※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

激怒
SPELL/All Turn/使い捨て 【コスト】全
追加コストとして、あなたのコントロールする、対象の「男性」キャラクターを1体クラッシュする: 
フィールド上のすべてのキャラクターに、クラッシュした男性キャラクターのAPに等しい点数のダメージを与える。

駆逐》が現役で使われている環境の中、何故わざわざ出してきたのかが不明なスペル。
3エネルギー全体3ダメージのイベントがあるのだから、その効率を超えないことには価値がない。
しかし特徴はスペルな事程度であり、その効率を超えることは不可能である。

フィールドを一掃するのだから場のキャラクターを代償にしても問題ないだろう、
という発想自体はそこまで悪いものでもないが、場に出して有益な男がいないのが致命的。
せめて1域でAP2を持つキャラクターでも居ればまだ可能性はあったのだが、
あろう事かよりマイナスハンドアドバンテージの生む《華織 節夫》しかおらず、
遠藤 進》ではさらに追加の1枚が必要になってしまうというかみ合わなさ。

場を更地にしたいだけであれば《魔界の崩壊》で良いため、フィニッシャーも失うこの効果は
全体ダメージ除去の利点を自ら捨ててしまっているといえる。
不良三人組》のような能力があるキャラクターを用いるという選択肢もあるが、
それも《駆逐》で良いので、結局色々制約がつきすぎていてまともなカードにはなっていない。

リミテッドでは貴重な全体除去かつ、男性キャラをピックしやすいので使うこともある。
辰宮 保昌》の能力への質問回答で公式が「効果中に場を離れたら永続します」という
馬鹿げた回答を出したため、DP5以上は能力で縛り、それ以下はこのカードの効果で除去、
なんていう怪しいシナジーがあったりする。


セカンド-アンコモン