※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プリズン

(登場時期:2nd)

槇村 智子 2/2
水/CHARACTER/Female 【コスト】水水
【生徒指導】
『槇村 智子』をタップする:ターン終了時まで、あなたのコントロールする、
対象のキャラクター1体に「+1:+1」の修正を与える。
【家庭訪問】
この特殊能力は、『槇村 智子』が手札にあるときのみ使用してもよい。
『槇村 智子』を手札からクラッシュする:あなたは任意のエレメントのエネルギー1点を得る。


相手のカードプレイを妨害する事を他の水デッキよりも特化したデッキ。
手札アドバンテージの損失は顧みずに早期の展開を仕掛ける。
最序盤に2エネルギーを活用するため、《ウィンディ》と共に必然的に風もよくタッチされる。

定番の《小早川 瑞穂》《槇村 智子》セットに、エネルギー要員がてんこ盛り。
相手がモタ付いているうちに《桜坂 たえ子》を早期に出してナビゲーターへロックをかける。
瑞穂と同数のナビゲーターしか相手の場になければ放置できるのでうまくこちらも展開する
さらに規定数以上のナビゲーターが既に配置されていても《ポイポぉ~いっ!!》で減らすことが可能。
ロックをかけていると使いにくいのだが、むしろ捨てることでスペル制限を掛ける要素になる。
最終的には低域で相手の場へ影響を与えるカードのないアイテム制限を《猫まんま》でループさせる。

ドブンすると先手で《最後のお手伝い》や智子活用から4エネルギーを得て瑞穂2体やたえ子、
その後動けない相手を尻目に追加の瑞穂や猫まんまサイクルやドリル配置、で実質上の1キルが発生する。

3rdからは《花園 さくら》《ドリルワーム》が新戦力。
前者は5枚目以降の《小早川 瑞穂》の様な制限力になり、不要な手札も活用できる。
また、それを行う必要がない場合もAP4によりクロックorフィニッシュ力も高い。
後者は手札を勢いよく消費するこのデッキとの相性は抜群であり、仮に必要なくとも
能力起動の手札コストとして無駄なく使っていける。

欠点は先手後手、初手の手札内容で強みが大きく変動してしまう構造そのもの。
逆を言えば先手かつ初手がしっかりしているとまず負け筋がないほど。


デッキ名はMTGの雰囲気が似ているデッキタイプより。

デッキレシピ
ナビゲーター イベント サイドボード サイド意図
伊藤 乃絵美(B) 失敗(B) 坂本 春菜(B) 地など対捨札活用
山口 京香(S) 招運来福(B) クロコ(F) 主にミラー用
ウィンディ(B) もうひとつの姿(F) 緒方 健太(S) 軸ずらし用
モナコ(F) 最後のお手伝い(F) 花園 さくら(T) 先手用
キャラクター スペル 泥酔(F) 不要杯交換用
小早川 瑞穂(B) ポイポぉ~いっ!!(F) 心安らぐ調べ(S) 各種CIP
桜坂 たえ子(F) アイテム 龍の巫女の力(F) 対標的その他
槇村 智子(S) 猫まんま(S) 大失敗(F) 対コントロール
エレナ・リリィベル(T) ドリルワーム(T) 流れ星(S) 対コントロール

さくらは相手が風エネルギーを出せたり、後手では効果が薄いためサイドから登場する。