※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お昼寝(デッキ)

(登場時期:2nd~)

主要カード

お昼寝
EVENT/My Turn/フィールドにセット 【コスト】全全全
維持費:1エネルギーを支払い、あなたの手札からカードを1枚選んでクラッシュする。
すべてのキャラクターは、アンタップフェイズにアンタップしない。

猫まんま
ITEM/My Turn/フィールドにセット【コスト】全
『猫まんま』をクラッシュする:あなたのHPが2点回復する。
以下の効果は、『猫まんま』があなたのダストボックスにあるときのみ使用してもよい。
3エネルギーを支払う:『猫まんま』をあなたの手札に戻す。

斉藤倫子
火/CHARACTER/Female 【コスト】火
-遅刻しちゃう!!-
『斉藤 倫子』は、アンタップフェイズにアンタップしない。
以下の特殊能力は、あなたのターンのメインフェイズ開始時に使用してもよい。
「あなたの山札の一番上のカードをクラッシュする:『斉藤 倫子』をアンタップする」
-パソコン初心者-
1エネルギーを支払う:『斉藤 倫子』はターン終了時まで、
イベントカード、アイテムカード、スペルカードの効果を受けない。

やっぱりというか当然というか2nd登場直後、筆者が目に付けたカード《お昼寝》を
主軸に据えたデッキ。周りから「やっぱり」とかまで言われた始末。

お昼寝》を維持は、エネルギーさえあれば無限に戻る《猫まんま》があり、
フィニッシャーにもなる《斉藤 倫子》が《お昼寝》の効果は受けない上に、
アンタップのための代償も考えようによっては《猫まんま》のサーチにもなっている。
終盤は《パープルビット》が詰め手段としてフィニッシャーを勤める。

お昼寝》の登場したセカンド発祥のデッキではあるが、実際に成立したのは
キーカードを回収でき相手ターンにアンタップもできる《雛咲 祭里》登場後のサードから。

橘 天音》は天敵。タップから能力で起き上がる上に複数回のアタックも可能、
地属性なので《シャロン・エステル》からの回収奇襲もありうる。

コンセプトは悪くなかったのだが、
メインボードでは火単デッキにも《お昼寝》自体が有効ではなく、
橘 天音》も流行していたためあまり成績を残せなかった。

デッキレシピサンプル

ナビゲーター   イベント   サイドボード  
モナコ 失敗 森原 さとみ
プリシア 守護 西崎 美耶子
玉蘭 もうひとつの姿 ハプニング
三好 育 お昼寝 ちょっと失敗
キャラクター   アイテム   永遠の別れ
ムース 猫まんま 乱れ撃ち
桜庭 ひかる パープルビット 空間凍結
斉藤 倫子 ドリルワーム 先輩の帽子
雛咲 祭里    

森原さとみ》は《お昼寝》の効果を受けず、《猫まんま》によってライフ損失も気にならない。
西崎 美耶子》は、自分のロックに掛かってしまうため、アタックすることが困難だが、
相手にも《斉藤 倫子》が採用されている時の追加打開策としての除去枠として採用である。
セカンド登場直後のドロー強化は維持コストも兼ねた《桜羽 吉野》が採用されていたが、
サード登場後は《雛咲 祭里》との相性も良い《ドリルワーム》へと挿し換わっている。