※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルフォンス付き

エド「よし、これで洗濯は終わった」

アル『そうだね、あとは掃除だね』

エド「あーあ・・・またあの胸なしガミガミ女のお小言言われるのはいやだしな」

ルイズ「誰が胸なしガミガミ女ですって?」

エド「のわっ、ルイズ居たのか!?」

ルイズ「あんたって奴は・・・使い魔のくせに・・・ごごご・・・ご主人様に何て無礼な・・・!」

エド「うわわっごめんルイズ!!。」

ルイズ「エドには晩御飯抜き!!、あれ?・・・アルはどこ?」

エド「あれっアル?、アル?」

アル『あっごめんごめん』

エド「何やってたんだお前?」

ニャーン

アル『!!!』

ルイズ「?・・・今の鳴き声・・・」

エド「ア~ル~・・・お前またネコを拾ってきたな!!」

アル『だってだって・・・この子一人でいたからかわいそうだもん・・・』

ニャーニャー

ルイズ「きゃー!!何この子可愛い!!」

アル『でしょでしょ?。ねっ兄さんルイズちゃんも可愛いって言って・・』

エド「ダメ!!、ルイズがなんと言ってもダメだ」

ルイズ「なんで~可愛いじゃな~い」

エド「お前キャラ変わってねぇか?。とにかく・・・そのネコ元の所に戻せ!!」

アル『うわああああああああああん!!!、兄さんのバカー!!人でなしいぃぃぃ!!(号泣)』

ガチャガチャガチャ

エド「走るな!!ネコかわいそう!!」

ルイズ「アル!、走っちゃだめよ!、アイミーがかわいそう!!」

ガビーン

エド「うおっ早速名前付けやがった!!!」



惚れ薬を飲んだときのルイズ

エド「あのさ・・・ルイズ」

ルイズ「何?、エド?」

エド「いい加減にひっつくのやめてくれ・・・機械鎧が磨けん」

ルイズ「!!。・・・エドは私が嫌いなの・・・?」

エド「おまっいきなり何言ってんだよ!?」

ルイズ「だってエドはいつも他の子と話してるもん、私の事が嫌いでしょ!!」

エド「いや、別に嫌いじゃねえけど、機械鎧を磨いたらひっつけばいいよ!!」

ルイズ「本当?」

エド「ほほほ本当だって!!。ま・・・まぁ今回だけだからな・・・別にお前が泣くからほっとけないって意味じゃ・・・!!」

ルイズ「エド・・・エドのこと大好きぃぃぃ!!???」

エド「のわわっルイズ・・・バカ抱きつ・・・アッー!!」

エドが何されたかご自分の妄想で


注:パロディネタです、文句はご遠慮ください。突っ込みはOK

ルイズ「・・・」

ルイズが何やら書いている
コンコン、ガチャ
ドアをノックする音がしてドアをあけたのはエド

エド「珍しいなお前が静かにしてるってのは(笑)」

エドの発言で怒鳴る
ルイズ「何?、静かにしちゃ悪い!?」

エド「いや別に」

ルイズ「それより、ここのスレタイが長いからどう呼ぶか考えるわよ!。さっさと手伝いなさい!」

メモをエドに見せるルイズ
エド呆れ顔。

エド「エドスレでもいいんじゃねえのか?、このスレ俺メインだし・・・」

いつもどおり面倒くさそうなエド
それでも怒るルイズ

ルイズ「何言ってるの!、あんたメインだったら私はどうするのよ!。適当に答えないで!!」

エド「どんな風にやればいいんだ・・?」

エドがたずねる、ルイズが答える

ルイズ「もっとこうスパッとしたタイトルがいいわ、例えば「リリ○ルな○は」とか・・・」

エド「お前たとえが古い古い・・・それだったら「灼○のシ○ナ」じゃないのか?」

ルイズ「あんたそれ、どこのネタよ(お前が言うか」

エド「んじゃ、ギーシュたちを呼んで議論しようぜ」

ルイズ「それはいい案ね」

つづく・・かな?、かな?(あんたもか