Dies irae 夏といえば海、ならば縁日もでしょ!第3話

???「さてと、楽しい祭りも次の花火でおしまいか…」色白の美しい女が不気味な笑みを浮かべる。 ???「あんな小物の依頼を聞くのはシャクだけど…僕はこういう楽しい催しは嫌いじゃないしね…さあ、クライマックスを始めようか」 -- 名無しさん (2012-08-16 03:06:07)
???「イザヘル・アヴォン・アヴォタブ・エルアドナイ・ヴェハタット・イモー・アルティマフ ヴァイルバシュ・ケララー・ケマドー・ヴァタヴォー・ハマイム・ベキルボー・ヴェハシュメン・ベアツモタヴ・・・呪いを衣として身に纏え。呪いが水のように腑へ、油のように骨髄へ纏いし呪いは、汝を縊る帯となれゾット・ペウラット・ソテナイ・メエット・アドナイ・ヴェハドヴェリーム・ラア・アル・ナフシー 暴食のクウィンテセンス。肉を食み骨を溶かし、霊の一片までも爛れ落として陵辱せしめよ 死に濡れろ――――暴食の雨 <グローインベル>!!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 03:08:39)
女がその細い腕を覆う巨大な銃を天へと向けると、銃口からおぞましい何かが打ち上げられる。それは天に溶けたかと思うと、次の瞬間凄まじい豪雨がこの一帯に降り注ぐ。それはかつて旧世界・・・堕天奈落の世で猛威を振るった全てを腐敗させる血色の酸の雨だ。 -- 名無しさん (2012-08-16 03:12:40)
今最後の花火が打ちあがる。ラストを飾るにふさわしい盛大かつ豪奢な彩に夜空を染めるほどの美しさだ。漣「わぁ~」マリィ「綺麗…」蓮「こりゃ・・・すげえや」蓮(女)「ああ・・・」マキナ「・・・かつての先勝パレードでもこれほどのものはなかった」皆が感動に浸るその時・・・ -- 名無しさん (2012-08-16 03:20:23)
黄金「むっ…」黄金が眼光が夜空を射抜かんとばかりそこへ向く。 イザーク「父様?」 黄金「この場から引け…今すぐにだ!」あの黄金が珍しく声を荒げた叫んだ次の瞬間、全てを溶かし貪りつくす暴食の雨が降り注いできた。 -- 名無しさん (2012-08-16 03:26:25)
香純「え?なに?なんなの!?」螢「!?綾瀬さん、逃げて!!」リザ「玲愛!!あなたも一緒に行くわよ!!」玲愛「う、うん!!」エレ「ブレンナー!!ヨハンも連れて行け!!」非戦闘員をまずは先に退避させていく中、暴食の雨が先に牙を向いたのは――漣だった。 -- 案山子さん (2012-08-16 06:38:22)
漣「え………?」 マリィ「漣!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 09:06:16)
蓮(女)『時よ止まれ!!』 -- 名無しさん (2012-08-16 09:57:05)
蓮『おまえは美しい!!』同時に重なった詠唱。そして、倍速で遅くなる世界の中、二人の内蓮(女)が先に漣を抱きかかえて脱出し、次に蓮が形成したギロチンで降りかかる暴食の雨を両断しようとするが、 -- 案山子さん (2012-08-16 13:00:39)
水銀「下がれ、息子よ」蓮「親父!?」手で制する水銀に蓮が驚く中、暴食の雨が降り注ぐ。 -- 案山子さん (2012-08-16 13:17:28)
水銀「どういうつもりかは知らんが、今度は残滓すら残さず消されたいらしいな」ブチッ -- 案山子さん (2012-08-16 13:18:14)
流石の変態も、孫に手を出されて本気でブチ切れたようだ。 -- 案山子さん (2012-08-16 14:34:53)
水銀「Et arma et verba vulnerant Et arma!!Fortuna amicos conciliat inopia amicos probat Exempla!!Levis est fortuna id cito reposcit quod dedit!!Non solum fortuna ipsa est caeca sed etiam eos caecos facit quos semper adjuvat!!Misce stultitiam consiliis brevem dulce est desipere in loco!!Ede bibe lude post mortem nulla voluptas!!」紡がれる連続詠唱。彼の内側にある真なる渇望によって具現化された回帰の法則。 -- 案山子さん (2012-08-16 14:38:14)
???「! これは……」 -- 名無しさん (2012-08-16 14:45:18)
黄金「ふむ……カールよ。今回は私も少々日本で言う『堪忍袋の緒が切れた』という状態になったらしい。私の沸点が切れている。故に――」 -- 案山子さん (2012-08-16 14:51:28)
