Dies irae ~Das Evangelium des Momentes~ プロローグ

世界が広がる。

黄昏の光に満ちた温かい流出が、彼女を中心に流れていく。


『大丈夫』


それは慈愛の光 それは母性のぬくもり


『私、ちゃんとみんなを包むから』


曇りなき慈しみに満ちた、母の愛そのもの


『私がみんなを・・・・・・・抱きしめる』


すべてを抱きしめ、すべてを愛する女神の愛は、今温かい海の如く世界を塗り替える



・・・・・・・その刹那


『・・・・・・・・・・・・?』


彼女の流出に、何かが触れるのを感じた。


『・・・・・・・・・・・・・誰?』


慈愛の女神は見つけたそれを掬い取り、手にする。それは一瞬だけ見えた光。今にも消え入りそうな、しかし美しく輝く小さな光だった。これはなんだろう。はじめて見るはずなのに、なんだかとても懐かしい。女神はその光に魅入られるように、自らの流出を弱めてしまった。
しかし


『――――――――――!』


今度は女神の胸から、あふれ出てくるものがある。だがそれは世界を塗り替える流出ではなく、彼女の胸の内にもとからあったもの。


『・・・・・・・・・・・・そうか』


それを体感したのは、彼女自身ではない。だがその記憶は、彼女にとってかけがえのない、美しき刹那の思い出。


『あなたも、いたんだね・・・・・・・・・』


手のひらにある小さな光を見て、彼女はやわらかな笑みを浮かべる。


『大丈夫だよ・・・・・・・・・私はちゃんと、みんなを抱きしめる』


再び女神の流出が始まる。温かい黄昏の本流が、変わらず全てを塗り替えていく。


『だから、あなたも幸せになって』


そう呟き、女神は手のひらの光を、自らの黄昏の海へと流した。光は黄昏の抱擁に包まれ、どこまでも流れていく。


『幸せになってね・・・・・・・・・レン』


女神の視線のさきには、もう光は見えなくなっていった



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。