※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これまで育成してきたハハコモリ


1代目
初めての晴れパと一緒に育成したもの。努力値振りをミスる。

2代目
みがわりの採用。しかし性格がむじゃきより火力up性格のほうが
実数値に無駄が出ないことが判明し、数日で終了。

3代目
みがわり採用型第2弾。ついでにスカーフラティオス抜きはこの時点で見ないことにしている。
A140 C252 S120 のベースがここで出来上がる。

4代目
初めてのめざパ採用。タイプは炎だが身代わり型にすぐに変更。

5代目
めざパ岩型。後出しウルガモスの優雅な蝶舞に対し2発食らわせる芸当はここで生まれた。

6代目
初の物理型。A252C140の逆転をしただけの型ではあるが
さきどり晴れフレアドライブの火力はすさまじい。
じたばたっ!じたばたっ!

7代目
色違いハハコモリ、通称キンコモリ。
同時に初の草笛採用だが、どうしようもない命中率に絶望する。

8代目
めざ炎第2弾。長きに渡って使ってきためざ炎理想個体。
このあたりでパーティにクレセリアを加えたことにより、ハッサムとの対面が非常多くなった。物理攻撃に偏ったの種族値をしているハハコモリとの対面においてめざパ警戒されることは少なく、オッカ持ちでなければ綺麗に決まる。
また、これまで均衡を保ってきた140-252調整を崩すきっかけとなった個体でもある(H4サザンドラ最高乱数切り等)。
しかしハハコモリはHP個体値が31だと実数値150となり命の珠のダメージに無駄が出るため(珠ダメは1/10で小数点切り捨て)3弾以降は出番なし。

9代目
めざ岩第2弾。 理想個体だかこれもまたHP個体値のミスが発覚。 ←問題ありませんでした(?)

10代目
物理型調整版。対戦考察wiki仕様にするつもりが結局自分で調整することに。
一度ガチ雨パを崩した(気がする)。しかし物理型はどうにもしっくりこない。

11代目
この頃ローテーションバトルにハマる。
ハハコモリの豊富な補助技から光の壁とリフレクターをチョイス。
ヒードランとの組み合わせが調度良い具合に機能した。

12代目
物理型を譲渡したため作り直した。しかしこれもまたGTS譲渡済み。
なぜか224調整を施したような気がする。

13代目
めざ炎第3弾。現在最前線で戦う中の1匹。ココ!
H個体値を29にしたことによる珠ダメージの最小化を施し、これまでの緻密なAC調整を踏まえた上で完成した型。
晴れ依存の場合はもはや最終型と言っても差し支えない。
晴れパでハハコモリを運用のする場合はまずこいつを一番最初にオススメしたい!

14代目
ポケモン第五世代・対戦考察まとめwikiをそのまま真似てみた型。
使い勝手が悪いので即終了。パーティを合わせれば活躍の場も増えるかもしれないが、とにかく何もかもが微妙の一言。

15代目
日本晴れ持ち物理型。
物理型にすれば使い勝手あがるはず・・・と思ったがそうでもなかった。
襷も採用しているがそもそもハハコモリはキュウコンやヒードランの弱点をついてくるポケモンに対して後出しをするのが仕事なので相性がなんとも言えない。が、これはあくまでも自分のパーティとしての見方であるため運用の仕方を変えれば問題ない・・・と思う。
やはりパーティと相談。今後も日本晴れ持ちについては考察の余地有り。

16代目
レート最前線仕様。ココ!
Sを最速70抜き調整。つまり1、2代目ハハコモリの葉緑素発動時、スカラティ抜き調整をしている。
しかしスカーフラティオス抜きというよりはニョロトノを意識している。
またリーフストームの初登場であり、ハハコモリの最大火力を引き出すこととなった。
草笛?またまたご冗談を。 - / - / -

17代目
初めての夢特性採用、 ぼうじん です。
カバドリュに組ませたら壁張りとか耐久水に強くなれるんじゃないかなとか思いましたが・・・
葉緑素でいいです、おわり。

18代目
何を血迷ったのかネタwikiから引っ張って来た型。
HP16n調整 S最速70抜き仕様 A244
恩返し/身代わり/爪とぎ/草笛
水タイプ等、キュウコンの苦手な敵に対して繰り出し、(身代わり)→(爪とぎ)→草笛→爪とぎ→...→おんがえし
葉緑素で催眠+命中up技は珍しい。後半の爆発力はあると思いますが、範囲の問題は依然変わらず。

19代目
16代目のさきどりを身代わりに変えただけの型。
そのまま流用してもいいのだがさきどりはタマゴ技なので16代目はそのままで新たに育成し直しました。
これによりさきどりによる両刀振りの汎用性はほぼ薄れたわけですが依然としてラティオスに対しては
不補正A76シザクロ>補正有C248虫のさざめき になってしまうのでシザクロは残したまま。
その他を意識するなら(この振り方においては)威力としてさざめきのが上になるのですがリーフストームを打った後使えるということもあるため、現状維持という形でひとまず完成させた。

20代目
19代目をネストボールにいれて草っぽさを出した・・・それだけ

21代目
めざ岩にしてネストボールに(ry