黄金の双眸が爛々と、黄金の色と輝きが一層ました。 -- 案山子さん (2012-08-16 14:52:19)
黄金「加減なく往かせてもらおう!!怒りの日 終末の時 天地万物は灰燼と化し ダビデとシビラの予言のごとくに砕け散る!!たとえどれほどの戦慄が待ち受けようとも 審判者が来たり、厳しく糾され 一つ余さず燃え去り消える!!我が総軍に響き渡れ 妙なる調べ 開戦の号砲よ、皆すべからく 玉座の下に集うべし!!彼の日 涙と罪の裁きを 卿ら 灰より蘇らん、されば天主よ その時彼等を許したまえ!!慈悲深き者よ 今永遠の死を与える エイメン!!」 -- 案山子さん (2012-08-16 14:53:47)
黄金の獣の内側から溢れ出ようとするのは、破壊の慕情を具現化させた修羅道の法則。 -- 案山子さん (2012-08-16 14:55:01)
今まさに、二つの覇道神である流出が薙ぎ払おうとしたその時、 -- 案山子さん (2012-08-16 15:12:53)
黄金&水銀「おおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 15:52:54)
???「いかに神格とはいえ、大元はあくまで人にすぎない・・・魔王を甘く見ないでほしいな」 -- 名無しさん (2012-08-16 16:27:59)
???「アクセス―――我がシン  イザヘル・アヴォン・アヴォタヴ・エル・アドナイ・ヴェハタット・イモー・アルティマフ・・・・・・ イフユー・ネゲット・アドナイ・タミード・ヴェヤフレット・メエレツ・ズィフラム おお、グロオリア。我らいざ征き征きて王冠の座へ駆け上がり、愚昧な神を引きずり下ろさん  主が彼の祖父の悪をお忘れにならぬように。母の罪も消されることのないように  その悪と罪は常に主の御前に留められ、その名は地上から断たれるように 彼は慈しみの業を行うことを心に留めず、貧しく乏しい人々、心の挫けた人々を死に追いやった  彼は呪うことを好んだのだから、呪いは彼自身に返るように  祝福することを望まなかったのだから、祝福は彼を遠ざかるように   呪いを衣として身に纏え。呪いが水のように腑へ、油のように骨髄へ、纏いし呪いは、汝を縊る帯となれ  ゾット・ペウラット・ソテナイ・メエット・アドナイ・ヴェハドヴェリーム・ラア・アル・ナフシー ・・・・・・安らかに眠れ<レスト・イン・ピース>!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 16:32:03)
水銀&黄金『!?』 -- 名無しさん (2012-08-16 16:37:18)
二柱の神格を纏う二人が驚愕を露にさせていた。最強の武威を誇る黄金と無限の回帰を纏う水銀。その彼らが今ここに―― -- 案山子さん (2012-08-16 16:39:09)
漣「みんなをイジめるな~!!」 -- 案山子さん (2012-08-16 16:40:07)
一方、詠唱を終えた女の持つ銃口に黒円卓の戦乙女のそれをも遥かに凌駕する電光が迸る。発生した膨大な熱量<エネルギー>によって銃口周囲の物質が熱され、それが個体から液体へ、液体から気体へ そして気体がさらに熱されることによりそれは光電<プラズマ>と化す。大陸をも破壊する威力を持つ光電砲<プラズマ・キャノン>が彼らめがけて放たれた。 -- 名無しさん (2012-08-16 16:42:19)
全員『!!』 -- 名無しさん (2012-08-16 16:48:57)
降り注ぐ暴食の雨によっていたるところが溶解し、先ほどのチンピラたちも・・・・「ぎゃあああああああ!!!」瞬く間に骨までと化され体は土に返されていく。聖遺物の使徒たちも創造を展開するが…戒「ぐうう」ベイ「こんの糞がぁぁああ」霊的装甲すら溶解してくらう酸性の豪雨により力は削がれ、彼らの創造ではこれに抗うことはできても避けたり防いだりすることは不可能であった。 -- 名無しさん (2012-08-16 19:28:44)
蓮(女)「わああああ!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 20:37:19)
司狼&マキナ「させるかああああああああああ!!!!」その凶悪な酸性の豪雨が蓮(女)にも襲い掛かるのだが、危機を嗅ぎ付け司狼はエリーから高速で離れ一気に走り、マキナは彼女を庇うように前に立った。司狼&マキナ「創造・対極!!」二人の凶悪な創造が発動し、蓮(女)への攻撃を総て退けていた。彼らの特性や能力故に出来る芸当である。 -- 案山子さん (2012-08-16 20:44:31)
マキナ&司狼「蓮(兄弟)! 大丈夫か!?」 -- 名無しさん (2012-08-16 21:20:42)
