マジックアロー
SPELL/All Turn/使い捨て 【コスト】全全
対象のキャラクター1体に4ダメージを与える

除去カードの定番であり基本。
キャラクター以外では《失敗》に次いで投入率は高く犯した罪は大きい。
コモンかつ軽量除去にも関わらず、速攻性のない大半のキャラクターをゴミ化させている根源。

本作はタップインでが基本であり、DP5以上も少ないためほぼ確定除去になり得てしまう。
また、エネルギーはオールカラーなので、どのようなデッキにも投入できてしまう。
そのため、戦闘しかできないDP4以下のキャラクターは常に何もせず退場の可能性があり、
これらの要素からアンタップイン、プレイ時、常時以外の能力は評価されなくなっている。

逆に言えば、このカードを耐えられる・無効化できるカードはそれだけで評価できる。
その境界線を作っているのがたかが初弾かつコモンであると言うのは大問題である。

【カードそのものは悪くないが《マジックアロー》のせいで特に価値が失われているもの】
蘭堂 小百合》《神無月 志保》《柴崎 拓也》《エオーテ》《ポチャ》《七瀬 菜月
これらに限らず、場に居れば何かしら強力な能力が使えるのにDP4以下というカードは全て当てはまる。

とはいえ、このカードがないと火単速攻の序盤を食い止めるのが難しくなってしまう。
1st以降は《大庭 純》《愛沢 ともみ》《榊 亜美》の対処にも必要であり、
このカードがあったから火単やそれらのカードが調整されたのか、
火単があったからこのカードが生まれたのかは定かではないが、
どちらにせよ他のカード群がとばっちりを受けまくっている事は事実であり理不尽である。


ベーシック-コモン