?) -- 名無しさん (2012-08-25 16:39:30)
  • シュライバー(僕すんごい興味が惹かれる♪)エリー(壊れた元凶がどんなのか見てみたいわね)司狼(な~んかヤな予感がするんだが)マキナ(ハイドリヒがあの状態なんだ。予想はつくだろう)蓮(女)(一体どんな『教材』なんだ?)ベイ(とっとと見せろや) -- 案山子さん (2012-08-25 16:42:43)
  • 水銀(言われるまでもない、ほれ) -- 名無しさん (2012-08-25 16:49:11)
  • 水銀がこっそり手渡した代物。それには、全員(『必見♪これを見ればあなたは立派なメイド!尽くして尽くしてご主人様を満たしてあげれば、あなたにメロメロ♪相手の心を鷲掴み、虜にしよう♪己の総てを変えて尽くしましょう♪メイドの心得、全部教えます』だと?) -- 案山子さん (2012-08-25 16:54:31)
  • 水銀(ふふん( ̄ー ̄)) -- 名無しさん (2012-08-25 17:12:12)
  • ドヤ顔の水銀。 -- 案山子さん (2012-08-25 17:32:24)
  • マキナ(…………)蓮(待てマキナ!;)司狼(おいムッツリ。今は争ってる場合じゃねえだろ。ほら)ベイ(そこの小僧の言うとおり、おいしい所を見逃すぜェ?) -- 案山子さん (2012-08-25 17:51:30)
  • そう言われ視線を彼女のほうへ向けると、ベア「ご主人様、おかわりなどは如何でしょうか?」戒「あ、ああ……い、頂こうかな;」ベア「うふふ、はい♪」コーヒーをゆっくりとした動作で、それでいてあの女神バリの笑顔で微笑むベアトリスに、戒は顔を蒸気させながら照れていた。 -- 案山子さん (2012-08-25 17:55:09)
  • シュライバー(( ̄ー ̄)ニヤニヤ) -- 名無しさん (2012-08-25 17:56:10)
  • リザ(戒君ったら、純情ねぇ♪)ベイ(いや純情っていうか)蓮(まあ分かりますよ。分かりますけど……) -- 案山子さん (2012-08-25 18:35:36)
  • 戒「あわわわわわわわわわ(///□///;)」 -- 名無しさん (2012-08-25 18:56:56)
  • 香純(意外ねえ、あのものごついイケメンの戒さんが女性の免疫ないなんて) 螢(兄さんはそういうのを避けてたから) -- 名無しさん (2012-08-25 18:59:33)
  • 蓮(女)(でも、おしとやかなベアトリスさんっていうのも違和感が………) -- 名無しさん (2012-08-25 19:01:48)
  • 蓮(つーか、たった数分であの本読破してあそこまで性格矯正してんのがおかしいだろ、洗脳レベルだよ) 水銀(あれだ、恋する乙女パワーという奴だろう、私のマルグリットへの愛の力のようなものだ) マリィ(ごめん、カリオストロ…気持ち悪い) -- 名無しさん (2012-08-25 19:07:29)
  • 司狼(っていうか、その物今どこにあんだ?)エリー(多分まだあの部屋じゃない?)ベイ(なんだ坊主、てめえ興味があんのか?)司狼(黙れよ真っ白吸血鬼。あの異常なまでの変わり様には何か原因があるはずだ)水銀(原因というほどではないのだが……)マキナ(……何を隠している) -- 案山子さん (2012-08-25 19:12:45)
  • 司狼(んなことはねえよ)チラリと蓮(女)を見る。 蓮(女)(?) -- 名無しさん (2012-08-25 19:24:35)
  • マキナ(……何故兄弟を見た) -- 案山子さん (2012-08-25 19:54:50)
  • 司狼(あ? なんでもねえよ) -- 名無しさん (2012-08-25 19:58:11)
  • 水銀(まあともかく、原因はそこまで大そうなモノではないよ) -- 案山子さん (2012-08-25 20:15:31)
  • ベイ(じゃあなんだってんだよォ)マキナ(吐かねば)そう言いながら握り拳を作るマキナ。 -- 案山子さん (2012-08-25 20:17:55)
  • 水銀(まあとりあえず落ち着きたまえ;) -- 名無しさん (2012-08-25 20:23:01)
