斉藤 倫子 3/3
火/CHARACTER/Female 【コスト】火
-遅刻しちゃう!!-
『斉藤 倫子』は、アンタップフェイズにアンタップしない。
以下の特殊能力は、あなたのターンのメインフェイズ開始時に使用してもよい。
「あなたの山札の一番上のカードをクラッシュする:『斉藤 倫子』をアンタップする」
-パソコン初心者-
1エネルギーを支払う:
『斉藤 倫子』はターン終了時まで、イベントカード、アイテムカード、スペルカードの効果を受けない。

ファースト収録火カード内容から、やっとTCGというものを理解したのかと思い始めたユーザーを落胆させたカード。
アンタップインこそしてこないものの既におかしいコレを超えるサイズに、エネルギーを支払えば除去耐性持ち。
「効果を受けない」なので《魔界の崩壊》のような対象を取らない効果程度ではビクともしない。

強すぎるため一応アンタップに制限をつけることでデメリットを付けた   と考えたようだが
はっきり言って まったくデメリットは存在していない ので ただの強すぎるカード である。

例のアレと同様に起き上がる能力はアンタップフェイズではないため ロック系等の効果がナチュラルに効かない
トップが捨て札に行くという 一見重く見える代償も、盤面への影響が一切ない ので落ちたカードが何かは結果論でしかない。
(試合中盤であれば《玉蘭》を活用して好きに操作できてしまうので、よりどうとでもなる)
シャロン・エステル》《桜羽 吉野》《ダミーキャラクター》のように捨て札でも影響を与える能力を持つカードが
投入されている場合には 擬似サーチとして機能しまう 場面があり、 一概にデメリットと言えない効果 となってしまっている。

このカードへの対処は能力起動回数を超える回数の除去を叩きこむか、ナビゲーターorキャラクターの能力で始末するしかないため、
結果的にそれができるのは火単であると言う、もはやどうしようもない環境が出来上がる事となった。

事実、このカード登場以降まともなコントロールデッキは大きく劣勢になり衰退していっている。
コントロールデッキで生き残ったのはこのカードに対抗できる火コントロールであるというのも、皮肉を超えて無残である。


守護》のようにダメージそのものを無効化するものにはさすがに対応していない。(キャラクター対象でないものに限る)
癒しの曲》や《空間凍結》による攻撃宣言封じもデュエルマスターへの効果なので対応できない。


セカンドのトップ落とし能力持ちサイクル。
スペックやレアリティはまちまちだが、各エレメントに1種収録されている。


登場時は能力の起動回数に制限が描かれていなかったため、好きなだけ繰り返し捨て札を増やすという
戦術を利用したデッキが組まれたが1週間もしないうちにエラッタがかかり、ターン1回制限となった。


セカンド-レア