香坂 アリス 1/1
風/CHARACTER/Female 【コスト】風
【魔女の力】
あなたがイベントカード、スペルカード、アイテムカードのプレイに成功したとき、『香坂 アリス』の上に魔力カウンターをひとつ置く。
魔力カウンターは「+1:+1」の修正を与える。
【悪魔祓い】
フィールド上の対象のイベント、スペル、アイテム1枚のプレイコストに等しい数の魔力カウンターをクラッシュする:
そのカードをクラッシュする。

風らしからぬ非常にテクニカルなカード。
1域であるため、1ターン目に登場しガンガン強化され、対処できないサイズへ変貌しているなんてことは日常茶飯事であり、
体調不良》はおろか《守護》のようなカードも、強化値を減らせば対処できてしまうトンデモカード。

しかし性質上デッキ構築はシビアになりがちで、このカード4枚のためににデッキを作らされる事になるのが欠点。
ナビゲーターを展開しながら毎ターン行動すると、すぐにリソースが尽きるので何かしらの補助が必要不可欠。
プレイ直後は貧弱なので即除去されてしまうことも多く、場に残ることが少ない。(それだけ危険であるという裏返しでもある)

登場当初こそ注目を浴びたものの、風には既に高スペックのカードが増えていたので性能の割にあまり輝かなかった一枚である。
もちろん、環境に速攻性と除去を高水準で満たしている火単がいるのも原因。

登場当初は相手側のカードプレイでもカウンターが乗っていたが、強すぎたのかエラッタがかかり自分だけとなっている。

もっと強いカードが火にいっぱいあるのに、なぜそれらはスルーなのか10年以上経った今でも聞いてみたい。