※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第15話


―トリスティン魔法学院―
学院長室にて、オスマン氏が四人の報告を聞いていた
「ふむ…ミス・ロングヒルがフーケじゃったのか…美人じゃったから、何の疑いもなかったわい」

「「「「…」」」」

「とにかく、四人ともご苦労じゃったな。フーケを捕まえて、『破壊の杖』も取り戻してきてくれた」

オスマン氏は、満足気に言った

「今宵は『フリッグの舞踏会』じゃ。存分に楽しむがよい。今宵の主役は君らじゃ」

オスマン氏にそう言われ、三人は部屋を出た。しかしエドは、部屋に残りオスマン氏に話しかけた

「あの…『破壊の杖』はどこでてに入れたんですか?あれは、俺がいた世界にあった武器なんですよ」

「あれは…三十年前のこどじゃ…森を詮索していたワシは、ワイバーンに襲われた。その時助けてくれたのが、『破壊の杖』の持ち主じゃ。彼に、命を救われたのじゃ」

「その人は…」

「もう、死んでしまった…じゃからワシは、彼が使っていた武器を『破壊の杖』と名づけ、宝物庫にしまいこんだ。恩人の形見としてな……」

「誰がその人を、この世界に呼んだんですか?」

「それは、わからんよ」

「くそ!せっかく手がかりを見つけたと思ったのに」
エドは嘆いた。せっかくの手がかりが、あっという間なくなってしまった

「…そういえば、おぬしのルーン…」

「へ?あぁ…これが何か?」

「…それは、ガンダールヴの印じゃ。伝説の使い魔の印じゃよ」

「伝説の使い魔の印?」

「そうじゃ。その伝説の使い魔はありとあらゆる『武器』を使いこなしたそうじゃよ」

「…どうして、俺がその伝説の使い魔なんかに?」

「すまんが、わからん。ただ、もしかしたら、おぬしがこっちの世界にやってきたことと、その印は、なにか関係しているのかもしれんな」

「はぁ…(使えねぇ)」

「とにかく、ワシはおぬしの味方じゃ。なにかあったらワシに言うんじゃぞ」

「…はぁ。なにかわかったら、お願いします」

「ふむ。今宵はおぬしも楽しむんじゃぞ」

―舞踏会―

エドは、大量の料理をバルコニーに運んで食べていた
「相棒ぉ、さっきから食い過ぎじゃねぇのか?」

「うるさい!これで帰れると思ったのに…。食わないと落ち着かないんだよ」

エドは、デルフリンガーにそう言って、また一つ料理を口に運んだ

「…ミルクは飲まねぇのか??体にいいぜ」

「うっ……けっ!誰が…牛が出した分泌物を飲まないといけないんだ!!」

そう言って、ミルクを遠ざけた

「相棒ぉ…」

「と、とにかく!今は食うんだ!」

エドはデルフリンガーと、バルコニーでこんな会話をしていると、ホールの方が騒がしくなった

「ヴァリエール公爵が息女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール嬢のおな~りぃ~」

エドは息をのんだ

「…」

「こりゃまた…」

デルフリンガーだけが、声をだしていた
エドが会場を見ると、そこには華麗にドレスアップしたルイズの姿が見えた

「こりゃぁ…相棒、見てみろよ」

「…ふん」

エドが食べ物を食べていると

「楽しんでるみたいね。」
ルイズがエドに声をかけてきた

「べ、別に…」

「それにしても、よく食べるわねぇ」

「ほっとけ!」

「そう…」

「「……」」

「…そういえば、お前は踊らないのか?」

「踊る相手がいないのよ」
「ふ~ん…モグモグ」

ルイズは、手をエドの前に出した

「踊ってあげてもよくってよ…?」

「へっ…!?…お、『踊ってください』―じゃねぇのか?」

「もうっ!!…今夜だけだからね。…私と一曲踊ってくださいませんこと?」

ルイズは顔を赤く染めている

(相変わらずだなww)

「ダンスなんかした事ないぞ」

「私に合わせて。…そう…ねぇ、私にもっと話してよ、エドのこと。私、信じることにしたから…」

エドはルイズに、エドがいた世界の事を話した。 ―こうして、夜は過ぎていった―