Dies irae もしも、Diesメンバーの中身が入れ替わったら

香純「れーん、マリィちゃん、おっはよー!」

我らが太陽綾瀬香純が元気よく秘密の通路で蓮の部屋へとやってきて見たものは……

蓮「な、なんだなにがおきたんだ?!」
マリィ「わわわわわ! 目の前に私がいる?!」

なぜか女口調で口に手を当てて驚く我らが主人公、蓮。そして、なぜか胸やらなにやらに戸惑っているような仕草のみんなの女神マリィ。

香純「……なにこれ?」




  • … 香純「つまり、こっちが蓮でこっちがマリィちゃんなのね? -- 名無しさん (2012-09-18 20:55:09)
  • 蓮「ああ」マリィ「うん」 -- 名無しさん (2012-09-18 21:25:58)
  • 香澄純「うん、状況はわかった。問題は原因だけど……」 -- 14番目の黒円卓 (2012-09-18 21:36:53)
  • 蓮「こんな下らねえ事をするのは…つか出来んのは、あの変態以外に居ねえだろ」 ウザい笑顔を張り付けた水銀が蓮の脳裏に浮かぶ。 -- 名無しさん (2012-09-19 06:53:31)
  • 香純「蓮、マリィちゃんの顔で不機嫌そうな顔しないでよ」 -- 名無しさん (2012-09-19 18:24:26)
  • 蓮「そう言われてもなあ……どんな顔すればいいんだよ?」 -- 名無しさん (2012-09-20 20:48:55)
  • 香純「ほらマリィちゃんみたいにスマイルスマイル!」 ニコニコと笑顔のマリィ。 -- 名無しさん (2012-09-20 20:49:52)
  • …ただし蓮の顔で。 -- 名無しさん (2012-09-20 20:54:48)
  • 香純「うわあ、ニコニコの蓮ってなんか不気味……」 -- 名無しさん (2012-09-20 21:36:56)
  • マリィ(蓮)「確かにそうだが…」 蓮(マリィ)「私の顔だ、鏡じゃないのに不思議な気分」 好奇心できらきらと輝いた顔で自分(中身蓮)の顔を見つめるマリィ。中性的な蓮の顔と相まって、本当に少年のようだ。 -- 名無しさん (2012-09-20 21:42:31)
  • 香純「とりあえず、これからどうしよう?」 -- 名無しさん (2012-09-20 21:46:26)
  • ドタドタドタドタッ エリィ(司狼)「れぇーーーん!いるかーーー!!おいレーーーーーーーーン!!れんたーーん!!」 司狼(エリィ)「ちぃーっす」 -- 名無しさん (2012-09-21 17:12:17)
  • 3人「!!!?Σ(゜Д゜)」 -- 名無しさん (2012-09-21 17:42:13)
  • エリィの顔をした司狼曰く、「夢にあの水銀スネークが出てきて『未知かもしれんと思ってお前達を入れ替えてみたが既知だったので戻す準備が整うまでの間楽しんでおくがいい』とか抜かしやがった」らしい。 マリィ(蓮)「 ひ ど い は な し だ 」 -- 名無しさん (2012-09-21 17:57:59)
  • 蓮(マリィ)「レン……;」 -- 名無しさん (2012-09-21 18:48:10)
  • マリィ(蓮)「予想通り過ぎて既知感すら感じるが、下手人は割れたわけだ」 エリィ(司狼)「だったら、やる事は一つだ」 香澄「…何やろうとしてるか大体分かるけど、一応なにしに行くか聞いとくわ」 マリィ(蓮)・エリィ(司狼)「「決まってんだろ、あの変態をぶちのめしに行くんだよ」」 美少女二人の怒気を孕んだ凶悪な表情はなかなかに破壊力があった。某学園の某生徒ならKEITO☆TENTUI☆ものだろう。 -- 名無しさん (2012-09-21 18:54:30)
  • エリー(司狼)「おし! そんじゃいくぞ蓮!!」 マリィ(蓮)「ああ!!」 -- 名無しさん (2012-09-21 19:00:57)
  • そしてヴェヴェルスブルグ城。そこには、玉座で苦笑いをしている妙に神々しいエレオノーレと(中身:黄金)、その前で冷や汗垂らしながらきっちり跪いているシュライバー(中身:赤)、床に座り込んで自分の体をさわっているマキナ(中身:白)、とても重苦しい空気を漂わせて壁と向き合うラインハルト(中身:黒)がいた。 -- 名無しさん (2012-09-21 19:07:08)
  • シュライバー(エレオノーレ)(……何なのだこの体は) 自分の体に比べ余りに貧相かつ幼ない少年の体に違和感を隠しきれないエレオノーレ。特に股間部の違和感がヤバイ…これは少年だからとかそういう問題じゃないが。 -- 名無しさん (2012-10-08 13:42:16)
  • ラインハルト(マキナ)「これは夢だ、これは夢だ、これは夢だ…ぶつぶつぶつぶつぶつぶつ」 壁に向かって現実逃避を続けるマキナ。傍から見ればしかめっ面で重い雰囲気を撒き散らしぶつぶつと呟いているラインハルトである、珍しいとしか言いようがない。 -- 名無しさん (2012-11-03 21:38:23)
  • マキナ(シュライバー)「大丈夫ー? マッキー」 -- 名無しさん (2012-11-03 21:48:30)
  • ラインハルト(マキナ)「俺の声と体でそんな気の抜けたしゃべり方をすな!!?」 -- 名無しさん (2012-11-03 21:50:34)
  • マキナ(シュライバー)「そんなこと言ってもさ〜、しょうがないじゃんか」 -- 名無しさん (2012-11-03 21:57:30)
  • エレオノーレ(ラインハルト)「そうだぞ、マキナよ。私の姿でうろたえるな。…その光景も中々に愉快だがな」 くつくつと楽しげに笑っている。 -- 名無しさん (2012-11-03 22:25:07)
