HGUC1/144 ジオング

他の作品はコチラへ

MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作記

ジオングを製作しました。
しっかり表面処理を行い下地を作り、スジ彫りやプラバンを使用し改修しています。

モノアイは偏光デカールの上からクリアパーツを重ねています。
全身のセンサー類も同様の作り方です。

胴体は本来、フレームの外から2つのパーツを組み合わせる作りになっていましたが
適所で切断しフレーム+6分割に変更。
部分的にプラ板で裏打ちして高低差を出すと同時に
裏打ちしなかった部分にはシリンダーを埋め込む、内部フレームを見せることでディテールアップ効果も狙いました。

胴体中央には市販パーツを流用しジオンのエンブレムを取り付けました。
背部バーニアは接続部を加工し向きを変更し取り付け。

下半身の大型スラスターの塗装は黒下地からのスーパーシャインシルバーをベースにしています。
バーニア外側はクリアー系のカラーを用いて焼きつきを再現。
大きい2個のバーニアの噴射口にはメタルパーツを使用。
周辺の5個のバーニアは内部には、別途塗装した別カラーのパーツとメタルパーツを2個埋め込み、3重構造化しました。
スラスター底面は市販パーツなどでディテールアップしてあります。

今回は極力メタルパーツを使わないという方針で製作致しました。
バーニア以外でのメタルパーツは、ジオングヘッド部分の頭部メガ粒子砲口のメタルパイプ。
腹部メガ粒子砲の真鍮線のみです。

装甲には一切メタルパーツは使わず、パーツ分断による加工やプラ板、スジ彫りでのディテールアップを用いて完成させました。





最後までご覧頂き、ありがとうございました。