  • そうしていると、黄金「お嬢様。貴方に捧げる歌を聞いて頂きたい」ザミエル「は、はいいいいっ!!?」 -- AST (2012-08-25 20:32:33)
  • 黄金「曲名は『「誰も私を☆起こさないで~いばらの王子~』」 -- AST (2012-08-25 20:36:22)
  • 司狼(おい、なんか歌い始めたぞ!?)マキナ(早く説明しろ!!)水銀(あ、ああ;) -- 案山子さん (2012-08-25 20:38:23)
  • 水銀(あれにはアドバイスが書いてあったのだよ)蓮(アドバイス?)水銀(そう、数名曰く『メイドの本分とは、主人に安心と安寧をお届けするために、粉骨精神で尽くし、身の回りを整え、主人に満足してもらえるような奉仕が必要なんだ』と語っていたよ)ベイ(てめえ、通ってたのか?)水銀(否、抜かせ。私にはマルグリットという最高の宝石がいるのだ。そこいらの雑多など興味湧かんし勃たんよ)マリィ(それって……ふn)水銀(ともかく)言葉を区切り、水銀(そのアドバイスに触発されたのだろう。さらに、そこまでやれば相手も彼女を意識するはず、などと書いてあったな)マキナ(そいつらの特徴・容姿は?)ベイ(てめえ拘るな)水銀(容姿か……確か、メガネに薄紫色の長髪をした女に、紫色で短髪の巨乳、だが影が薄くてヒロインに立てない哀れな少女。利発的で元気がよい赤い悪魔と称するに相応しい黒髪の少女、そして何故か終始『お腹が減った』と喚いていた金髪の少女がいたな)蓮(……おまえ、通ってんだろ)水銀(否だと言っているだろう。私が気でも狂ったのだろう。人助けをした際にその助言を貰ったのだよ) -- 案山子さん (2012-08-25 20:39:12)
  • 水銀が解説する横で、ギターを持ちだし。弾き語りを始める黄金執事。 -- 名無しさん (2012-08-25 20:42:45)
  • ザミエル「あ……あう…………(///□///;)」 -- 名無しさん (2012-08-25 20:44:19)
  • 黄金の美声に、完全にエレオノーレ、借りてきた猫状態。 -- 案山子さん (2012-08-25 20:47:12)
  • ザミエル(ろ、録音機を持ってくるべきだった………!!(////;)) -- 名無しさん (2012-08-25 20:49:04)
  • 黄金の美声にマンツーマンでの対応、彼の瞳が彼女だけを見る。王としてではなく、執事として、男として見つめているのだ。 -- 案山子さん (2012-08-25 20:54:36)
  • ザミエル(…………ツァラツゥストラ、今ならお前の気持ちがわかる) -- 名無しさん (2012-08-25 20:58:12)
  • 黄金の美声に酔い痴れながらも、ザミエルはこの場にいる彼に共感していた。 -- 案山子さん (2012-08-25 20:59:58)
  • ザミエル(この刹那を…………永遠に味わっていたい) -- 名無しさん (2012-08-25 21:04:44)
  • シュライバー「うわぁ、ザミエルの表情、凄い乙女だよ・・・・」アンナ「あれは重症ね・・・」 -- AST (2012-08-25 21:08:26)
  • 司狼「あの女傑がねえ……」ベイ「ま、以外でもねえだろ」蓮「それはな;」マキナ「……満足しているな」 -- 案山子さん (2012-08-25 21:11:53)
  • 香純「…………なんかこのままにしてあげたい」 -- 名無しさん (2012-08-25 21:21:37)
  • マリィ「わたしも……そう思う」 -- 案山子さん (2012-08-25 21:31:50)
  • 水銀「ふむ、マルグリットがそう望むなら」 -- 名無しさん (2012-08-25 21:39:30)
  • マキナ「いらんことをするな」 -- 案山子さん (2012-08-25 21:44:30)
  • 水銀「だがしかし、彼女から幸せを奪うわけにもいくまい?」 -- 名無しさん (2012-08-25 22:22:13)
  • 香純「それは言えてる」 -- 案山子さん (2012-08-25 22:28:30)
  • ベイ「ほっとけほっとけ、どうせ入れる空気でもねえし」 -- 名無しさん (2012-08-25 22:37:57)
