HGUC1/144 ゼーズール

他の作品はこちら→HG

総アクセス数 -
今日 -
昨日 -


いやー、これ画像でかすぎますね。
右メニュー埋まっちゃってるがな(;’・ω・’)
次からはサイズ調整しっかりやります><

製作コンセプト&背景&感想

ガンプラ復帰作第3号です、HPに掲載する物としては記念すべき第一号になります。
ちなみに1号はアッガイ(塗装練習)、2号はガンダムmk2(パテ練習)、いずれも私がかつての勘と技術を取り戻すための練習台として犠牲になりました。

本作品は、比較的難易度が低く安全に行えて且つ効果的な改修するに留め
パテ・プラ版プラ棒・スジ彫り・塗り分け・細部筆塗り・金属塗装・デカール・ディティールアップなど、改修の基礎となる部分を
少しずつ、バランス良く行い、一定の完成度を保った状態で作品として完成させることを目指しました。
同時に、初めて模型に触れてから、この作品に至るまで一切使用したことのなかったメタルボールによるディティールアップにチャレンジした作品でもあります。

全体的にはバランスがとれていて安定した完成度を保ってはおりますが
不足分の工具を他用途工具で代用してしまったことも影響し、細部の精度に欠ける大味な作品として完成してしまったことは否めません。

しかしながら、この作品が手に渡った方には好評を頂き大変嬉しく思います。








作業工程

仮組み→ペーパー掛け(320~600番)→合わせ目消し・ライン処理
捨てサフ吹き→ヒケ処理→改修・改造→ペーパー掛け(600~800番)
洗浄→サフ吹き→塗装→水転写デカール→クリアー→仕上げ

改修内容

  • 共通
メタルボールなど使用。
パネルライン追加。
水転写デカール使用。

  • 頭部
モノアイを多面カットラインストーンに置き換え(稼動可能)
動力パイプをスプリングで再現するため口部形状変更。
スプリング内に真鍮線を通し口部と接続。
首部アーマーの形状変更。

  • 胸部 腰部
胸部中央パテ盛り、曲面に。
フロント・リアスカートを分割し裏地プラ板打ちした後
3mmのパネルラインを設け位置を変えて接続。
サイドスカートをHGUCザクⅡの物を加工し接続。
サイドスカートダクトに真鍮線。

注意

腰部の動力パイプはスプリングではありません。
金属塗装を施してあります。

  • 背部
ハイドロジェット排水口部分をくり抜き、プラ板・パテで再形成。
内部スクリュー作成。

  • 肩部 腕部
肩アーマー肉抜き穴埋め。
肩部にクリアパーツ使用。

  • 脚部
動力パイプをスプリングに変更。
それにあわせ稼動範囲確保のため、脚部と関節に若干の形状変更。
(稼動範囲に変更はありません。)
脹脛の排水ダクト形状変更。
足裏スラスター作成。

  • 武器 オプション等
ビームマシンガンのディティールアップ。
アイアンネイルをシャープ化、肉抜き穴埋め。
水中用フィン形状変更及び肉抜き穴埋め。

塗装 (C)クレオス (G)ガイアノーツ エナメル塗料はタミヤ

頭部など:下塗りにブラック、(G)純色シアン+(C)ブラック+(G)純色マゼンタ
胸部など:下塗りにブラック、(G)コバルトブルー+(G)純色シアン+(G)純色マゼンタ
太腿など:(G)アイスコバルトブルー+(G)純色シアン+(G)純色マゼンタ+(C)ホワイト
紫色部分:(G)パープルヴァイオレッド+(G)純色マゼンタ+(C)ホワイト
関節など:(C)ニュートラルグレー+(G)暗緑色
武器刃 :下塗りに光沢ブラック、(C)スーパーファインシルバーの後、クリアーブラックを重ね塗り、クリアーイエローを薄く重ね塗り
手首エングレーブ:黒の後にエナメル塗料でホワイト
スミ入れ:エナメル塗料ブラック+レッド少量
スカート凹み:エナメル塗料フラットアルミ
足裏スミ:エナメル塗料チタンゴールド

クリアー:スーパークリアーつや消し、武器刃のみ光沢