HGUC1/144 ジョニー・ライデン専用ザク

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

制作記

ジョニー・ライデン専用の高機動型ザクを製作しました。
合わせ目が気になった以外は非常に良いキットでした。
各部のヒケ処理を丁寧に行い、ディテールアップや気になるところに手を加えました。

モノアイは市販のディテールパーツとクリアーパーツで製作。
肩スパイクは元の接続口を切り取り、市販のパーツをシャープにして取り付け。
腕や脚部の合わせ目はモールドに転用出来そうな箇所にスジ彫りを行ったほか
各ディテールに合わせてスジを入れてメリハリをつけました。
脚部にはパネルを追加し、同様にスジを入れてます。

比較用の画像を取り忘れてしまったため比較できませんが
肘関節の外観に凹モールドと半球形のパーツを組み合わせて、素組み状態とは違う形状にしています。

メタルパーツやプラ材も多用し素組みのものとは違った印象を
持ってもらえるようディテールを追加。

武器類は砲口のメタルパーツのほか、照準機にレンズを模したクリアパーツを使用。

脚部バーニア6機は多重化。
バックパックバーニア、足裏バーニアはメタルパーツを使用しています。

デカール類は基本的に水転写デカールをデカール軟化材を使い、浮きが出ないようにして貼り付け。
右肩の「RB」マークなど一部他デカールから転用出来ない物はキットのものを使用し
クリアーを重ね吹きして浮きが目立たないようにしています。

塗装は洗浄後、サーフェイサーで下地処理を行い
2回の仮吹きで下地色を作り、最後に本吹き。
トップコートも色塗装と同様に薄く希釈した2回の仮吹きと濃い目に希釈した本吹きです。


■作業工程

洗浄→→仮組み→ペーパー掛け(~600番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ・合わせ目消し
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成

■塗装

光沢部分 スーパークリアーⅡで薄吹き2回、本吹き1回
つや消し部分 スーパークリアーつや消で薄吹き2回 フラットベースを添加して本吹き1回

各塗装の調色は基本的に説明書どおりですが
コントラストを強くするためにブラック系を少なめに、ホワイトをやや多めに調色しています。
追加したグレー系はニュートラルグレーⅣ+ニュートラルグレーⅤ+ミディアムブルー少量です。
バーニア類はブラック下地からのEXシルバー、バーニア2段目はクリアーレッドを重ねています。


最後までご覧頂き、ありがとうございます。