  • シュライバー(エレオノーレ)(は、ハイドリヒ卿が私の身体にいいいいいいいいいいいいいいい!!!!) -- 名無しさん (2012-11-03 22:27:35)
  • ラインハルト(マキナ)「…お前あんな顔もできたんだな」 マキナ(シュライバー)「…中身はザミエルだけどね」 悶えているシュライバー(エレオノーレ)に呆れる二人。 -- 名無しさん (2012-11-04 01:26:44)
  • マキナ(シュライバー)「しっかし、体はハイドリヒ卿なのに随分印象変わるもんだね。声もなんか低いし、ビックリだよ」 ラインハルト(マキナ)「…俺がそんな顔をしていることが驚きだよ」 体はラインハルトだが溢れんばかりのカリスマ性と超越的すぎて畏怖を感じる威圧感は鳴りを潜めていた。黄金比の肉体そのままに、雰囲気と声が渋くなった姿は以前よりも比較的親しみやすさは増していると思われる。中身がシュライバーになったマキナは強面の顔と少年らしい軽さがチグハグな印象を与えるが。 -- 名無しさん (2012-11-04 01:32:43)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「こんなことができるのはただ1人……」 -- 名無しさん (2012-11-04 11:59:18)
  • マキナ(シュライバー)「あの蛇しかいませんよね」 ラインハルト(マキナ)「まず間違いないな」 シュライバー(エレオノーレ)「で、ではハイドリヒ卿。彼奴を討伐に行きますか」 -- 名無しさん (2012-11-04 12:48:44)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「……………」 -- 名無しさん (2012-11-05 07:26:48)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「まあ、待て。他の者達がどうなっているかを確認してからでも遅くはあるまい」 -- 名無しさん (2012-11-06 17:06:27)
  • シュライバー(エレオノーレ)「し、しかし………」 -- 名無しさん (2012-11-06 18:18:25)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「卿らの不安も最もだがあやつの事だ、そう簡単に尻尾は見せんだろう」 マキナ(シュライバー)「泣き寝入りすると?」 エレオノーレ(ハイドリヒ)「そのつもりもないな。だが、奴が顔を見せてからゆるりとひねりつぶそうと問題は無いだろう」 -- 名無しさん (2012-11-08 01:14:30)
  • するとそこへ、 -- 名無しさん (2012-11-08 09:37:15)
  • マリィ(蓮)「メルクリウスはどこだー!?」 -- 名無しさん (2012-11-08 09:37:53)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「む、女神か?」マリィ(蓮)「ザミエル?」瞬間、二人は互いの境遇を理解した。エレオノーレ(ハイドリヒ)「成程、卿は女神か。ツァラトゥストラ」マリィ(蓮)「そういうお前はザミエルか。んで他には・・」マキナ(シュライバー)「ボクがマキナ」ラインハルト(マキナ)「兄弟・・・」シュライバー(エレオノーレ)「理解したか?」マリィ(蓮)「ああ・・・それにしてもマキナ・・・」ラインハルト(マキナ)「言うな・・・・・」哀れむような表情を向けられ、顔を背けるラインハルト(マキナ)その原因は・・・マキナ(シュライバー)「どうしたのさ?」きょとんと首をかしげる無精髭生やした偉丈夫。マリィ(蓮)「ギャップが酷い」他はまだマシな方だが、少年っぽい仕草のマキナなど気持ち悪いだけである -- AST (2012-11-08 16:56:33)
  • マリィ(蓮)「違和感が半端ないな………;」 ハイドリヒ(マキナ)「……………」 -- 名無しさん (2012-11-08 17:03:22)
  • マリィ(蓮)「いや、そんなことよりだ。メルクリウスの馬鹿はどこに居やがる!!!」 ぎらついた瞳でハイドリヒ達を睨みつける。その腕からは殺意をはち切れんほどに滾らせたギロチンが生えていた。 ハイドリヒ(マキナ)「女神の姿でその表情は…イメージが崩壊するぞ兄妹;」 -- 名無しさん (2012-11-10 12:54:35)
  • マリィ(蓮)「う・・・・・・; -- 名無しさん (2012-11-10 12:56:27)
  • マキナ(シュライバー)「イメージって大切だよ~~♪ ほ~ら、スマイルスマイル♪」 満面のマッキースマイルである。死者は出ない筈だが、ぶっちゃけ逆に怖い。 -- 名無しさん (2013-02-04 19:26:10)
  • 蓮(マリィ)「そうそう、蓮も笑って笑って♪」 蓮(マリィ)も満面の笑みでマキナ(シュライバー)に並ぶ。 -- 名無しさん (2013-02-04 20:35:50)
  • 二人(シュールすぎる………;) -- 名無しさん (2013-02-05 18:14:20)
  • エレオノーレ(ハイドリヒ)「女神とシュライバーの言葉にも理はあるぞ。怒りに駆られていては見落とすこともあろう」 優雅な笑顔をたたえるエレオノーレ(ハイドリヒ)。 マリィ(蓮)(こういう顔をされると……美人ではあるよな) ハイドリヒ(マキナ)(……奴は常在戦場に近い心構えだしなあ、珍しい) -- 名無しさん (2013-02-07 23:51:07)
