※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第16話


二人は夜遅くまで話した。ルイズは聞き疲れたのか、ベッドでぐっすり寝ていた。夢でも見ているようだ

「…寝れねぇ…」

「相棒、どうしたんだい?こんな夜中に?」

「…いくぞ」

「ちょっ!」

エドはデルフリンガーを持って、部屋の外へと出ていった


~ルイズの夢~

「ルイズ!ルイズ!…まったく、ルイズはどこなの?ルイズ~!」

そう叫んでいるのはルイズの母であった。デキのいい姉たちと魔法の成績を比べられ、物覚えが悪いと叱られていたのである。
ルイズは、そんな母から逃げ、彼女自身が『秘密の場所』と呼んでいる、中庭の池に向かう。
中庭の池には、一艘の小舟が浮いており、そこにルイズは一人隠れていた。
すると、一人のマントを羽織った立派な貴族が現れた

「泣いているのかい?ルイズ」

「子爵さま、いらしてたの?」

ルイズが子爵さまといった貴族は年のころは16歳くらい。つばの広い、羽根つき帽子に隠れて、顔は見えないが、ルイズには彼が誰だかわかったようだ

「今日はきみのお父上に、あの話のことで呼ばれたんだよ」

「まあ!」

「ルイズ。僕の小さなルイズ。きみは僕のことが嫌いかい?」

「そんなこと…ありませんわ」

「ルイズ」

そう言うと、優しくルイズに手を指し伸ばした。
ルイズがその手を握ろうとしたそのとき、風が吹いて貴族の帽子が飛んだ

「あッ」

現れた顔を見て、ルイズは当然の声をあげた。

「な、なによあんた」

帽子の下から現れた顔は、憧れの子爵ではなく、使い魔のエドワードであった

「…」

エドは無言で右手を差し出していたが、いつの間にか右手は剣に変わり、ルイズの喉につきつけられていた
「ちょっと…イヤ、…キャァァァ!!」

~ルイズの部屋の外~

部屋の外では、エドがデルフリンガーを一心不乱に振っていた

「ハァハァ…」

「相棒、いつまでこうやってるつもりだい?」

エドは一時間近く、剣であるデルフリンガーを振っていたのだ

「ハァハァ…錬金術はな…ハァハァ…体と精神を両方鍛えないといけないんだ」
「しかしなぁ…」

「キャァァァ!!!」

「「!?」」

突然、ルイズの悲鳴が聞こえてきた

「な、なんだ!」

エドは慌ててルイズの部屋に入っていった。デルフリンガーをおいて

「あ~い~ぼ~」

エドが慌ててルイズの部屋に入っていくと、ルイズがベッドの上で汗だくになっていた

「おい!だ、大丈夫か?」
「ハァハァ…」

「何があった!」

「イヤッ!!こ、来ないでよ~~~!!」

「ん?なんだ?」

ルイズは明らかにエドを拒絶している。
その視線は、エドの右手を見ている

「いやぁ~来ないでよ!このば、ばか~」

「おい!起きろ!!」

「へ?…ハァハァ…夢?」
「何があった?」

ベシッ!

「いだっ」

エドがルイズに、ムチで叩かれた

「なにしやがる!」

「…ハァハァ…あんたは…夢にまで…なんなのよ~」
「だから、なんなんだよ!まったく…」

「!?(エドが夢に出たなんて言えないわよ!)…べ、別にっ!なんでも、なな、ないわよ!」

「なんでもないのに、人をムチで叩くのか!!」

「…もぉ~あんたには関係ないでしょッ!!」

そう言うとルイズは、布団をかぶって隠れてしまった
「(な、なんなんだよ!まったくワケ分かんねぇ)」
エドも自分の寝床に入り、眠ってしまった

その時、デルフリンガーは―

「いいさいいさ…俺なんて…ブツブツ…」

一人(?)いじけていた…