HGUC1/144 ガーベラテトラ

他の作品はコチラへ

MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ

製作のご依頼はこちら


総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作記

発売日に購入以来、制作に時間がかかってしまいましたが、ガーベラテトラを制作致しました。
表面処理はペーパー掛け後、ヒケが目立つ部分はパテを利用し均一化。
合わせて既存のスジ彫りの調整。

メタルパイプは銃口と姿勢制御スラスターに限定、開口し埋め込み、裏面から接着。
装甲のディテールはスジ彫りやプラパーツとメタルボールを使用し、スラスターと明確な差別化を図っています。

塗装はパーツ単位、マスキングで濃いピンクと淡いピンクのツートンカラーをベースに。
肩、バックパック、シュツルムブースターのスラスターは全て多重構造化。
多重化の上で真鍮線、メタルパーツを使用しています。
脚部スラスターは既存モールドを潰し、市販パーツに変更、噴射口はメタルパーツを使用。

モノアイはクリアパーツとオーロラデカールの組み合わせで新造。
全ての水転写デカールはマークセッター・マークソフターのデカール用軟化材・接着剤を併用し
浮き上がりを極力回避しています。

トップコートはつや消し、スラスター類は光沢。
各、3回重ね吹きをし、綺麗で均一な質感に仕上げました。


■作業工程

洗浄→→仮組み→ペーパー掛け(~600番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成


最後までご覧頂き、ありがとうございました。