HGUC1/144 アムロ専用ジェガン

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

制作記

ジェガンのアムロ専用機です。
スターク・ジェガンを使用して製作しています。
小説版CCAではアムロを始めとする、ロンドベル隊ではジェダというジェガンの前身機を使用していました。
結果、リ・ガズィを強奪に近い形で入手し乗機としましたが
もしこれがなかったら、アムロはジェガンに乗ることになったはずです。
そんな妄想をこじらせて製作したのがこのジェガンです。

CCAの段階でプロト・スタークジェガンは存在しているので、形状の酷似しているスタークジェガンを使い
ミサイルを取っ払いアムロの乗機っぽくしました。
カラーリングはリ・ガズィやディジェを参考にしています。

ミサイル接続箇所は整形しプラ材でディテールを追加。
全体的にプラ材やメタルパーツでディテールアップを行っています。

バーニア類は多重化、頭部のバイザー下にカメラアイを模したレンズを埋め込みました。
目立たないですが膝関節に凸パーツ、凹パーツを組み合わせて形状を変えています。

スターク・ジェガンのキットに付属している武装のほか
オプション兵装としてハイ・メガランチャーを製作しています。
νガンダムHWSのハイパー・メガ・ライフルの試作型という位置づけです。
クリアパーツをセンサー類として取り付け、超遠距離狙撃可能という設定を
自分なりに反映させました。
右手・左手で片手持ち可能です。
やや重量があるため、肩関節・肘関節の保持力を上げて保持出来る様にしています。

デカールは全て水転写デカールを使用、デカール軟化材を使い、浮きが出ないようにして貼り付け。
塗装は洗浄後、サーフェイサーで下地処理を行い
2回の仮吹きで下地色を作り、最後に本吹き。
トップコートも色塗装と同様に薄く希釈した2回の仮吹きと濃い目に希釈した本吹きです。


■作業工程

洗浄→→仮組み→ペーパー掛け(~600番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ・合わせ目消し
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成

■塗装

光沢部分 スーパークリアーⅡで薄吹き2回、本吹き1回
つや消し部分 スーパークリアーつや消で薄吹き2回 フラットベースを添加して本吹き1回

濃いブルー  スージーブルー+インディブルー+デイトナグリーン
薄いブルー  クールホワイト+インディブルー+デイトナグリーン
レッド    モンザレッド
イエロー   イエローFS+キアライエロー   
グレー1  ニュートラルグレーⅤ+ウィノーブラック+ミッドナイトブルー少量
グレー2  ニュートラルグレーⅢ+ニュートラルグレーⅣ+ミッドナイトブルー少量
グレー3  ニュートラルグレーⅤ+クールホワイト
茶色    マボカニー+レッドブラウン+ ウィノーブラック

シルバー   黒立ち上げ→EXシルバー
レッド    黒立ち上げ→EXシルバー→クリアーレッド+クリアーイエロー


最後までご覧頂き、ありがとうございます。