※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダミーキャラクター
EVENT/All Turn/使い捨て 【コスト】全全
このカードは、対象のキャラクターが敵デュエルマスターのコントロールするカードの効果や、
アタックかディフェンスによってクラッシュした瞬間のみ使用してもよい。
対象のキャラクター1体のクラッシュをうち消す。
3エネルギーを支払う:『ダミーキャラクター』をダストボックスからオーナーの手札に加える。
(この特殊能力はこのカードがダストボックスにある時しか使用できない)。

相手から受けるクラッシュを打ち消す事が出来るイベント。
3エネルギー支払えばいくらでも手札に戻ってくるのでアドバンテージ率も非常に高い。

本作は打ち消しカードが少なく、キャラクターの戦闘やそこへの除去がメインであるため、
見方によってはこのカードを「打ち消しカード」と見る事もできる。
手札ではなく捨て札にある状態から相手の行動に対して回収→使用と言う事も可能。
クラッシュするのは割り込み応酬の結果で起きる判定タイミングであるため。
これにより相打ちになるはずの戦闘も一方的に勝利することもでき、除去のような効果とも言える。

カード自体の使用効果も期待しつつ、起動コストが手札である能力の糧にする使い方も強力。
手札1枚のコストを3エネルギーへ変えられる。
緒方 健太》や《氷室 美雪》《花園 さくら》との相性は抜群であり、
同カード4枚積みのデメリットさえ帳消しにする事が可能。
それら自身への妨害or除去を防ぐ手段にもなる2段構えを作りあげていることからも相性が良い。

リミテッドでは無双状態になることもしばしば。
除去手段が少ないため、持続的に除去を無効化してしまうこのカードは反則気味に強い。

欠点はやはりこの超高速環境において3エネルギーの常時確保が難しい事。
構築戦においていくつも活用デッキを考案されていたが、殆どが火に轢かれて終わっている。
捨て札からの回収だけを活用したデッキであれば《猫まんま》のほうが相性が良く、
キャラクターの投入枚数が少ないデッキではそちらを採用する場合が多い。

これも環境に愛されていなかったカード。単純なパワーはかなり高い。


ベーシック-アンコモン