蓮(女)「あ、ああ……二人のおかげで助かったよ」 -- 案山子さん (2012-08-16 21:33:43)
しかし、その時・・・蓮(女)「っ!? あぶないっ!!!」 司狼「何!?」マキナ「・・・いかん!」彼らのそんな隙を見逃すまいとするように先程の光電の奔流が襲い掛かってくる。このプラズマそのものはこの世ならざる力で操作されたものとはいえ純粋な自然現象。発射された時点で超常の力の手を離れているため司狼の創造で消し去ることはできず、マキナも幕引きを行う両腕を豪雨に対する防御に使っているため迎撃できない。 -- 名無しさん (2012-08-16 21:41:03)
水銀「…………いい加減にしたまえよ」 -- 名無しさん (2012-08-16 21:43:17)
パチィィィィィィィィン!! かつてないほどの大きな指鳴りと、超低い水銀の声だけが皆の脳内に響く。 -- 案山子さん (2012-08-16 21:48:17)
水銀が意識を向けるとプラズマが四散する。森羅万象、あらゆる事象に干渉する神からすれば、科学技術で発生させた現象の操作など瞬き程度の労力すら必要無い。 -- 名無しさん (2012-08-16 21:49:15)
蓮(女)「あ………」 -- 名無しさん (2012-08-16 21:49:58)
水銀「安心したまえ、我が娘。ゲオルギウス並びにマキナよ。君たちの勲功を称え、後でどちらが私の娘と交際するのか、私が判断してやろう。異論は認めん。私が法だ。黙して従え」 -- 案山子さん (2012-08-16 21:51:53)
そう言うと、水銀の目がある一点を見る。その表情は普段の怪しさを感じるものではなく、ひどく無表情で冷めたものだった。 -- 名無しさん (2012-08-16 21:55:30)
水銀「さて……折角の余興を台無しにした罪は重いぞ?」黄金「万死に値する」二柱が互いに見据える先には―― -- 案山子さん (2012-08-16 21:57:17)
???「やってくれるねぇ・・・女に現を抜かす蛇に戦いに飢えた獣<ケダモノ>が・・・」女は銃口を向ける。詠唱を唱える・・・ -- 名無しさん (2012-08-16 22:00:08)
???「―――ケララー・ケマドー・ヴァタヴォー・ハマイム・ベキルボー・ヴェハシェメン・ベアツモタヴ  されば6足6節6羽の眷属、海の砂より多く天の星すら暴食する悪なる虫ども。 汝が王たる我が呼びかけに応じ此処に集え そして全ての血と虐の許に、神の名までも我が思いのままとならん。喰らい、貪り、埋め尽くせ<SAMECH・VAU・RESCH・TAU> 来たれゴグマゴォオグッ!」 -- 名無し (2012-08-16 22:02:22)
全員『!?』 -- 案山子さん (2012-08-16 22:03:17)
蓮「な、なんだこれは!?」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:05:40)
視界を覆い尽くす夥しい蝿の群れが凄まじい勢いで飛来する。 水銀「あれは前神の世界を覗き見たときに見た事がある……あの女は……まあいい、ハイドリヒ、あの蠅は一匹残らずたたき落とせ。ああ、出来んというなら私がやるが」 黄金「舐めてくれるなカール」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:07:40)
そう言うと黄金の聖槍が光り輝く。 -- 名無しさん (2012-08-16 22:11:25)
それらは辺りの毒気、妖気、瘴気を巻き込み、大気中に存在する総ての有害物質が砲身と化している右腕に集束し、呪詛を混ぜで凝縮された無数の虫たちは幾千幾万の羽音響かせつつ狂笑と共に襲い掛かる。人外の霊魂まで食らいつくす“罪”の塊は全てを喰らわんと群がる。 -- 名無しさん (2012-08-16 22:14:48)
そこに二柱と鋼鉄、自滅が前に躍り出る。 -- 案山子さん (2012-08-16 22:17:26)
司狼「おいムッツリ!!一匹たりとも逃すんじゃねえぞ!!」マキナ「……誰にモノを言っている。兄弟が後ろにいるんだ。加減など不要なり」そこに蓮が加わり、蓮「なんかヤバそうなんだが、お前らだけにいい格好はさせらんねえな」マキナ「……兄弟。あれは俺たちだから相対できるのだ。下がっていろ」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:19:20)
蓮「バカ言え、俺だって守んなきゃならないものがあるんだ」 マリィ「レン……」 漣「お父さん……」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:24:11)
