※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第9話


―とある部屋―

タバサは、一人で本を読んでいた彼女は虚無の曜日が好きだった。自分の世界に好きなだけ浸っていられるからである。すると、どんどんとドアを叩く音が聞こえた。タバサはとりあえず無視をした。
しかし、叩くのを止めない。タバサはめんどくさそうにルーンを呟き、『サイレント』を唱えた

(これで静かになった)

すると、視界の端に真っ赤な髪が見えた。タバサは魔法を解き、キュルケの話を聞いた
つまり、キュルケが言うにはこうだ。
ルイズがエドと一緒に何処かへ行ってしまった。キュルケはエドに恋をしていて、二人で一緒に出かけたのがきにくわないから、タバサの使い魔で追いかけて欲しい

(…面倒だけど、キュルケの頼みだから…)

「…わかった…」

「ほんと!ありがと、タバサ!愛してるわよ!!」

二人はタバサの使い魔のウィンドドラゴンのシルフィードに乗って、ルイズ達の後を追いかけた

―トリスティン城下町―

「ちゃんと財布持ってなさいよ!」

「わかってるよ」

「まったく…こんな所に来たくないのに…ブツブツ…」
そうこうしてる間に、ルイズ 達は目的の店に着いた。そこは、武器屋だった

「今日は特別に、私があんたに剣を買ってあげるわよ!と、特別だからね!」

「いや、別に俺は…」

「なにっ?」

「…なんでもないです」
「いらっしゃい…だ、旦那。貴族の旦那。うちはまっとうな商売してまさぁ。お上に目をつけられるようなことなんか、これっぼっちもありませんや」

「客よ。私の使い魔にぴったりの剣を探しにきたの。適当に選んでちょうだい」
そう言うとルイズは、珍しそうに店内を見ている。
エドといえば、ダルそうに店内を見ている

「旦那。これなんてどうで…」

「却下。もっと立派なのがいいわ!」

店主が持ってきたレイピアを見ずに、ルイズは言った
「じ、じゃあ、これなんていかがでしょう?」

店主が持ってきた剣は、1.5メイルはある大剣だった。見事な装飾、鏡のように両刃の刀身が光っている

「エド!これにしなさいよ!これならメイジの使い魔として十分な威厳があるわ」

ルイズは、目を輝かせて言った

「そんな剣はいらない。実用性がないからな」

エドは、ルイズの意見を無視して、一本の剣を持った
「これでいい。店主、あと剣の材料…鉄もくれ」

エドが選んだ剣は、錆の浮いたボロボロの剣だった

「そんなのでいいの?」

「まぁ、後で錬成し直すからいい」

そう言うとエドは、その剣と鉄鋼石を持って、店を後にした
―その頃―
「見つけた!…ん?な、なによあれ!エドが、私のエドが剣を持ってるわ!ルイズが買ってあげたのね!…まぁいいわ。私がもっと、エドにふさわしい剣を買ってあげるんだから」

そう言うと、キュルケとタバサは、ルイズ達が出てきた店に入っていった

「いらっしゃい。…!?また貴族の旦那か」

「この店で一番立派な剣をくださいな」

「へ、へぇ。わかりました。…これなんていかがでしょう?これは、かの有名な(中略)なんでさぁ」

「いただくわ。おいくら?」

「(やった!)エニュー金貨で3000、新金貨で4500でさぁ!」

「ご主人…ちょっとお高いですわね?」

そう言うと、キュルケは店主にせまりだした。
キュルケの“誘惑”を使った値切りで、その剣を新金貨1000で買ってしまった

「ま、まいどありぃぃ~」
店主は、泣いていた

「これで、エドは私のものね!」

キュルケは買った剣を持って、タバサと一緒に帰っていった