※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8話


「ところで、聞きたかったんだけど、アルって誰なのよ?」

「アルは、俺の弟だ」

「ふ~ん。そうなの。じゃあ、その右手は何なの?」

「これは、機械鎧―オートメイル―だ。鋼の義肢。だから俺の二つ名は“鋼”なんだよ」

「へぇ~。良くできてるわね」

「腕のいいやつがいたんでな」

「エドは、弟と二人で何をしてたの?」

「…」

エドは、黙り込んでしまった…そして、ルイズの方を向いた

「何よ」

「俺達は…『賢者の石』をさがしてるんだ。ある目的のために…」

「賢者の石?なにそれ?」
「賢者の石―それは、『完全な物質』。どんな代価をも必要とせず、どんな物でも錬成できるものだ」

「どんな物でも?すごいわね!でも、エドも錬成だっけ?してたじゃない。あの巨人とか」

「あれは違う。あれは地面を錬成して作った。錬金術は等価交換なんだ。無からは何も作れないし、色々な法則も無視できない。俺に言わせれば、魔法の方がどうかしてると思うけどな」
「そうなの。エドは賢者の石を見つけて、何をしようと思ってるの?」

「…」
「…」

「ち、ちょっと!」

エドはうつ向いて、床の一点を見つめている―そして、その重い口を開いた…

「俺は…アルと、俺の体を取り返す。そして…」

エドはまた、うつ向いてしまった

「えっ?体を…?」

ルイズを無視して、話を続けた

「俺とアルは、禁忌を犯したんた。絶対にやってはいけないことを…」

「…」

「俺達は、人を錬成しようとした。母さんを…死んでしまった母さんを…その為に、錬金術を学んだ。師匠には禁止されていたけど、やってしまった。」

「…」

ルイズは、ただ黙ってエドの話を聞いている

「理論は完璧だった。だけど…錬成されたのは……。……その時に、俺は左足を。アルは、体ごと持ってかれた。何とかアルの魂はこっちに呼び込めたけど、その代償に右手を持ってかれた。だから俺は、賢者の石を見付けたいんだ………」
エドは、今にも泣きそうな声で話をした。
ルイズは黙って、その話を聞いていた。
―二つの月だけが、二人を見守っていた―
「…もう寝る」

「う、うん。…おやすみ」
エドは力なくそう言うと、床に藁をひいつあるいつものところで、毛布にくるまって寝てしまった

(私…聞いちゃいけないこと聞いちゃったかな…)

ルイズも、布団に入って寝ようとした。しかし、エドのさっきの話を聞いて、なかなか眠れなかった。すると、エドがうなされていた
「…うっ…アル…母さん…ご、ごめ…」

ルイズは、汗だくになるエドの方を向いた。その時、
「うわぁぁぁぁぁぁ!!」
エドが急に叫んで、起きた
「きゃっ!!何よっ!?」
「はぁ…はぁ…な、なんでもない…(くそっ!)」

エドはそう言うと、また寝てしまった。ルイズは、エドが心配になっていた。自分のせいで、エドの辛い過去を聞いてしまったのだ…
(そうだ!)

ルイズは何かを決心して、深い眠りにはいった
―翌朝―

「エド!おきなさい!朝よ!…エドっ!!」

「なんだぁ~?」

ルイズが珍しく朝早く起きていた。しかも、きっちりと服を着ている

「早くおきなさいよ!まったく、ご主人様より早く起きるのが使い魔でじょ!」
今日のルイズは、なんか元気いっぱいだ。エドがモソモソと服を着て椅子に座った

「いい?今日は虚無の曜日だから、町に買い物に行くわよ!用意しなさ~い!」
「…お前」

「べ、別に、あんたが元気ないからとか…その、そ、そんなのじゃないからね」
(良いとこあるじゃん。素直じゃないけど)

「わかった。馬を借りてくる」

トントン

その時、ルイズの部屋のドアが叩かれた
「誰?」

エドがドアを開けると、そこに一人のメイドがいた。シエスタだ

「あの…エドさん。昨日は、急に逃げだしてしまってすみませんでした!」

「えっ?いや…別にいいよ。なんともなってないし。俺が勝手にしたことだから。」

「で、でも、逃げだしたのは私で、エドさんが、決闘してしまったのも私のせいだから…」

「大丈夫だって。シエスタが気にすることないから」
そんな二人の会話を、ルイズは黙って聞いていた。
―何気にいいムードである
「とにかく、シエスタが気にすることはないからな」
「わかりました。ありがとうございます。エドさんを見てると、なんか勇気が持てました。これからもよろしくお願いしますね」

シエスタはそう言うと、笑顔で部屋を後にした。
シエスタが出ていった後、なぜかルイズは機嫌が悪くなっていた

「さっさと行くわよ!」

「?じゃあ、馬を二頭…」
「一頭で十分よ!あんたは使い魔でしょ!手綱を持ちなさい!手綱を!」

「わ、わかったよ…(なんでだ?さっきまでニコニコしてたのに…わけわかんねぇ)」

こうして二人は街へと出かけていった