※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

評価を☆の数で表現しています。
最大☆5ですが規格外の強さの物は準じない場合も

ベーシック


プリシア ☆☆☆☆☆☆

理解不能な火のキティガイカードその1がいきなりアンコモンである。
アタッカーがいなくなれば攻撃要因を作れるし、除去が余っていれば相手のナビゲーター破壊へ向けることもできる。
速攻と高火力がウリの火が持ってて良いナビゲーター性能ではない。

玉蘭 ☆☆☆☆☆☆→☆☆☆☆☆

理解不能な火のキティガイカードその2
何故速攻デッキが攻撃停止後に双方のトップデッキを操作できないとならんのか。これがあるせいで火はキャラが除去されつくしても不利になりにくい。
必ず必要な効果ではないため、「標的」登場後には投入を見送られる場合も出てきたので少し評価減

水沢 葵

コモン最初のキャラでもう地や水とは格の違いを見せつけている。
わざわざ使うカード出ないとはいえ、頻繁に使う能力ではないことから牽制になっているだけで十分。

織原 聖

とくにいうこともないが、キャラ増量のためか、ベーシック環境の火単速攻にしばしば見かけるキャラではあった。

桜庭 ひかる ☆☆☆☆☆

理解不能な火のキティガイカードその3はなんとコモンである。
場にさえ出ればいつでも3点火力に化け、それを阻止されることはほぼなく本体へ直接飛ばすこともできる。
それなのに2エネ2/1で攻撃に参加できる性能もあると、臨機応変な行動ができすぎてちょっと何を言っているかわからないカード。
こいつが火に100%4枚積まれているせいで、アンタップインしないDP3のキャラクターは存在価値が薄くなっている。まったくもってふざけている。

緒方 静香

そんなに悪いわけではないカードだが属している色が悪かった。

安達 エミ

1エネ3/2や3/3がいる火でこいつが使われる理由など無かった。が、資産のない火単ではよく見かけた。

川奈 真樹子

他のロクでもないベーシックキャラカードに比べればきちんと自己完結した能力を持っているのでまともである。
しかし火属性ではそれも無意味だった。

石鍋 環

だから、何故そんなに2エネ3/3にはデメリットが必要なのかを教えてくれ

有森 涼子

何も言うことはあるまい。

小久保 麗香 ☆☆

速攻型が強く、主流だったためにあまり見かけられなかったが、能力は非常に強力で自分へのダメージはどうとでもなるデッキや、
リミッタースペルが主軸のデッキには相性が非常に良い。JSAデッキへの採用実績などもあり割と侮れないカード。
水レアの彼女と扱いの差が酷い。

菜乃花 恵理

お前のDPが1じゃ意味無かろう

ミッキー

火故に使う理由もない。リミテッド程度。

仁科 美砂 ☆

資産のない火単では「安達エミ」等のDP3キャラが投入されていたのでこのキャラも入れて手数を増やしていることを見掛けることもあった。
リミテッドでの一押しも可能。案外悪くないカード。

桐畠 晶 ☆

こいつも飛行付与かつ殴れるスペックから、リミテッドでよく使われていた。でもそれ以上でもそれ以下でもない。

弥生

こいつを使うくらいなら他の3/3使います

深水 まどか

アドバンテージ率は良いのだが、重さと強さが噛み合ってない。リミテッド向け。

リナ・スティングレー

男がぞろぞろ並ぶデッキがあったならサイドボードとかに使えたかもね。残念ながらそのデッキは男が出たら自分の敗北が待っているデッキだったんだ。

江口 大介

頭でっかちすぎてこのAPを生かせるシーンがない
はずだったが、まさかこいつがフィニッシュできるデッキが現れようとは。とはいえ、基本的に使うに値するカードではない。