  • シュライバー「それもそうだね。それよりも、やっぱこっちでしょ♪」 -- 案山子さん (2012-08-25 23:00:53)
  • 水銀「しかし、勝負の趣旨忘れてないかね?この様子だとザミエルがVIPルームを所望しそうだが…」 -- 愛の伝道師? (2012-08-25 23:16:17)
  • 司狼「これなら勝った方がVIPルームでいいんじゃねえの」 -- 名無しさん (2012-08-25 23:51:56)
  • リザ「あら?案外そうじゃないかもしれないわよ?」アンナ「へ?どういう意味よ?バビロン」 -- 案山子さん (2012-08-26 00:11:35)
  • リザ「見て」 -- 名無しさん (2012-08-26 08:53:31)
  • ベアトリス「ご主人様……」 -- 名無しさん (2012-08-26 15:34:18)
  • 潤んだ瞳で、しかも微笑を絶やさずにいる彼女の視線と甘い、誘惑ではない純粋な声に、戒は爆発寸前でいた。彼女の完全なる心変わりように、マジで狂いそうな戒。 -- 案山子さん (2012-08-26 16:37:25)
  • リザ「戒君も、あちらに負けないぐらい満足してるわよ?」アンナ「あ~……ホント( ̄。 ̄;)」 -- 案山子さん (2012-08-26 16:43:36)
  • 蓮「な~んかもう勝負とかどうでもいいって感じだなあ」 螢「兄さんが幸せそうならそれでいいけど」 -- 名無しさん (2012-08-26 16:46:08)
  • 水銀「だが、互いの計測値がほぼ同列だ。ここで何か決定打を打たねば引き分けもありうるぞ?」 -- 案山子さん (2012-08-26 16:49:24)
  • 黄金(ほう……決定打か)ベア(ならばここで一気に決める!)二人は同時に心の中で意を決した。 -- 案山子さん (2012-08-26 16:57:00)
  • 黄金「お嬢様」ザミ「ほえ!?」黄金「これから私と一曲踊ってもらえませんか?」司狼「野郎、ついに踊りを持ちかけてきやがったぜ!しかも踊りならば超至近距離で相手を見られ、密着も可能という最高のパフォーマンスだぜ!!」蓮「なんでお前はそんなに興奮気味なんだよ;」司狼「盛り上がっていこうぜ、蓮!!奴さんも本気に出たんだしよ!!」リザ「彼女も出たわね」 -- 案山子さん (2012-08-26 20:26:30)
  • ベアトリス「ご主人様……」 -- 名無しさん (2012-08-26 20:33:19)
  • 水銀「ああ…しかし、………二次じゃなくて現実の執事ってこんなことやるかね?」ベアトリスとハイドリヒの所業を見ながら水銀が妙な事を言う。コレガフツウダロ。 -- 愛の伝道師? (2012-08-26 20:34:47)
  • 司狼「こまけえことは気にすんな、あんたもさっき言ってただろう相手に心地よくなってもらうのが執事・メイドの仕事ってよ」 -- 名無しさん (2012-08-26 20:38:22)
  • そう言って音楽を流す。 -- 名無しさん (2012-08-26 20:41:14)
  • 彼のレクイレムでも怒りの日でもなく、優雅で、だがしかし上品なメロディーが自然と流れ、その音楽にあわせて二人はゆるやかに踊る。 -- 案山子さん (2012-08-26 20:45:39)
  • 黄金「(ザミエル)」未だに真っ赤の彼女の耳元に口を近づけ、小さく素の彼が呼ぶ。エレオノーレ「(!?ハイドリヒ卿)」黄金「(今はただ、私に身を任せるといい。本来私の性分ではないのだが、今だけは卿だけを愛してやろう)」エレオノーレ「(!?)」 -- 案山子さん (2012-08-26 20:47:31)
  • 水銀「ほう」 -- 名無しさん (2012-08-26 20:50:21)
  • ベイ「どうした?」水銀「いやいや、これはこれは。あの獣殿がまさかのだよ。ふふふふふふべらっ!?」マキナ「さっさと喋ろ」 -- 案山子さん (2012-08-26 20:52:54)
  • 水銀「…………」ゴニョゴニョ -- 名無しさん (2012-08-26 20:53:49)
  • マキナ「……何?」ベイ「マジか?」水銀「この顔が嘘を言っていると思うのかね?( ̄ー ̄)ニヤニヤ」 -- 案山子さん (2012-08-26 21:02:13)
