※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第12話


翌日、破壊の杖が盗まれて学院は大騒ぎになっていた。すると、ミス・ロングヒルが部屋に入ってきた

「ミス・ロングヒル!どこへ…」

「フーケの居所がわかりました」

コルベールを無視して、ロングヒルは言った

「いったい、誰に聞いんじゃね?」

「はい。オールド・オスマン。近所の農民に聞き込んだところ、近くの森の廃屋に入っていく黒ずくめのローブの男を見たそうです」
「そこは近いのかね?」

「はい。徒歩で半日。馬で四時間といったところでしょうか」

「なるほどの…。では、捜索隊を編成する。我と思う者は、杖を掲げよ」

誰も杖を掲げない

(まったく…誰も、おらんとは…)

すれと、ルイズがすっと杖を顔の前に掲げた。それを見てキュルケが。キュルケが杖を掲げたのを見て、タバサが杖を掲げた

「君たち!君たちは生徒じゃないか!!」

コルベールが驚いて声をあげた

「いいではないか」

「しかしですね…」

「彼女達は、敵を見ている。その上、ミス・タバサは若くしてシュバリエの称号を持つ騎士だと聞いているが?」

教師達は驚いたようにタバサを見ている

「ミス・ツェプストーは、ゲルマニアね優秀な軍人を数多く輩出した家系の出で、彼女自身の炎の魔法も、かなり強力と聞いているが?」

キュルケは得意げに、髪をかきあげた

「ミス・ヴァリエールは…その、なんだ…数々の優秀なメイジを輩出したヴァリエール公爵家の息女で…その…将来有望なメイジと聞いているが?」

そう言うと、エドの方を見て

「その使い魔は、平民ながらあのグラモン元帥の息子である、ギーシュ・ド・グラモンと決闘して勝ったという噂だが」

「そうですぞ!なにせ…」
オスマン氏は慌ててコルベールの口を押さえた

「とにかく!この三人で決まりじゃな」

周りは、誰も口を開かない
「では、馬車を用意しよう。ミス・ロングヒル!手伝ってやってくれ」

「わかりました。もとよりそのつもりです」

こうして、フーケ探索隊は出発した

馬車は深い森に入っていった

「ここから先はま歩いて行きましょう」

ミス・ロングヒルがそう言って、全員が馬車から降りた

「なんか、暗くて怖いわ…」

キュルケがエドの右手に手をまわしてきた

「あんまりくっつくなよ」
「だって~こわいんだもの~。あれっ?エドの右手、すっごく固いわね。なんで?」

「いいから、離れて歩いてくれ!」

ルイズが機嫌悪そうに二人を見ている

「…」

タバサは…いつも通り無言だった