※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第14話


エドが考え事をしていると、不意にミス・ロングヒルがエドから『破壊の杖』を取り上げた

「えっ?」

「「ミス・ロングヒル?」」

「…?」

「ご苦労様」

そう言うと、ミス・ロングヒルはエドがしたように『破壊の杖』に右手を突っ込んで、四人に『破壊の杖』をむけた

「な、なんで?」

「ふふふ。フーケは私なの。助かったわ!これの使い方がわからなかったのよ。…さぁ、杖を置きなさい」
三人は、杖を放り投げた。これでこの三人は、何も出来ない

「そうよ、いい子ね。貴方は、両手を上に挙げてね」
エドは言われた通りに、両手を挙げ……なかった

「勇気があるのね。そんなに死にたいの?」

「別に、死ぬ気なんてないさ。」

「じゃあ、なんで私に逆らうの?」

「一ついいか?」

「なぁに?」

「そいつは、もう使えないぞ」

そう言うとエドは、両手を叩いた。

「!?」

フーケはエドがしたように、右手を付き出した。しかし、何も起きない

「な、どうして?」

「そいつはな…単発なんだよ。だからもう打てない。しかも…」

エドの話が終る前に、フーケは『破壊の杖』をほうり投げて、杖を握ろうとした
シュワ!

地面から拳が生えて、フーケの腹と顔面に叩き込んだ
「しかもそいつは、オートメイル内蔵型の『カルバリン砲』なんだよ。それに神経が繋がってないと発射できない(まぁ、違法的にサイズがでかいんだけど)」
フーケは崩れ落ち、気絶した。エドは『破壊の杖』を拾い上げて言った

「フーケを捕まえて、『破壊の杖』を取り戻したぞ」

フーケを捕まえた帰り道―
「ルイズ、なんで逃げなかったんだ?」

「魔法が使える者を、貴族と呼ぶんじゃないわ。敵に後ろを見せない者を、貴族と呼ぶの!それに…」

「それに?」

「エドが…使い魔が戦ってるのに、ご、ご主人様が戦わないでどうするのよ」

「そうなのか?」

「そ、そういうものなの!」

そんな会話をしながら、トリスティンに帰っていった。―相変わらず、キュルケはエドにべったりだった―