ババ抜き
EVENT/My Turn/使い捨て 【コスト】全全全
敵デュエルマスターの手札からカードを2枚、無作為に選ぶ。
選んだカードをオーナーの山札の一番下へ置く(2枚のカードは、あなたの好きな順番で山札の一番下へ置く)。

実質的な手札破壊カード。ボトムに行くだけだが通常のデッキではまともに再度使用する事は不可能だろう。
2枚ランダムであることは利点とも欠点とも取れる。狙いうち出来ないが相手も予測を立てにくい。

間違われやすいが公開要素はないことから、使用したデュエルマスターは順番を決められるだけで選んだカードの詳細を確認する事ができない。
そのため、相手の今後の想定を見破る事が出来ず何を妨害出来たのかがわからないという、手札破壊としては大きなデメリットがある。
序盤でこそ効果が高い手札破壊カードが3域と少し重いのも難点。このカードを撃てるころには相手側が必要なカードを使い切っている可能性も高い。
3域の2枚手札破壊と、他TCGでは考えられないコストパフォーマンスだが、結果的に環境の速度的にこのカードを使う暇がない。
使った所で場の状態には変化がなくそのまま4~5ターン目に撲殺されるのがオチだからである。

キャラクターの少ないコントロールやコンボ相手へのサイドボードなら、と考えることも可能だが
手札が確認できない上に《盗み食い》や《データ整理》が有効なのでやはり出番は皆無である。

リミテッドなら、と思えるがリミテッドは手札があまり減っていかないため効果が薄い事が多々ある。
それでもアドバンテージ的には有利になることには間違いがないので、優先度が低いが普通に考慮できるカード。