ウォルターガンダム

笑傲江湖 ウォルターガンダム

特徴

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
49600 720 L 15000 246 27 30 36 7 A A - - A

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
タックル 4000 20 0 1~1 通常格闘 100 8
ウォルターファング 5000 30 30 1~2 必殺技 85 5
ウォルターテンタクル×2 3000 24 0 2~4 射撃BEAM1 65 8
大口径ビームキャノン×8 1100 28 0 3~5 射撃BEAM2 45 10

アビリティ

名前 効果 備考
DG細胞感染 毎ターンHP・EN5%自動回復
バーサーカーシステム搭載 超強気で発動
攻撃力+10、防御力-10

設計元

設計元A 設計元B
ノーベルガンダム デビルガンダム
デスアーミー
デスバット
デビルガンダムJr.
デビルガンダム(最終形態)
クロスボーン・ガンダムX3 フェニックスガンダム(能力解放)
ズゴック オーガンダム(実戦配備型)

開発先

開発先A 開発先B 開発先C
2 デスアーミー 3 ノーベルガンダム 5 グランドマスターガンダム

備考

  • 脅威のBEAM2×8持ち。射程1~2の必殺技も持ち、射程5まで隙が無い。
  • 飛行可能かつ宇宙&空中適性Aであり、枠を圧迫しないサイズLと、使い勝手が非常に良い。
    • 水中Aでもあるのだが、水中戦になるとウォルターテンタクルと大口径ビームキャノンが使えなくなるので、
      射程の事を考えると実は水中戦は得意とは言えない機体だったりする。
  • ただし超強気になりバーサーカーモードが発動すると防御が-10されかなり脆くなってしまうので、防御ないし機動を弄ってない間は運用に気を付ける事。
  • 同じく四天王のガンダムヘブンズソードには負けるが、比較的作りやすい強ユニットのひとつ。
    シャイニングガンダム(ベーシック)からライジングガンダムまで開発すれば、あとはとの設計でリーチ。
    前身のノーベルも使いやすいので苦にはならないだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。