※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【リント&ミクオ】
リント「…遅いなー。アイツ呼び出しといてなんなんだよ」
クオ「……あのさ、此処に居るんだけど?」
リント「うわ!?…びっくりしたー……、びっくりしたー…!」
クオ「うん、…気配を読む術くらい覚えようね」
リント「…う、うっせーやーい!」
クオ「……話続けていいかな」
リント「はい」
クオ「…これから、勇者の一行が此処に来る。その中に、俺に似た女の子が居ると思う。」
リント「…うん」
クオ「彼女の事は、殺さないでほしい」
リント「は、…はあ?何言ってんだよ、俺は魔族だぜ!っつーか敵だし!敵!バッカじゃねえ!?」
クオ「…は?」
リント「あ、えっといやごめんなさいごめんなさい」
クオ「……とにかく、彼女に手を出したら、…分かるね?」
リント「ぅ…はい…」

【リン&ミクオ】
リン「あ、居たーっ!」
クオ「……」
リン「それで、用ってなーに?」
クオ「…あ、うん。…これから、勇者の一行が此処に来るんだけど、」
リン「え、そうなの!?リ、リントとレンに知らせなきゃ!大変だよーって!」
クオ「……………………。……そっか…良い子だね」
リン「え、…えへへー」
クオ「あと、その報告のついでに、勇者一行の中にいる水色の髪の女の子は傷つけないで、っていうのも伝えてくれると嬉しいな。俺の大事な血縁なんだよ」
リン「そうなのー?うん、分かったっ!それじゃあ、またねー!」
クオ「うん。……」

【レン&ミクオ】
レン「あ、いたいた。いらっしゃい」
クオ「ああ、うん。……まあ、此処外だけどね」
レン「流石に城の中には入れられないよー、汚いし。」
クオ「は?」
レン「蜜柑の皮とかバナナの皮とか散らばってるし」
クオ「……ああ、そうなんだ。」
レン「そうなんだよ。掃除が大変なんだよね。……、あ、えっと、忘れてた。それで、なんだっけ?」
クオ「……。これから、勇者一行が此処へ来る事は知ってる?」
レン「知ってる。あと二日もすればこの城へ来そうだって報告も来てるから」
クオ「その中に、水色の髪の女の子が居ると思うんだけど、」
レン「えっと…お姫様かな」
クオ「そう。彼女には、手を出さないでほしい」
レン「……うーん…オレ、一応敵なんだけどなあ」
クオ「分かってるけど」
レン「…一応、努力する。あ、でもオレだってまだ魔族として未熟だし、うっかり失敗したら、ごめん…!」
クオ「…そうなったら、割り込むしかないよね」
レン「割り込むの?」
クオ「…場合に寄っては?」
レン「そっか、楽しみにしてる!」
クオ「……されても困るんだけど…」