MG1/100 ウイングガンダム プロト ゼロ EW

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作記

とにかく表面処理に注力しました。
捨てサフを吹き、軽く全面をペーパー掛けし、ヒケが目立つ位置やパーティングラインなどを確認。
洗浄後、再度捨てサフを吹き、仮組みを行いながら600番まででヒケ処理。
(仮組みの画像は600番までペーパー掛けを行い、ポリパテを使用する前の物です。)

塗装後を想定し、各クリアランス処理やモールドを彫り直し、分解しながら1000番までペーパー掛けしました。
ウイングや脚部など、ペーパーと捨てサフで処理しきれないヒケはポリパテを使用して埋めています。
仮組み画像でのグレーとイエローのサフは、私自身が表面状態を確認しやすいよう1回目と2回目で色分けしているためです。

表面処理以外の改修は以下の通りです。
バーニアの多重化や腰部へのモールド追加、肩スラスター部分のメタルパイプ、銃口のメタルパーツと照準レンズ。
ウイングの形状を少々(青い部分)、スジ彫り直し、クリアランス調整を行っています。

塗装は洗浄後、サーフェイサーで下地処理を行い
2回の仮吹きで下地色を作り、最後に本吹き。
ゴールドは設定色には存在しませんが、可動させフレームが露出した際にチラッと見えるよう、フレームの所々に配色しました。

デカール類はカメラアイ以外は、全て水転写デカールを使用しています。
極力、デカール浮きが出ないよう、デカール用の軟化材・接着剤を全てのデカールに使用しました。
デカール総数は約190枚、本体に約110枚、バックパック・ウイングに約40枚、バスターライフル・シールドに約40枚です。

トップコートも色塗装と同様に薄く希釈した2回の仮吹きと、濃い目に希釈しフラットベースを添加した本吹きです。



■作業工程

洗浄→捨てサフ吹き→ペーパー掛け(チェック)→洗浄→捨てサフ(イエロー)ペーパー掛け(~600番)→仮組み→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・パーティングライン処理などの表面処理
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成


カラーレシピ

つや消し部分 スーパークリアーつや消で薄吹き2回 フラットベースを添加して本吹き1回
光沢部分 スーパークリアーⅡで薄吹き2回、本吹き1回

ホワイト  クールホワイト+ニュートラルグレーⅢ少々
レッド   パーマンレッド+ピュアホワイト+ニュートラルグレーⅢ少々
ブルー   スージーブルー+インディブルー
イエロー  キアライエロー+オレンジ+ピュアホワイト
濃いグレー ニュートラルグレーⅤ+ウィノーブラック
薄いグレー ニュートラルグレーⅣ+ニュートラルグレーⅢ+ウィノーブラック

シルバー  下地にブラック→EXシルバー
メタリック 下地にブラック→EXシルバー→スターブライトアイアイン
ゴールド  下地にブラック→EXシルバー→スーパーゴールド
レッド   下地にブラック→EXシルバー→クリアーレッド


ご覧頂き、ありがとうございました。