西崎 美耶子 5/1
火/CHARACTER/Female 【コスト】火火火
【タカビー】
『西崎 美耶子』のプレイに成功したとき、『西崎 美耶子』は3点までのダメージを任意の数のキャラクターに割り振って与えてもよい 
(1体のキャラクターに与えられるダメージは、そのキャラクターのDPに等しい点数まで)

アンチ火単ユーザーのの夢と希望が潰えた コモンカード
何故このようなカードが印刷されてしまったのか。

出現能力で除去能力という1:2以上の交換をナチュラルに行える頭のおかしいカードであり、
「与えても良い」と記述されているため、対象のDPが3点分より少なくても問題ない。
挙句の果てに基礎スペックも最低限相討ちは取れる頭でっかちであり全く無駄がない。
ブロックor除去できなかったものなら総HPの1/6をこいつ単体で持って行かれてしまう。

このカードの登場により、元からマウント戦では異常に強かった火単の強さに磨きがかかり、
全体で見れば高性能であるはずの《木乃原 茜》をサイドに追いやるほど。

せめて強制発動(相手に対象がいなければ自分の場から選ぶ)かつ
単体対象であれば許されたかもしれないのだが、 それでも5/1はない。

この コモンカード の登場により、《秋元 安奈》《小河 涼子》《七城 柚子
という序盤主力軍をあっさりと一掃できてしまうことから風速攻は影を潜めてしまった。
1:3交換をされた挙句に5/1が場に残られたらさすがに勝ちようがない。
風の定番カードである《泥酔》を使用してもより不利、というのが終わってる。

DPは所詮1であるため、《ミント》《注射器手裏剣》《強化装甲服》には一応弱いのだが、
場に出ているということは何かを除去するために後出しされたであろうカードのはずであり、
上記対策カードも同~それ以上のコストを要求するので割に合っていない。
能力の対象がいない環境で出てくる分にはさほど良い効率のカードではないのだが、
環境上どうしてもDP3~4のカードは使わざるを得ないゲーム性なので無駄になりにくかった。


セカンド-コモン