  • 一同(うぜえ…………) -- 名無しさん (2012-08-26 21:06:21)
  • 水銀「まあちゃんと言えば、獣殿の総てを愛するが、一時的に彼女だけを愛するに変わったのだよ」全員『はあ!?』 -- 案山子さん (2012-08-26 22:01:09)
  • 水銀「ふふふ………これはまさに未知だ」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:25:57)
  • 司狼「まあ?未知ってんなら、あっちもあっちでヒートアップしてるぜ?」リザ「あら?」司狼に言われて振り返ると、そこにはメイド服を着た彼女が大胆にも彼の腰に腕を回して、共に踊りだしていた。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:42:42)
  • そんな彼の心境では……戒(あわわわわわわわわわわわわわわわわわ(///□///;))かなりのパニック状態になっていた。確かにいつもの彼女に密着されればそれはそれでヤバイが、今の彼女は清楚系であり、彼に尽くす完全メイドだ。つまり、今の彼女に彼は夢中で「ガチ」で恋に落ちているということになる。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:44:42)
  • 戒(おおおおおお落ち着け櫻井戒! ま、まずは冷静になれ!! 冷静に……) -- 名無しさん (2012-08-26 22:46:57)
  • だが、そんな彼を打ち砕く最強の存在が踊りながらさらに密着する。ギュムッ♪と潰れる胸の弾力に戒の精神世界に皹が走った。だが、そこは堪えた。しかし、清楚系な彼女はあくまでも内外共に完璧なメイドなのだ。彼女に欲情すれば、文字通りの「屑」という汚名を被ることになる。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:49:14)
  • 戒(うおおおおおおおおおお!!!! だ、ダメだ! 今この場で欲情したら、僕は本当の意味で屑になる!!;) -- 名無しさん (2012-08-26 22:51:09)
  • 精神の崩壊をしないだけ彼は凄いのだが、如何せんこの勝負は相手を満足させ、奉仕することにある。つまり、この踊りでも両者は互いに満足させているのだが、正直ジリ貧だ。 -- 案山子さん (2012-08-26 22:55:54)
  • 水銀「う〜ん、両者とも緊張感が抜けきらないな」 -- 名無しさん (2012-08-26 22:59:23)
  • 司狼「おいどうすんだよ?確かにこのまま見ていたいって気もしないではないがよ」ベイ「終わらねえぞ?このままじゃ」蓮「けどよ」マキナ「未だ決定打が足りず……か」 -- 案山子さん (2012-08-26 23:00:34)
  • 蓮(女)「…………」そんななか、蓮(女)はザミエルと黄金を見ていた。 蓮(女)(いいなあ……) -- 名無しさん (2012-08-26 23:06:49)
  • 水銀「キュピーン( ̄ー ̄)ニヤニヤ。ああ、どうした我が娘よ」なんか大げさな演技で彼女に声を掛けるウザイ存在A。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:08:45)
  • 蓮(女)「な、なんでもねえよ!!(////;)」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:09:39)
  • 水銀「なんでもない、という表情ではないぞ?( ̄ー ̄)ニヤニヤ。」 -- 案山子さん (2012-08-26 23:13:02)
  • 蓮(女)「っ……………(////;)」 水銀「マキナ」 マキナ「?」 水銀「お前も参加してみろ♪」 マキナ「………は?」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:16:01)
  • 水銀「は?ではないよは?では。参加してみろと言ったのだ私が法だ他は断じて認めん黙して従え♪」 -- 案山子さん (2012-08-26 23:18:06)
