※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドッペルゲンガー!?
EVENT/My Turn/フィールドにセット 【コスト】全全全
2エネルギーを支払う:『ドッペルゲンガー!?』はイベントカードであると同時に、
対象のキャラクター1体と同じ能力値と特殊能力、性別、コストを持つキャラクターとなる。
この能力は1ターンに1回しか使用することができない
(対象キャラクターに他のカードによって能力修正や特殊能力が付与されている場合はその効果も受け継ぐ)。

登場初期では用途があまり確立しておらず、得に使われていないカードであったが、
3rdが登場した事で一変。サイドボードとして有力な一枚とされるまで昇格した。

配置さえしておけば2域アンタップインと同様の事が出来るため、駄目押しに使える。
自身の手札や場が息切れを起こしていたとしても、相手の場にコピー先があれば良い。
相手のキャラクターをコピーする際、タップインキャラクターであった場合も、
こちらがコピーし、先に攻撃に移れることも利点の一つ。

欠点はもちろん先に配置し準備しておかなければならないため対処されやすく、
コピーも当然警戒されている事と配置した瞬間は特に何も起こせない事。
そのターン中に動く場合はエネルギー効率が良くないので不利になりがち。例外はあるが。

そのコピーが必要なくなれば、ターンを返して別のコピーとなる事が出来る点も評価できる。
相手の場の状況で使い方が左右されるため安定こそしないが、非常に応用の効く能力である。

フィールドへは既に出ている扱いであるため、コピーを作っても「プレイした時」
「フィールドに出た時」の能力は誘発しない。
橘 天音》をコピーしたところでそのままでは《田中 冴子》同様の状態にある。

変化した後はイベントに戻って除去を回避するという事は不可能である。除去耐性はむしろ低め。
また、《ハプニング》や《シャドウブレイド見参!》の影響も受ける。後者は特に危険。
別カードセット時の能力コピーはあくまで能力を付与するタイプの効果である場合に限る。
線香花火》のように、能力自体はアイテムそのものだけが持っているものはコピーできない。

FAQへたびたびこのカードへの質問が飛んでは公式がトンチンカンな解答を出していた事で有名。
想定していなかった使われ方、コピーの仕方が多かったのか多くの解答は2nd発売後に発表されている。
それも多数間違っていたが
制作陣は、TCGにおける解決・処理あたりの知識が乏しく、上手い表現が出来なかったのであろう。


ベーシック-レア