  • マリィ(蓮)「……結局、メルクリウスは何処にいんだ?」 多少落ち着いた蓮が改めて切り出す。 エレオノーレ(ハイドリヒ)「分からん、此方も出方を窺っている所でな」 -- 名無しさん (2013-02-08 21:03:18)
  • マリィ(蓮)「……くそ、何処にいんだあいつは」 ???「呼んだかね!!!」 タイミングを見計らったように響く、少女のように甲高い叫び。 -- 名無しさん (2013-02-08 22:09:45)
  • 突如として部屋が暗闇に包まれ、スポットライトが当たる。証明が映すは赤毛の少女――実際は年いってるが―― 蓮(マリィ)「この声は……」 ルサルカ(???)「女神ある所に現れる、カール・クラフト・メルクリウスでございます!!!」 -- 名無しさん (2013-02-08 23:44:24)
  • マリィ(蓮)「お前まで入れ替わったんかい(゚Д゚;)!!!!!!!!!!!!!!!!!!??????」 -- 名無しさん (2013-02-09 00:12:25)
  • ルサルカ(メルクリウス)「Exactry(その通りでございます)!」 無駄にハイテンションにセクシーポーズ(笑)を決める。 -- 名無しさん (2013-02-09 00:31:28)
  • 水銀(シュピーネ)「何で私が副首領になっているのですか!!!!?副首領閣下!!!?」 叫びながら水銀(シュピーネ)が現れた -- 名無しさん (2013-02-09 01:49:16)
  • ベイ(アンナ)「何で私がベイになってんのよ!!!!?」 シュピーネ(ベイ)「メルクリウステメエエエエエエエエ!!!!!!!!!」 更に二人飛び込んできた -- 名無しさん (2013-02-09 01:54:02)
  • ヘルガ(ベアトリス)「この状況は色々と説明を求めます!!??」 ベイの背中からヘルガが現れる。狂気は感じないが、血まみれの姿は普通に怖い。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:15:28)
  • 戒(ヘルガ)「私とヴィルヘルムを引き離したのは誰だあああああああ!!!!」 更に狂乱のイケメンが突撃してくる。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:16:25)
  • …… 螢(イザーク)「トバルカインはどこかに爆走していったな……かなりアレな台詞を連呼しながら」 ベアトリス(螢)「…………」 頭を抱えるベアトリスin螢。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:26:38)
  • アンナ(水銀)「間違えた」 そう言ってベアトリスとなったヘルガの体と戒となったヘルガの魂をベイとなったアンナの体にぶち込み、ベアトリスの中にリザの魂を入れなおし、戒の体にベアトリスの魂を入れ、リザの体に戒の魂を入れなおした -- 名無しさん (2013-02-09 02:27:27)
  • そして空気読めないアホタル様はなぜか魂がビンの中に入れられた -- 名無しさん (2013-02-09 02:29:51)
  • ルサルカ(水銀)「空気を読めないレオンハルトはこれでよしと・・・完璧だ(-_☆)」 -- 名無しさん (2013-02-09 02:32:33)
  • 螢「ざけんな!!」思わず口汚く罵倒する。 -- 14番目の黒円卓 (2013-02-09 18:16:06)
  • アンナ(水銀)「これは未知なのだぞ(-_☆)楽しみたまえよ?」 -- 名無しさん (2013-02-09 18:27:09)
  • マリィ(蓮)「いいから元に戻せ!!」 -- 14番目の黒円卓 (2013-02-09 18:34:59)
  • アンナ(水銀)「空気を読みたまえよ、君もビンに入りたいかね?」 -- 名無しさん (2013-02-09 18:37:27)
  • ここぞとばかりに脅しをかける -- 名無しさん (2013-02-09 18:39:35)
  • マリィ(蓮)「ぐっ………;」 -- 14番目の黒円卓 (2013-02-09 19:04:59)
  • エリィ(司狼)「蓮、ちょっと来い」 水銀以外が集まって、ごにょごにょと悪知恵を吹き込む。 マリィ(蓮)「……なるほどな」 にやりと笑う一同。 -- 名無しさん (2013-08-07 00:57:47)
  • マリィ(蓮)「親父い!!」 アンナ(水銀)「どうした息子よ!」 マリィ(蓮)「元に戻さないってんなら…………マリィの体でピー――――――するぞお!!!」 アンナ(水銀)「――――」 飛んでもねえ発言に水銀が完全停止する。  -- 名無しさん (2013-08-07 01:00:33)
  • アンナ(水銀)「の、ののののののののののNOOOOOOOOOOO!!!!!!!???? め、女神にそんな事をさせるわけにはいかん、すぐに元に戻さねば!!!!!」 焦りまくった水銀は、一斉に全ての入れ替えを元に戻す。 -- 名無しさん (2013-08-07 01:01:28)
  • 水銀「これでよ―――あれ、体が動かん?」 元の体に戻ると、水銀は動きが取れない事に気付く。そして、一同の殺意に満ちた視線にも気付いた。 蓮「よお――死ぬ前に言いたい事は?」 水銀「――――ふ、とどめはマルグリットの抱擁で――」 蓮「却下、死ね」 無防備の水銀に容赦なく降り注ぐ断罪の嵐、襤褸雑巾よりもボロボロの水銀は異世界に放逐され、戻ってきた頃にはこの悪戯は止めようと心に決めたのだった。 FIN -- 名無しさん (2013-08-07 01:03:40)



