※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7話


―ある日の夜―
エドが雑用を終えて寝ていると、ドアの外に気配を感じた

「なんだ?」

ドアを開けると、底には一匹の動物がいた。キュルケの使い魔、サラマンダーのフレイムだった

「お前は…確か、キュルケの使い魔…フレイムだったっけ?」

「きゅるきゅる」

フレイムはエドの上着の袖をくわえると、キュルケの部屋にエドを引っ張っていった

「なんなんだいったい?」
フレイムに引っ張られ、エドはキュルケの部屋に入っていった
入ると、そこは真っ暗だった

「そんなところに突っ立ってないで、いらっしゃいな」

キュルケの声が聞こえると、部屋に立てられたロウソクが、一つずつ灯っていく。するとそこには、ベッドに腰掛けたキュルケの悩ましい姿があった

「な、何の用だ?」

キュルケはエドの近づき、優しくささやいた

「あなたは、あたしをはしたない女と思うでしょうね?でも、あなたは許してくれるわ。」

「な、何を…」

「恋してるの。あなたに。あなたがギーシュを倒した時の姿…。かっこよかったわよ。あたしね、それを見て痺れたのよ。あたしの二つ名は『微熱』。あなたがわたしの微熱を情熱にかえたの…」

「キ、キュルケ?な、何を…」

「安心して。怖くないわ。あたしが教えてあげるわよ」

そう言って、キュルケはエドをベッドに押し倒した
キュルケがエドの唇に、自らの唇を合わせようとしたその時―

バーン!!!

キュルケの部屋のドアが、今にも壊れそうな勢いで開いた

「何をやってんの!あんた達はぁぁ!!」

ルイズだ。ルイズが顔を真っ赤に染めて、鬼の形相でそこに立っていた

「ル、ルイズ!?」

「あらぁ、取り込み中よ。そうねぇ…二時間後に来てくださる?ヴァリエール」

「ツェルプトー!だれの使い魔に手を出してんのよ!」

「しかたないじゃない。好きになっちゃったんだもん」

「来なさい。エド」

ルイズは、怒っていた。その怒りの凄まじさに、エドは反射的に生命の危機を感じた

「は、はい!」

エドが部屋を出ようとしたとき―

「エド」

キュルケに呼ばれ、反射的に振り向いたエドは、いきなり唇を奪われた。
―それは長い、情熱的なキスだった。
満足したのか、キュルケは唇をエドはから離した

「じゃあね。ダーリン」

投げキッスをしてキュルケはドアを閉めた

―ルイズの部屋―

「ん~~っ。何なのよ、あいつはぁぁ!盛りのついた野良犬じゃない!!あんたもあんたよ!なんでノコノコついていくわけ?ばかじゃないの!!」

ルイズはそう叫びながらエドを鞭で叩いている

「いだっ!や、止めてくれぇ!」

エドは半泣きになりながら何とか耐えていた

「いい?だいたい、あの女はちょっと胸が大きいからって(中略)しかも、あの女はゲルマニアの貴族で、私の実家の領地は(中略)というわけで、キュルケはだめ!禁止!わかったわね!!」

エドはルイズの長話を、正座で、しかも時々鞭に打たれながら耐えていた

「しかも、最後なによ!キ、キス!?何してんのよあの女もあんたも!!」

鞭で打たれながらエドは思った。つい思ったことを口に出して言ってしまった

「やいてんのか?」

「だ、誰が、あ、あんたなんかに、や、やきもちなんかぁぁぁ!!」

ルイズは、鞭を振るった。この時、エドは自分が余計な事を言ってしまったと後悔した

「私は…そうよ!自分の使い魔が、あ、あんな女に、と、取られたくないだけなんだからぁぁぁ!!!」

「わ、わかったから。もう止めてくれ!!」

「はぁ…はぁ…わ、わかればいいのよ…わかれば」

エドには、鞭で叩かれた痛々しい痕が残っていた