※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マシンボルト

(登場時期:2nd~)

主要カード


レプリカント 3/5
地/CHARACTER/other 【コスト】地地地地地
【雷撃】-
あなたのターンの開始時、『レプリカント』は、すべてのキャラクターに2ダメージを与える。

異形の者の群れ
EVENT/All Turn/使い捨て 【コスト】全全
あなたがコントロールするすべての「男性」と「女性」キャラクターをオーナーの手札に戻す。
その後、あなたの手札から「その他」キャラクターカードを1枚選び、そのカードをフィールドに出す。 

強化装甲服
ITEM/My Turn/フィールドにセット 【コスト】全全
1エネルギーを支払い、『強化装甲服』をタップする:対象のキャラクター1体に、いずれかの効果を与える。
「ターン終了時まで「-1:+1」の修正を与える」
「ターン終了時まで「+1:-1」の修正を与える」

マシンボルトは地のコントロールデッキ。レプリカントコントロールとも。
火単の主力を場に残さないレプリカントを主軸に据えたデッキはベーシックより存在していたが、
相性のいい《強化装甲服》の登場で安定し始めたため、実質的な登場は2nd以降となる。
デッキ名はその2つが機械のようなカードイラストであることと、《レプリカント》の能力名から。
フィニッシャーに《琴乃宮 雪》も登場したため、3rdで強化もされている。

基本は低コストのキャラクターを回しながら《レプリカント》を出すのが目標。
異形の者の群れ》経由であれば展開用のの低コスト軍も再利用できる。
耐えるキャラクターが出た場合は《強化装甲服》によって場に残さない。

全体的に低DPのキャラクターが主力である環境であったことから生まれたデッキであるため、
それらへの制圧力は高いが、終期に登場した地単にはコンセプトが崩壊するという欠点を持つ。

また、地エレメントはナビゲーターが強力であり、ほぼ全て必須のため《標的・・・》も天敵。
そのため、3rd以降は《「茨木童子」》デッキへ有効な《泥酔》も含めて、
標的・・・》の対策となる《龍の巫女の力》を行使するための風をタッチすることが増えた。
ナビゲーターのサーチは容易なので《ウィンディ》との相性は抜群である。

デッキレシピ

ナビゲーター イベント サイドボード
音羽 早苗 失敗 プリシア
シャロン・エステル 異形の者の群れ 日野森 美奈
ウィンディ 荷物整理 セラセラ
桜井 双葉 守護 琴乃宮 雪
キャラクター   高井 さやか
長内 エミリ アイテム 泥酔
レプリカント 強化装甲服 龍の巫女の力
鷺ノ宮 藍   木の上の秘密基地
斎藤 恵美  
琴乃宮 雪
ムース
レプリカントをサイドアウトするデッキには美奈とさやかをインし、早期決着を狙う。
セラセラは代償に困らないので異形からの奇襲、泥酔は基本的に地対策。
プリシアはコントロール相手に永続ナビ破壊を可能にするために採用されている。