玲愛「藤井君……そんなに私のこと(////)藤井君だったら、この身s」螢「なにドサクサに紛れて言おうとしているんですか。勘違いしないでください。藤井君は私のことを言ったんですよ」香純「違うよ、櫻井さん!わたしだよ!」マリィ「違うもん!わたしだもん!」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:27:22)
リザ「あなた達は危ないんだから避難しなさい!!!!!!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:28:12)
ヒロインズ『は、はい!!Σ(゜□゜;)』 -- 名無しさん (2012-08-16 22:30:31)
避難したと思われていた女性陣を引き戻しに戻ったリザは、面倒くさいのか、一人一人を投げて最後は電柱を引っこ抜いて桃○白のように乗っていった。男性陣「……………………」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:31:42)
マキナ「………兄弟、お前も逃げろ」 蓮(女)「で、でも!」 司狼「俺達なら平気さ。それよりも……」 蓮(女)「え……?」 司狼「これが終わったら、お前の答えを聞かせてくれ……」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:36:31)
マキナ「ふん…………」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:37:57)
蓮(女)「…………」 ベアトリス「蓮ちゃん早く!!」 蓮(女)「は、はい!!」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:41:10)
ベアトリスに施されて蓮(女)は小走りをするが、最後に振り返り、蓮(女)「聞かせてやるから、生きて帰ってこいよ!!二人とも!!」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:42:43)
マキナ&司狼『ああ!!』 -- 名無しさん (2012-08-16 22:44:30)
それで満足したのか、蓮(女)は今度こそ走っていった。 -- 案山子さん (2012-08-16 22:45:25)
黄金「さて……では、参ろうか」水銀「ええ、ではここに最後の恐怖劇《グランギニョル》を始めようか」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:46:20)
蓮「フォローなんざ期待するなよ?」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:49:21)
黄金「卿こそ、あまり甘く見るなよ?」黄金「ここに、幕を下ろそう」司狼「んじゃ、盛り上がっていこうぜ」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:51:38)
↑すんません、ミスりました。マキナ「ここに、幕を下ろそう」 -- 案山子さん (2012-08-16 22:52:19)
???「………面白い」 -- 名無しさん (2012-08-16 22:54:15)
神気をかつてないほどに漲らせる彼らに、女は不敵に笑う。 -- 案山子さん (2012-08-16 22:56:42)
???「ならこっちも………、全力でいかせてもらう!」 -- 名無しさん (2012-08-16 23:00:01)
ベルゼバブ「自己紹介がまだだったね・・・僕はバアル。僕はゼブル。僕はハデス。僕はハールート。マールート。ミキストリ。ルビカンテ。アエーシャマ。反キリスト。偽キリスト。メシア。バルザイ。バルザック。オートス。他にも名前が、腐るほどあるけど最後にはこう呼ばれたかな?我が真名<な>は暴食の魔群<ベルゼバブ>」 -- 名無しさん (2012-08-16 23:05:17)
黄金「ベルゼバブか………覚えておこう」 -- 名無しさん (2012-08-16 23:09:45)
ベルゼバブ「無理して覚えてなくて別にいいよ。どうせ僕がみんな食べるんだしさ」女は神気とは正反対の気・・・瘴気を漲らせる。物質化した地獄の力の奔流・・・罪<シン>が魔に属する蟲の群勢を活性化させる。 -- 名無しさん (2012-08-16 23:12:08)
ベルゼバブ「さあいくよ………!」 -- 名無しさん (2012-08-16 23:16:29)
その頃… リザ「ここまで来れば、大丈夫だと思うわ」 -- 名無しさん (2012-08-16 23:17:41)
香純「蓮、大丈夫かな~?」 -- 案山子さん (2012-08-16 23:38:20)
玲愛「大丈夫、私のダーリンは無敵よ」螢「誰があなたのダーリンですか!?」 -- 案山子さん (2012-08-16 23:42:03)