  • なんかムカついたため、水銀の顔面を殴る。 -- 名無しさん (2012-08-26 23:19:39)
  • マキナ「なぜ俺が踊る必要がある。第一、これは――」スッ、と。そこで彼の裾を掴む存在がいた。見れば、蓮(女)が潤んだ瞳で上目遣いで見上げていた。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:23:41)
  • 蓮(女)「その……い、いやならいいけど………踊ってくれる?(/////)」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:26:20)
  • マキナ「――――――――――」彼のハートをガトリング砲によって風穴にされた。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:27:07)
  • 司狼「!!!?Σ(゜Д゜)」 アンナ&シュライバー「キャ―――――――!!!!v」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:31:32)
  • マキナは動かぬ銅像のように、硬くなってしまった。瞳孔は開いたままである。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:32:30)
  • 蓮(女)「だ……だめ………かな?(/////)」ズキュズキュン!!徐に肩膝をつき、執事2「仰せのままに、我が主」全員『ええええええええええええええ!!!?Σ(゜Д゜)』 -- 案山子さん (2012-08-26 23:37:53)
  • 軍勢変性ならぬ執事変性によって新たな執事が生まれた。 -- 名無しさん (2012-08-26 23:40:43)
  • 一同『あんた誰!?;』 -- 名無しさん (2012-08-26 23:42:21)
  • 執事2「俺に名などない。ただ、この方に尽くす執事だ」蓮「マキナが壊れた!?」 -- 案山子さん (2012-08-26 23:44:48)
  • 司狼「ざっけんじゃねええええええええええ!!!!」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:47:04)
  • 流石の司狼、本気の本気でキレた。 -- 案山子さん (2012-08-26 23:48:48)
  • だが、 -- 名無しさん (2012-08-26 23:50:25)
  • ドスッ!! 司狼「ぐべら!?」 水銀の拳骨が司狼のみぞおちを突いた。 -- 名無しさん (2012-08-26 23:51:36)
  • 水銀「今、君に用は無いのだよ。舞台に上がるのはやめてもらおうか」 -- 名無しさん (2012-08-26 23:53:39)
  • 司狼「ふ………ふざけ」 エリー「しーろうv」 -- 14番目の黒円卓 (2012-08-26 23:57:20)
  • 司狼「!?Σ(゜Д゜)」 -- 案山子さん (2012-08-27 00:02:54)
  • エリー「今ね、と~~~っても、いい雰囲気なのよ?わかる?分かるわよね?子供でも分かるわよ?空気読めない?ねえ?」銃口を向けていないのに何故だろう、突きつけられるときの何億倍に近い圧力をエリーから感じていた司狼。 -- 案山子さん (2012-08-27 08:15:00)
  • 司狼「ぐっ!け、けどいくら俺だってな!このままの扱いに我慢出来るほどできちゃ~いねえんだよ!」彼の慟哭が迸る。 -- 案山子さん (2012-08-27 09:21:26)
  • エリー「そこで私の執事になるって選択肢が無いんだ~?・・・・利用されて捨てられちゃったよ~」香純「司狼、最低!」螢「屑ね」アンナ「サイテー!!」水銀「女性は大事にするものだよ」シュライバー「ユサシローって外道なんだ」 -- AST (2012-08-27 11:26:55)
  • 水銀「まぁ、ゲオルギウスが人間失格、いや、男失格なのは置いといて, 頑張れよ、我が娘。君等が勝てば君等のみ楽園(VIPルーム)を与えようではないか。天国(エデン)に導くのは戦乙女で無く、至高天(ヴァルハラ)に至るのは愛すべからざる光でもない。其は超越せし人(執事)の理、これこそ唯一普遍の真理なり!!(…わかりやすい挑発なのだから、さっさとヒートアップしたまえ。) 」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 11:46:33)