  • エレ姉さんはシュライバーの体に入っているのでは? そして黄金の体に入っているのはマキナのはず…… -- 名無しさん (2012-09-21 22:26:55)
  • ↑編集しておいたほうがいいだろうか? -- 名無しさん (2012-09-22 20:36:23)
  • ↑編集しておきます -- 名無しさん (2012-10-08 13:37:13)
  • ややこしいですけど、(2013-02-08 23:47:42)の蓮(マリィ)は蓮の体に入ったマリィだから、口調的にマリィの体に蓮が入ってるマリィ(蓮)に修正していいですか? -- 名無しさん (2013-02-08 23:54:35)
  • ベアトクスって誰だ? -- 名無しさん (2013-02-09 02:19:53)
  • ↑ヘルガさんです、ベイのお姉ちゃんで母親の。正確にはベイの闇の賜物がその姿をとってるだけだけど。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:21:24)
  • いや、俺が言いたいのはそこじゃなくてだな、名前間違ってるぞって琴田 -- 名無しさん (2013-02-09 02:23:34)
  • ↑訂正 いや、俺が言いたいのはそこじゃなくてだな、名前間違ってるぞってことなんだが -- 名無しさん (2013-02-09 02:23:58)
  • ↑すいません、修正しておきます。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:25:39)
  • ↑修正しました。 -- 名無しさん (2013-02-09 02:26:51)
  • 誰が何処でどうなってるのか理解できん -- 名無しさん (2013-02-18 20:31:35)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。