その時、マリィが顔色を真っ青に染めて辺りを見回している。香純「どうしたの?マリィちゃん」マリィ「漣はどこ?」一同「!?」気づいて辺りを見渡せば、漣の姿がどこにもない。 -- 名無しさん (2012-08-16 23:50:11)
マレウス「う、嘘!?」リザ「なんで?確かにさっきまで……!!」そこでリザはヨハンも同様にいないことに気づいた。リザ「ヨハン!!どこなの、ヨハン!?」玲愛「これって、マズいよね?」螢「ええ、確実に。ともかく、探さないと危険過ぎます!!」リザ「ヴァレリアン!!あなたも協力して頂戴!!」神父「無論です!!」玲愛「さっさと動け塵虫」 -- 案山子さん (2012-08-16 23:53:06)
グサッ!! 神父「ぐふっ!?」玲愛「あ、間違えた」玲愛の言葉と共に聖槍が神父を穿つ。 -- 案山子さん (2012-08-17 00:08:34)
その頃、ヨハンは漣と一緒にいた。リザ達とはぐれてしまったが、距離を取らねば命に関わると幼いなりに感じ取ったのか必死に逃げていた。 漣「お、お兄ちゃん、どこか痛いの?」 ヨハン「だ、大丈夫だよ。それより早くあそこから離れないと……」 漣を怖がらせないよう、必死にやせ我慢をするヨハンだったが、迸る神気と瘴気に身体は蝕まれる。黄金との関わりからか、即座に命を落とす事は無かったが、長時間この場にいればどうなるかは明白だった。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:13:12)
だが、離れれば離れるほど彼女たちから距離が遠ざかる一方。矛盾を抱えながらも、ヨハンは逃げていた。 -- 案山子さん (2012-08-17 00:15:24)
その時、月光に照らされて夜にもかかわらず割と白くて明るかった辺りが毒々しい紫に変色していく・・・二人が見上げるとそこには星の瞬く夜空ではなく紫色の空があった -- 名無しさん (2012-08-17 00:20:16)
次の瞬間・・・激震と共に大地から黒い炎が吹き上がる。そして二人の前に黒炎に包まれた暗黒の球体が姿を現した。その瘴気は現在黄金と水銀の軍勢と刹那の同胞たちが対峙している魔群をも凌駕していた。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:24:36)
漣「ふえ、ふえ……」ヨハン「!?叫んではd」漣「ふぇえええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!」あまりの怖さに、漣は泣き叫んでしまった。 -- 案山子さん (2012-08-17 00:25:53)
ヨハン「…だめだよ、お願い…だから、しず、かに…」 必死に漣を宥めようとするが、眼前に現れた球体が発する桁違いの濃度の瘴気に当てられ意識が遠のく。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:31:47)
???「活動<アッシャー>、形成<イェツラー>、創造<ブリアー>、流出<アティルト>―――堕ちろ、堕ちろ―――開けジュテッカ」暗黒の球体から響いた正に地獄からの呼び声が迸ったかと思うと黒い炎が触手のように漣に群がったかと思うと彼を包んで飲み込んでしまった。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:33:46)
???「ディエスミエス・イェスケット・ボエネドエセフ・ドゥヴェマー・エニテマウス―――ここに来たり無価値なる者・・・罪悪の王」次の瞬間、暗黒の球体が黒い爆炎をあげて弾け飛んだ。底知れぬ悪意と共に哄笑を放ちながらそれは再誕する。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:50:17)
ヨハン「漣く・・・ん」視界がはっきりしてくるとそこには漣の姿が・・・だがそこにはかつての無垢な笑顔はない・・・あるのは邪悪を絵にかいたような悪魔の冷笑・・・既に人の子のそれではなかった。 -- 名無しさん (2012-08-17 00:52:59)
漣?「久しぶりの宿主はガキの体か?しかもこんなつくりもんの・・・まぁだからこそ器が壊れずに入り込めたわけだが」漣?は周囲を確認するとそこには気を失ったヨハンの姿が 漣?「妙な感じがするガキだな・・・俺や前の宿主と似て非なる“音”が混ざってるが」首を傾げながら訝しむ -- 名無しさん (2012-08-17 01:08:43)
