※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MG1/100 ザクⅡF/J型

他の作品はコチラへ
MG
HG
SD
現在の製作状況・製作のご依頼はコチラへ
製作状況

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -

製作コンセプト&背景

使用したキットはMG1/100 MS06F/J ザクⅡです。
あえてVer.2,0ではないキットでザクⅡを製作してみました。

昨今発売されているVer.2,0のキットとは違い
合わせ目や塗装をする際の考慮が全くなされていません。

HGのキットと同じように全身の合わせ目処理が必要であり
サイズも1/100なため、その分処理に掛かる時間も増えます。
しかも合わせ目処理をしてしまうと塗装の際に塗り分けが困難になるなど
綺麗に作ろうとすればするほど昨今のキット以上に手間が増えます。

合わせ目処理によるヒケの発生を抑えるため、接着剤として溶かしランナーを使用しました。
洗浄した後にペーパー掛け・捨てサフ吹き・ポリパテ・再度のペーパー掛けにより徹底的なヒケ処理を。
その際に既存のモールドの大半をいったんつぶし、処理が終わった後に全て作り直しました。

もちろん、モノアイも稼動します。
頭部をオープンしなくても後頭部のツマミで位置変更可能です。

メタルパーツはくどくならないようアクセント程度に抑えて完成としました。


■作業工程

洗浄→捨てサフ吹き→仮組み→ペーパー掛け(~400番)→ヒケへのポリパテ→ヒケ処理・ゲート処理・ライン処理・すりあわせ・合わせ目消し
改修作業→ペーパー掛け(~800番)→洗浄→サフチェック→修正(繰り返し)
サフチェック→塗装→スミ入れなど→デカール貼りなど→クリアー吹き→組み立て→仕上げ→完成

■改修内容

  • 全身
ペーパー掛け・捨てサフ・ポリパテによるヒケ処理

  • 頭部
スジ彫りの作り直し
市販パーツを組み合わせた自作モノアイ

  • 胸部
スジ彫りの作り直し
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加

  • 肩部
シールドの4角をピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
スパイクアーマーのスパイク部分を市販パーツに変更
スパイクアーマーの適所にピンバイスで開口、1,7mmメタルパイプでディテールを追加


  • 腕部
スジ彫りの作り直し
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加

  • 腰部
スジ彫りの作り直し
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加

  • 脚部
適所にピンバイスで開口、1.0mmメタルボールでディテールを追加
適所にピンバイスで開口、1.7mmメタルパイプでディテールを追加
ふくらはぎ部分にF型用バーニアを製作
足裏にバーニア追加

  • ランドセル
市販パーツを組み合わせバーニアを二重構造化

装備品類
合わせ目処理
レンズ内部を製作


ご覧頂きましてありがとうございました。 SAKI