女神の歌声
SPELL/All Turn/使い捨て 【コスト】全全全
対象のデュエルマスターがコントロールするすべてのキャラクターをタップする。
そのターンの終了時に、『女神の歌声』の対象となったデュエルマスターがコントロールする
すべてのキャラクターをアンタップする。

デメリットが一応つけられているものの、影響がある状況と言うのが少なく良質なカード。
アタック妨害の防御面や、ノーガードにさせる攻撃面でも強く、攻防どちらにも使える。
フルアタックしておいて自分に使用し、アンタップさせてブロッカーを用意も出来る。
効果が全体に及ぶ割にコストが3と重くはなく、リミテッドでは勿論構築でも十分使える。

実はアンタップ効果の対象はデュエルマスターであり、キャラクターは関与していない。
「この効果によってタップされた」というテキストもないため、元からタップのカードもアンタップする。
もちろんこの製作陣のやることなので、意図していた解決なのかは不明。

場に残してしまうためエンドカード的な使い方になってしまうのが欠点。
試合を決められない場合は結果的に除去するほうが有効になりやすい。
本来アンタップしないキャラクターを強制アンタップしてしまう事もある。
橘 天音》には有利に働き、《辰宮 保昌》には不利に働く。
また、《荒縄乱舞》の効果中であろうと強制アンタップしてしまう。

アタック封じに使用する際も、後から登場するアンタップインには無力。
相手のデッキタイプを意識する必要がある。


ベーシック-アンコモン