HGUC1/144 ガンダムGP01フルバーニアン

他の作品はコチラへ

MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作記

GP01Fbとコアファイターです。
元々はお客様から製作依頼を受けての製作着手でした。
しかし、下地処理が終わった段階でご依頼内容が変更になり
使用するキットが変更になってしまいました。
GP01Fbはオークションに出品予定です。

特筆すべき点は徹底した表面処理です。
通常のペーパー掛けでは段差がゆるやかになりヒケが目立ちにくくなるだけです。
捨てサフとポリパテを使用してのペーパー掛けをすることで
段差そのものがなくなり、ヒケを根本的に解消しました。
私が目視して確認出来たヒケは全て処理しています。

改修は徹底して行った表面処理を最大限に生かし、キットそのものを引き立てる改造で統一。

適所を開口しメタルパイプやスチールボールを適所に使用しています。
肩部などのの姿勢制御バーニアは設定画を参考にメタルパーツで再現してみました。
センサー類はクリアーパーツを加工し作成。
腰部はピンバイスで開口し、市販のディテールアップパーツを使用。
脚部のシルバー部分にはメタルデカールをアクセントに。

バックパックやブースターポッド、ふくらはぎ内部、足裏には
ブルー系のメタルパーツを埋め込みました。
画像でご確認いただける通り、擬似的に発光しているように見えます。
ふくらはぎ内部のバーニアは光が当たりにくいことを鑑み
明るい色のパーツを使用し存在感が出るよう工夫しました。
コアファイターのスラスター類も同様です。

ビームサーベルはキット付属のものではなくクリアーパーツ製に変更。
持ち手のみキットのパーツを使用しました。
真鍮線を軸にし接着しています。

私が0083を見たイメージですが、連邦のMSというより
AEのMSであるという印象を強く受けました。
デカール類はAE製であることをアピールする物を多用しています。




最後までご覧頂き、ありがとうございました。