  • 黄金(カールめ……発破を掛けたな)乙女(くっ!!マキナ卿が混ざってきたらヤバイじゃないですか!!) -- 案山子さん (2012-08-27 12:04:08)
  • 二人は互いにぶつからないように踊りながら、彼らの状況に気づいていた。マキナと蓮(女)の二人が加われば、明らかに状況はガラリと変わる。ならば、ここらでヒートアップせねばなるまい。 -- 案山子さん (2012-08-27 12:13:33)
  • マキナ「いくぞ」蓮(女)に手を差し伸べる。 蓮(女)「う、うん・・・・・・・(////;)」 -- 名無しさん (2012-08-27 12:15:26)
  • 執事化したマキナに手を引かれ、蓮(女)は頬を赤らめながら付いていった。その表情は、まるで夢見る乙女そのものである。 -- 案山子さん (2012-08-27 13:01:57)
  • 水銀「お、おお?戦闘力(幸福度)1億2千万…だと?!」 -- 愛の伝道師? (2012-08-27 13:07:46)
  • 香純「わ~、蓮(女)ってばかわいい」 司狼「ムガガー!!!」ぐるぐるまきにされている。 -- 名無しさん (2012-08-27 13:08:24)
  • 黄金(ほう?マキナが出張ってきたか、面白い)乙女(か~来ちゃいましたよあの二人!?このままじゃ私埋もれる!?) -- 案山子さん (2012-08-27 13:13:24)
  • そして音楽に合わせ、二人も踊る。 -- 名無しさん (2012-08-27 13:16:27)
  • いつの間にかあった執事服を身に纏い、彼女をエスコートする執事2。蓮(女)「あ、あわわわわわわ」執事2「大丈夫だ。俺に任せろ」蓮(女)「う、うん……(////;)」 -- 案山子さん (2012-08-27 13:21:58)
  • はっきり言おう、メッチャ良いムードである。 -- 名無しさん (2012-08-27 13:23:48)
  • 水銀「ば、バカな!戦闘力(幸福度)が3億オーバーだと!?さらに上昇……く、奴らはバケモノか!!」 -- 案山子さん (2012-08-27 13:25:24)
  • アンナ「そのノリはなんですか?;」 -- 名無しさん (2012-08-27 13:26:44)
  • 水銀「気にしなくて……む?なんと!急激に獣殿チームと戦乙女チームの幸福度が上昇している!これは一体!?」 -- 案山子さん (2012-08-27 13:34:55)
  • 黄金「エレオノーレ様・・・・・・・・」 -- 名無しさん (2012-08-27 13:43:19)
  • エレ「は、ハイドリヒ卿(////)」踊っていた二人の顔が、唇と唇が触れ合えるぐらいの超至近距離で見つめていた。……なんか、彼女の周りが輝きを増し、お花畑を具現化させていた。 -- 案山子さん (2012-08-27 13:44:55)
  • エレ(も、もう・・・・・・・このまま死んでもいい・・・・・・(/////)) -- 名無しさん (2012-08-27 13:56:40)
  • エレオノーレの魂は今、ヴァルハラを飛び越えたさらに先にある至高天の歓喜にうちふるえていた。 -- 名無しさん (2012-08-27 15:58:16)


  • 編集ありがとうございます! -- 案山子さん (2012-08-27 12:03:01)
  • 蓮(女)がアイルーに見えてきたwwww -- 名無しさん (2012-09-01 14:23:10)
  • 鮮血な血・・・改変した方が・・・ -- 名無しさん (2012-09-13 19:39:39)
  • この人誰だ? -- 14番目の黒円卓 (2012-09-14 17:37:32)
  • おそらくネコアルクカ○ス・・ -- 名無しさん (2012-09-14 20:34:44)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。