漣?「…他にもいるな、妙な感じの連中が……それにこの感じはあいつか? どうもやりあっているようだが」 (……れ…) 漣?「ん? 今何か聞こえた様な…」 (誰…?) 漣?「こいつは……」 (ねえ、君は誰なの? 僕どうなってるの?) 漣?「このガキの意識か? 前の宿主ならともかくこんなガキを喰えない訳がねえんだが」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:21:30)
漣(ねえってば!) 漣?「うるせえガキだな。俺が誰かなんてどうでもいい話だ、お前はもう消えちまうんだからな」 漣(消えるってどういう事?) 漣?「どうもこうもねえ、そのまんまの意味だよ」 漣(え、や、やだよ!? 消えるなんてやだ! もうママにもパパにもお爺ちゃんにも会えなくなっちゃうじゃないか!!?) 漣?「俺が知ったこっちゃねえんだよ」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:27:10)
漣(やだよ…ぐす……そんなのやだああああああ!!!) 心の中で、漣の感情が爆発する。その時、異変が起こる。 漣?「んっだよ、これは!!? 身体の所有権が……」 漣「やだああああああああ!!!!」 ???「ウ、ウおおおおおお!!?」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:29:45)
???「な、何だこりゃああ!?」 漣「うわああああああん!!!」 そこにいたのは泣き続ける漣と、漣の背中から延びる黒い何かにつながった異形の魔人。黒い何かから出ているものは、漆黒の屈強な上半身、悪魔を思わせる黒い翼、人間にはありえぬ顔……ただし、異形ではあるが完全にデフォルメされた愛嬌たっぷり姿はぬいぐるみのようで、恐ろしさ皆無の愛くるしさ最高仕様だった。 -- 名無しさん (2012-08-17 01:35:00)
???「(こりゃそう簡単にはいかねえってことか?久しぶりの王国<娑婆>なんだ。前の世界で一度死んでここまで元に戻るだけでも随分ひもじい思いをしたからな。また逆戻りはごめんだぜ・・・仕方ねえ)ああ、わかったわかった。消さねえでやるからとりあえず泣き止め!うるさい!」漣「・・・ほんとう?」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:37:14)
???「・・・ああ、ほんとうだ。ただし!」漣「ただし?」???「俺の宿主となったからには弱虫はごめんこうむるからな!もしつまねえことで泣いたり、拗ねたりなんかしようもんなら今度こそ消すからな!いいな?」漣「う、うん」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:46:06)
漣「ところで君・・・」???「なんだよ?」漣「名前は?」ナハト「弱虫なんぞに名乗りたかねえと言いてえ所だが、宿主になった以上はそうもいかねえか。・・・とりあえずナハトとでも呼べ」漣「ナハト?」ナハト「本当の名前は別にあるが・・・弱虫の今のお前には教える気はねえ。知りたきゃ強くなるんだな」 -- 名無しさん (2012-08-17 01:51:07)

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
どれもこれもヒロイン達による練炭取り合いの流れがデフォに… -- 名無しさん (2012-08-13 20:10:17)
仕方ないさ・・・、公式で既に同じことしてるドラマCDあるぐらいだし -- 名無しさん (2012-08-13 20:21:08)
そして蓮ちゃんが登場するのもデフォに……… -- 名無しさん (2012-08-13 20:22:17)
ボストンクラブとヒールホールドは同時に掛けられんだろ -- 名無しさん (2012-08-13 21:33:15)
すんません、つい -- 案山子さん (2012-08-13 21:35:14)
チンピラ…終わったな -- DIOさん (2012-08-14 17:28:27)
こっちの息子ショタ蓮は何と言う名前になるのだろう? -- AST (2012-08-15 00:30:33)
『漣』とかどうだ? -- 名無しさん (2012-08-15 11:38:49)
いいですね。他に候補がなければ、それで -- 案山子さん (2012-08-15 14:01:16)
みんな蓮ちゃん好きすぎるだろ; -- 名無しさん (2012-08-15 15:55:06)
シリアスきたーー!!!! -- DIOさん (2012-08-16 09:37:44)
黄金と女神ですら(影が薄くて)愛さない男シュピーネ…終わったな…… -- 名無しさん (2012-08-16 09:55:32)
水銀は大本から神格だろう? -- 愛の伝道師? (2012-08-16 20:32:19)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。