MG1/100 百式+バリュートシステム

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作記

MG1/100 百式+バリュートシステムです。
ゴールド塗装と光沢仕上げを行うことを踏まえ
いつも以上に徹底的に下地処理を行いました。

仮組みの画像は600番までで捨てサフ下地処理を行った状態です。
分解し改修しながら全面に1000番まであてています。
内部フレームは装甲が光沢ゴールドメインであることを踏まえ
つや消し仕上げをベースとし、部分的にシルバー。

フレームシリンダーは関節にあわせて可動。
上部のシリンダーの口径を広げ、塗装剥げすることなくスムーズに可動します。

バーニア内部は噴射色を再現。
光を拾い反射するメタルパーツを使用しています。

各部のエメラルドグリーン、メタルレッドはミラーデカールをクリアーコーティングしたものを使用。
バリュートのグリーン部分はクリアーパーツです。

デカール類は水転写デカールを使用。
マークセッター・マークソフターを使い、極力浮き上がりを回避。

装甲の塗装はサーフェイサー1200番、光沢黒立ち上げからスーパーシャインシルバーを薄く重ね
スーパーゴールドを仮吹きした後に本吹き。
仕上げはスーパークリアーⅡで薄吹き1回、本吹き2回の3層コーティングです。
通常の光沢仕上げと鏡面塗装の中間と言えばイメージしてもらいやすいと思います。

各部を拡大した画像でフレームやミラーデカールの色が反射していますが
塗装そのものはゴールドです。







■作業工程

洗浄→捨てサフ吹き→仮組み→ペーパー掛け(~600番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ・合わせ目消し
改修作業→ペーパー掛け(~1000番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成

■改修内容

  • 全身
ペーパー掛け・捨てサフ・ポリパテによるヒケ処理・面だし・C面調整・可動部クリアランス確保(コーティングで若干肉厚になるため)

  • 頭部
スジ彫りの作り直し
エッジ調整

  • 胸部
スジ彫りの作り直し
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加

  • 肩部、腕部
適所にピンバイスで開口、1,7mmメタルパイプでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
ミラーデカールでアクセント追加、コーティングして光度増し

  • 腰部
スジ彫りの作り直し
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加

  • 脚部
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加
ミラーデカールでアクセント追加、コーティングし光度増し
シリンダー口径調整


  • ランドセル
市販パーツを組み合わせバーニアの噴射色再現。

  • 装備品類
合わせ目処理
ミラーデカールをコーティングでアクセント追加、光度増し
ビームライフル砲口にメタルパイプ使用
クレイバズーカ、カートリッジ取り付け部の調整、塗装剥げすることなく着脱を容易に

  • バリュートシステム
胸部と接続する際の一部パーツを排除(通常のままだと塗装剥げするため)
市販パーツを組み合わせバーニアの噴射色再現。
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
クリアーパーツ使用


塗装

光沢部分 スーパークリアーⅡで薄吹き1回、本吹き2回の3層コーティング
つや消し部分 スーパークリアーつや消し 薄吹き1回 本吹き1回

  • 百式本体
ゴールド 光沢黒立ち上げ→スーパーシャインシルバー薄吹き→スーパーゴールド
シルバー 光沢黒立ち上げ→スーパーシャインシルバー
レッド  パーマンレッド+ニュートラルグレーⅣ+インディーブルー少量
胸部ブルー ブルー+ネイビーブルー+シャインレッド少量
濃いグレー ニュートラルグレーⅤ+ブラック+ミッドナイトブルー少量
薄いグレー ニュートラルグレーⅢ+ミッドナイトブルー少量

  • バリュートシステム
外装ブルー ミディアムブルー+シャインレッド+ニュートラルグレーⅤ
外装グレー ニュートラルグレーⅢ+ミッドナイトブルー少量
動力パイプ ミディアムブルー+シャインレッド+クールホワイト
内部ホワイト クールホワイト+ニュートラルグレーⅢ少量


ご覧頂き、ありがとうございました。