※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第10話


エドは買ってきた剣を机の上において、早速錬成をしようとした

パンッ!

いつものように両手を叩き、剣を錬成しようとした。しかし、その剣は錬成できなかった

「な、なんでだ??」

パンッ!

隣に置いていた鉄鋼石は、きちんと錬成できた

(できない理由じゃない。じゃあなんでだ??)

エドが悩んでいると、どころからか声が聞こえてきた
「おい!手前ぇ!なにしようとしてるんだ!」

「ん?誰だ!」

エドは辺りを見たが、誰もあない

「どこ見てんだよ!ここだ、ここ!」

エドが、机の方を向くと…さっき買ってきた剣がしゃべっているではないか

「な?」

「なに驚いてるんだ!インテリジェンスソードがそんなに珍しいかよ」

「…(確かに、この剣がしゃべってる…この剣は、誰かが、魂の練成をしているからしゃべるのか?…だったらどこかにあるはずだ…錬成陣が!)」

エドはその剣を、隅々まで調べた

「ちょっ、おまっ」

「なぜだ?なんで錬成陣がないんだ!」

「なにいってんだ?お前?俺は、意思を持つ剣さ!名前はデルフリンガー様だ」
「意思を持つ剣?魂の錬成で、剣に魂を定着させたんじゃないのか?」

「だから、俺様は魔法で作られた魔剣さ。まぁよろしくな!相棒!」

「ああ……ん?まてよ。じゃあお前は誰に作られたんだ?」

「さぁ、覚えてねぇなぁ。なんせ長いこと生きてんだからよ」

「じゃあ、どうやってお前は作られたんだ?」

「わからねぇ」

「そうか…」

「?なんかわかんねぇが、すまねぇな」

「別にお前のせいじゃないさ。気にするな」

二人?が話していると、ルイズが部屋に入ってきた

「あれ?まだその剣は汚いままなの?」

「汚くて悪かったな!貴族っ娘!」

「ひゃっ!?…なによ、その剣インテリジェンスソードだったの?」

ルイズはそう言うと、ベッドに腰をかけて、楽にしついた。
その時、ルイズの部屋のドアが開かれた

「エド!貴方にプレゼントがあるの!受け取ってくれるわよね?というか、欲しいわよね!」

「キュルケ!なに勝手に人の部屋に入ってきてんのよ!」

「ルイズ…いたの?」

「ここは!私の部屋なの!出ていきなさい!!」

「私はエドに会いにきたの。貴方には関係ないことよ」

「な、なんですって!」

このままでは面倒なので、エドは口をひらいた

「で、俺になんのようだ?」

「そうそう。貴方にプレゼントがあるの!受け取ってね!」

そう言うとキュルケは、立派な剣をエドの前に置いた
「その剣…」

「私がエドの為に買ってきたのよ。エド!受け取ってね」

「えっ?」

「ち、ちょっとやめなさいよ!エドには、私が買った剣があるんだから!」

「ふ~ん。でも、ボロボロじゃない!私の剣の方がいいに決まってるわ!」

二人はまた、口喧嘩をはじめた。エドは我間せずという具合に、デルフリンガーを見ていた。すると、急に静かになった

「「エド!どっちがいいの!!」」

結局二人は、エドに決めることにしたらしい

「えっ?……」

エドは迷っていた。どちらにしろ自分には不要なものだからだ。二人はエドを見ている

「え~と、…両方ってのは?ダメか」

「「なんですって!!」」

二人は、また口喧嘩をはじめた。エドは、冷や汗をダラダラ流している。すると、急に静かになった

「ねぇ、ルイズ。そろそろ決着をつけましょう」

「そうね。…キュルケ。決闘よ!」

「いいわ。もちろん魔法でね」

「望むところよ!」