アルビオン

能力名と少し合わせろよ。どこも「急」成長していない。稀にリミテッドでとんでもない強さになっていたりする。

若林 鮎

悪くないけど、それより攻撃したいのが火と言う色。

リュキア・ルースティーン ☆

恨むなら同コストコモン3点火力のあの子に言ってください。リミテッドではもちろん強い。

田中 冴子 ☆☆

他が強すぎるだけで十分及第点な強さのカード。これがまったく使われないカードプールなのだから頭がおかしい。

篠原 美樹子

火としてマッチしていないが、色々悪用できる能力。キャラクターじゃなかったらもっと輝いていた。

森村 美貴

DPが1しかないけど既に受けられないこと前提なので問題無く評価。能力が重いのがマイナス評価。

日高 小梅 ☆

構築じゃ重くて遅いので秒だがリミテッドは結構危険。サーチキャラクターに制限がないのも評価には値する

不良3人組 ☆☆☆

火に属していなかったらもっと使われていたであろうキャラクター。
ブロックされても無理やり通したり、「スポーツマン」「JSA」との相性は抜群。わざと落とす手段を考えておけば擬似複数アタックも出来る。

矢野 真士

2:1交換してたら勝てないよね。こいつを使わざるを得ない状況になる前に玉蘭で操作しろ。

日野森 あずさ ☆☆☆☆☆→☆☆☆

ベーシック環境では唯一無二の高効率だったが他に株を奪われて評価減。
というかコイツ以上が出てとかそもそもふざけている上に、火の壊れカードの中でこれがまだマシな部類なのだから困る。
場に出てしまえばバウンスされない限りデメリットがないので他にも数多くいる1エネAP3のキャラの立場が全くない。
やられる前にやれ、が火のスタイルなので1ターン目の2ダメとか無視。

皆瀬 葵 ☆

相手のエネルギー損失に自分側が2エネとタップ必要としてちゃダメなんだよ・・・

森原 さとみ ☆☆☆☆☆☆☆

理解不能な火のキティガイカードその4。様々なデッキを制作段階で既に死滅させてきた主犯。殴らないデッキが流行らなかったのは大概こいつのせいである。
先行2ターン目の4/2アンタップインを倒せるカードは全カードを見ても数枚しかなく、火に先手を取られた時点で初期体力が減った状態で開始されているようなもの。
その時点でもう印刷されるべきでは無いレベルで、挙句の果てにデメリットであるはずの通常アンタップをしない能力によってロックをくぐりぬける。アホか。
本当に何を言っているかわからない上に、β版はイラストも良い上コモンである。

ミルフィ ☆

お前は少し「ひかる」を見習いたまえ

蛮人フィーリア ☆☆☆

むちゃくちゃ強いのに「さとみ」のせいで二軍扱い。どうなってるんだこの属性。頭おかしいぞ。風にこいつがいたら常にメイン投入張れる強さだってのに。

木乃原 茜 ☆☆☆☆☆

理解不能な火のキティガイカードその5。他によくいる3エネ3/3キャラに謝れ。土下座でだ。
実質6/4な上にパンプすればAPは倍加して行くなんてどうなの。
速攻性がないだけ多少なりともこいつはマシとか言えてしまう時点で火がキティガイなカードプールだと言うこともおわかり頂けるだろうか。

ドーラ ☆

風にいたら使われていたかもね。リミテッドでは結構強い。しかし最大の欠点は何故か良くパックから出てくること。
強力レアが多いベーシックのパックでこれが見えると絶望感がハンパない。

ジャネット・バンロック ☆

苦労してこいつを出す頃にはこいつで無くともフィニッシュ可能な距離。それは他のキティガイカードのせいなので仕方ない。
大型キャラがDP4では天に召されやすすぎるのも問題。AP6で落とせない相手もなかなかいない中、APも3だらけだから
ブロックされたら基本的にさようなら、と割と困ったちゃん。

セラセラ ☆☆☆☆

「ネクロノミコン」とのコンボで一斉風靡したが、実は普通に出てきても強い。「その他」キャラなので変な除去をされやすいが、
こいつが出せると言うことは最低限ナビゲーターが2枚あるので2ターンは確実に生きていられる。通るダメージは20点。十分だ。
「追い打ち」や「熱血教師」等の良相性カードがあることも評価。