盗み食い
EVENT/All Turn/使い捨て 【コスト】全全全
あなたは、敵デュエルマスターの手札と山札のどちらかを選び、その中を見て、好きなカードを1枚選び脇に置く、
もし山札を選んだなら山札をシャッフルする。あなたは、そのカードを自分の手札にあるかのように使用してもよい。
ターン終了時までにそのカードを使用しなかった場合は、そのカードをクラッシュする。

少し変わり種の妨害カード。手札1枚を封じる用途に最低限なるため無駄は少ない。
手札かデッキどちらかは確認した上で奪うので3域としてはかなり高性能の部類と言える。
コンボデッキが《失敗》等の妨害カードへの対策カードとして活用した実績がある。

本作はキャラクター以外のカードのほとんどが属性を要求されない上に、
どの属性のデッキにおいても共通で使われているような除去その他があるため、
デッキに対して使用することで一種のサーチカードと化す事も可能と言えた。

ただし、発生できるエネルギーが総計で3点しかない状態では中々性能を活かせない。
使用させないだけなら他でもできるため、できれば使用できる程度の残エネルギーが欲しい。
ただし、手札からナビゲーターを配置できないときは相手のデッキから奪って配置できる。
そういう意味では速攻デッキよりも、コントロールやコンボデッキ向きのカードである。

基本的にサイドボード向けのカードだが、余裕があるならメインに積んでも強力。
デッキを対象にしたいのであれば《データ整理》のほうが優秀になりやすいが、
こちらはナビゲーターを奪うことが可能なので一概にどちらが良いとは言えない。

直接盤面へ影響を与える事にはなりにくいが、リミテッドでもそこそこ優先順位は高い。
出番を待っている貴重な除去カードを逆にこちらが使用する瞬間は何物にも代えがたい。


ベーシック-アンコモン