※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レン「もうそろそろ終わりにしようか。リント、あれ使っていいよ。」
リント「いいの!?わーい!あれ、レンがおkくれないと使えないし使うの久しぶりだから嬉しい!!」
レン「たまには使わないと、リントの頬袋が耐電しそうだしね。」
リント「よーし!フルパワーでがんばる!!」
レン「勇者ご一行、さようなら、かな。」

ミヤ「あああああころされるー!!やっぱまだ早かったんだよ!おれ達にはー!調子に乗りすぎたごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいいいいい」
グミ「うわー、あんなバリバリ受けたら命は無いと思うでござる」
ミク「うーん…出来ればあんまり使いたくなかったんだけど…」
ミヤ「何!?なんかいい方法あるの!?」
ミク「私の対を呼べばなんとかなるかなって。」
ミヤ「対?」
ミク「うんそう。なんかね、大賢者してて。ミクオっていうの。」
ミヤ「じゃあ早く呼んでよ!寧ろなんでここに来る前に呼んでくれなかったの?っていうかミク余裕ありすぎじゃない?なんでそんなによゆうなの!」
ミク「ミヤくんうるさい…このまま死んじゃう?」
ミヤ「いやだああああああ」
ミク「あーもう、…ミクオ、たすけて!」(何か折る音)

(多分ここで魔方陣が現れて、その瞬間リントが突進してきて、魔方陣から出た俺の反射的に出したリフレクトで自分の攻撃のダメージを受けて吹き飛ぶ)

クオ「……何、これ」

ミク「ミクオ!ありがとー!!」
クオ「ミク、久しぶり。」
ミク「会いたかったよー!」
クオ「うん、俺も。……成程ね。」(レンをチラ見)

レン「へえ、仲間とか呼べるなんて意外だったなぁ。リント、大丈夫?」
リント「きゅ~…」
レン「はぁ。…うん、今日の所は見逃してあげるよ。リントが重症で、俺一人でその人が加わったパーティに手を出すのは得策じゃないと思うから。」


クオ「…で、何でこんな無茶してるの。」
ミク「だって面白そうだったから!」
クオ「全く、ミクは本当に好奇心が旺盛だね。…そいつ?ミクの事巻き込んだのって。」
ミク「うん!ミヤくんとグミちゃんだよ。2人とも、この人がクオだよ。」
グミ「いつもミクちゃんにお世話になってますよー!」
ミヤ「始めまして…」
クオ「危ないことするのは勝手だけど、ミクを危険な目に合わせるのは関心しないな。」
ミヤ「すみません…」
クオ「取り合えずキヨを助けるのが目的なら、早くあいつを連れて出よう。」
ミク「あれ?ミクオは先生と知り合いなの?」
クオ「…昔なじみ。」
ミヤ「あ、あいつ何処にいるのかしらない…」
クオ「こっち。」


ミヤ「あ!居た!キヨテル!」
キヨ「…遅いですよ。」
ミヤ「うっさい!こっちだって何度も死にかけたんだよ!」
キヨ「貴方は本当に弱いですね。」
ミヤ「いいから早くちくわ!!」
ミク「まぁまぁ、それより先生が無事で何より!」
キヨ「貴方は優しい女性ですね。…始めまして、見苦しい姿を晒してしまいお恥ずかしい限りです。キヨテルと申します。そちらの貴方も…ありがとうございます。」
ミク「ミクです!」
メグ「メグよー。どういたしましてでござる!」
クオ「…俺にお礼は無いわけ?」
キヨ「…おや、居たんですか?気づきませんでした。」
クオ「へー、良い度胸だね。」
キヨ「まさかこの短期間で2回も貴方の顔を見るとは思いませんでした。」
クオ「大事な対に強制召還されてね、キヨはついでだよ。」
キヨ「そうですか。ついでに助けていただいてありがとうございます。」
クオ「…本当、食えないよね。」
キヨ「貴方はいつ見ても胡散臭いですね。」
ミク「あはは、先生とクオは仲良しだねー」
メグ「仲良きことはうつくしきかなー」
ミヤ「おれのちくわ…」
クオ「この勇者大丈夫?」
キヨ「大丈夫じゃないでしょう」