※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話



「なんなんだあいつはぁ~~~!!!」

「キャッ!?」

ガッシャーン!

エドが叫ぶと、不意に後ろで小さい悲鳴が聞こえ、何かが割れる音がした。振り向くとそこには一人の少女がいた。メイドの格好をして、黒い髪が印象的な可愛らしい少女が、顔を青くしている。

「「……………」」

気まずい空気が流れて、エドは自分がやってしまったことを理解した

「ご、ごめん。ケガはないか?」

メイドの格好をして、顔を真っ赤にしている少女にエドは心配になり、声をかけた。メイドの格好をした少女。シエスタは顔を真っ赤にして

「だだ、大丈夫、大丈夫です…」

「でも…」

「本当に大丈夫ですから。し、失礼しました」

そう言ってシエスタは厨房の方に走っていってしまった。一人残されたエドは割れてしまった食器を見つめていた―
エドは錬金術で錬成して直した食器を持って厨房に入っていった
エドこっそり厨房の中を覗く、とそこには忙しそうに動くコック達がいた

「見つけた!」

エドはメイド姿のシエスタを見つけて、シエスタに近づいていった

「あの~…」

「キャッ!」

シエスタはいかなり声をかけられて、また食器を割ってしまった

「「…………」」

気まずい空気がながれた…
「パンッ!」

エドは先程やったように食器を錬成して元に戻した

「これでよし。さっきはごめんな。」

シエスタはびっくりした顔をしていた

「あなたは…」

「俺はエドワード・エルリックだ。エドって呼んでくれ。」

「もしかして、ミス・ヴァリエールの使い魔になったっていう…」

「…そうだけど…君もメイドなのか?」

「いいえっ!!私はただの平民ですから」

「あの…これ…さっきは驚かしてごめん」

エドはシエスタに錬金術で直した食器を渡した
「!?ありがとうございます。ありがとうございます。」

シエスタは何度もエドにお礼をした

ぐぅ~~~~~~

その時、エドの腹が鳴った…けっこう大きな音だ…

「あははははwwww」

シエスタはいきなりのことで笑ってしまった。自然に緊張がとけていった

「お食事ならありますよwあっ!私はシエスタと申します」

「本当に!ありがとう。シエスタ」

エドはシエスタの優しさに感動していた。こちらに来て初めて優しくされたのだった。シエスタが天使に見えた
「ごちそうさま。ありがとな、シエスタ。美味しかったよ」

エドは出された食事を全部残さず食べた

「ww本当にお腹が減ってたのですね、エドさん」

「どっかの貴族様がご機嫌斜めなんでな」

エドはここぞとばかりにシエスタにルイズの愚痴はなした。
二人はいつの間にか打ち解けていた

「そうだ!食事のお礼に何か手伝わしてくれ」

「そんな…」

「いいからいいから」

そう言うとエドはお盆を持った

「…わかりました。お願いしますね」

そう言って二人はお盆を持って、食堂に入っていった