HGUC1/144 ガンタンク

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

制作記

ガンタンクです。
HGUC1/144のキットにしては大きい部類で特に横幅があります。
パーツ1つ1つが大きいため、ペーパー掛けによるヒケ処理を入念に行いました。
各部にメタルパーツをアクセントとして、市販のモールドパーツも開口しハメ込んであります。

ボップミサイルとキャノンはメタリック塗装を行い
カーモデルのマフラー焼きつき表現などに使われる塗装方法で焼きつきを再現しました。
銃口にもメタルパーツを使用しています。


■作業工程

仮組み→ペーパー掛け(~600番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ・合わせ目消し
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成

■塗装

光沢部分 スーパークリアーⅡで薄吹き2回、本吹き1回
つや消し部分 スーパークリアーつや消で薄吹き2回 フラットベースを添加して本吹き1回

ブルー1: インディブルー+コバルトブルー+レッド+クールホワイト
ブルー2: コバルトブルー+レッド+スージーブルー+パープル+クールホワイト
レッド: モンザレッド+クールホワイト少量
イエロー:イエロー+クールホワイト少量+オレンジ少量
ホワイト:クールホワイト+カーキ微量
グレー: ニュートラルグレーⅤ+ニュートラルグレーⅣ+クールホワイト

シルバー: 下地ブラック→EXシルバー
シルバー2;下地ブラック→EXシルバー→スターブライトアイアン
焼きつき:クリアー系塗料各色でのグラデーション


最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。